LTE(Long Term Evolution)

S3G>>super 3G


3.5世代携帯電話とも呼ばれている携帯電話規格「B3G(Beyond the 3rd Generation)」の次に来るといわれているW-CDMAをより高速に進化させた携帯電話規格の俗称。S3G(Super 3G)とも呼ばれ、第4世代携帯電話(G4)に最も近いことから、3.9Gと呼ばれることもある。詳細情報はURL(http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/investor_relations/referenc/pdf/200509_presentation.pdf)で知ることができる。
NTTドコモは2006年7月7日に、提案募集案件として、LTE(Long Term Evolution)に準拠し、高ユーザー・スループット、低遅延、高周波数利用効率を実現することを目的として、アクセス方式としてOFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access)およびSC-FDMA(Single-Carrier Frequency Division Multiple Access)を適用した「Super3G無線移動局装置」と「Super3G無線基地局装置」の募集を2006年8月23日まで実施すると公表した。詳細情報はURL(http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/disclosure/procure/offer.html)で知ることができる。
Cellular Newsは2007年5月24日に、ABI Researchからの新しいレポートを紹介し、LTEが他のモバイル広帯域技術から競争に出会い、LTE基地局が2014年までに約30万になり、支持者はモバイル・インフラストラクチャ市場を統一する可能性を持てはやし始めていると報告した。LTEはTDMを使用するという運転経験と、CDMA技術の25年市場にもたらし、それは、両方の最善な世界を提供するためにOFDM、および他の技術に結合され、使用することを目指し、恐らくWiMAXの衝撃を横取りしてすることになると予測している。またそれは、音声のための回線交換、およびデータのためのパケット交換として存在している現在の2つのネットワークへのアプローチから、ただ一つのIPネットワークで両方のサービスを提供することを産業が選択することになる。
3G技術のLTEは2007年の第3四半期で標準となり、そして、計画された3GPPのRelease-8の利益を得ようとしている。LTEの潜在的報酬は、操作の簡単さと、低遅延を提供する「平坦な」アーキテクチャ、スペクトルの柔軟性が指摘されている。さらに、2Gと3Gネットワークの互換性とローミングがボーナスとして加えられる。また、消費電力の低減と改良された性能と共に. LTEはスペクトルの柔軟性からW-CDMAとCDMAの共同体を結合させることができる。ベンダーに関しては、LTEが新販路の発展を減退している3G収入に取って代わることになる。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/23933.php)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=6241)で知ることができる。
cellular-newsは2008年1月1日に、WiMAX共同体によって要求された主要な利点の1つは、WiMAXがLTE(Long Term Evolution)やUWB(Ultra Wide Band)のどちらかよりはるか安いにロイヤリティで提供されると約束したと報告した。
発展途上国に対し、低価格でブロードバンド携帯電話が導入できる可能性が高くなってきた。
WiMAX OEMの口癖は、WiMAXが4Gスペースを「民主化した」という。
ABIリサーチは、4G分野への移動をよりしやすい環境を提供するため、知的所有権で広範囲の移動を成立させるということは、拍手喝采で迎え入れられ、IPロイヤリティの民主化が実現できると主張している。
ただし、ABIリサーチのディレクターStuart Carlawは、「4G技術と特にWiMAXでのIP持ち株の多様化はある種の諸刃の剣です」と指摘している。
一方では、技術の成功による特権をもつ会社の数ははるかに大きくなる。
他方では、どんな市場にも成功しそうな会社の数は、IPを保持する会社の数よりはるかに小さい傾向がある。
「彼らが研究開発資金を埋め合わせる方法で残っている唯一の乗り物が、ライセンスから収入を探すことになっています。」と言っている。
エリクソン(Ericsson)とクアルコム(Qualcomm)はWiMAXの支持者でなく、すべての4G技術に非常に関連しているIPを保持すると考える場合、すべての4G規格で経験されたロイヤリティでたぶん少しの違いがある。
より重要になるのが、4G技術は同様のロイヤリティが3G装置のためにどんな問題もNGMN(Next Generation Mobile Networks)の努力と、EUの法律と同様のイニシアチブでないと評定することを確実にすると予測している。
というか、開発資金をロイヤリティで回収しようと言う時代ではなく、サービス内容で勝負する時代になってきたと言うことかもしれない。
新しい、利権や排除の時代になってきたのかもしれない。
携帯電話でも、新たな著作権問題が未来を決めることになりそうである。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/28334.php?source=newsletter)で知ることができる。
KDDIはこれまでCDMA2000規格であったが、2008年3月31日に、2010年ごろにサービスを開始する携帯電話の規格に、NTTドコモやソフトバンクモバイルと同じ毎秒100Mbpsを超す高速データ通信が可能なW-CDMAをより高速に進化させた無線通信規格「LTE(Long Term Evolution)」を採用する方針を固めた。
cellular-newsは2008年7月24日に、2008年6月末に中国の携帯電話契約者数が5億8,396万人になり、第3四半期の終わりまでに6億人を越えると予測した。
2008年6月だけで、864万人が新規登録した。
これは2008年に入って毎月800万人ずつ新規登録が行われたと報告している。
2008年の前半だけで5,352万人が新規登録し、それはフランスの総顧客数より多いことになった。
中国モバイルは、2008年6月の終わりに4億1,319万人の顧客で国内最大事業者で、シェア70.8%を確保している。
文句なしに、世界一である。
一方、中国ユニカムは1億7,077万人の顧客がいて、シェア29.2%で、シェアが衰退している。
1億7077万人の顧客がいても---?
中国モバイルはGSM技術だけで、ユニカムの顧客で4分の1以上がCDMAを使用している。
しかし、CDMAは25.3%まで下がった。
2008年6月の終わりに、合計で 5億4,079万人のGSMと比べて、4,317万人のCDMA顧客がいた。
中国全土では、昨年6月の8.2%から、7.4%まで落ちた。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/32638.php?source=newsletter)で知ることができる。
まさに、世界の携帯電話市場を動かすだけの力が中国にはあり、中国のこの結果が世界中の携帯電話市場に波及している。
中国市場が、世界でCDMAを殺そうとしている。
残るは、インドへの期待だけである。
もし、インドがCDMAを捨てたら、世界市場からCDMAが抹殺される。
CDMAは、米国で開発されたが、ここでは米国の権威が無視されている。
以前から言っているが、武器に頼る時代は終わった。
消費社会が、世界の経済を動かしている。
それは、WiMAX、LTEなどにも大きく影響することだろう。
米国の思惑通りに行くのか?
それとも----詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10472)で知ることができる。
cellular-newsは2008年7月30日に、Analysys Masonからの情報としてワイヤレス・ブロードバンド・サービスは収益成長の重要な機会を得て、携帯電話技術は最大シェアを取ると予測した。
グローバルには、2015年までに21億人のワイヤレス・ブロードバンドの顧客が、US$7840億の収入を生成すると予測している。
無線技術における継続的な開発、デバイスでの改良、および、より多くの伸縮的価格設定オプションで、約2400%の収入増が期待できると分析している。
HSPAは、2008年の終わりまでに、ワイヤレス・ブロードバンド消費者の88%をサポートし、重要性を継続する。
レポートの共著者のDr Mark Heathは、「LTE、WiMAX、HSPA、およびHSPA+の増加する有用性にもかかわらず、2015年の終わりまでに54%以上でイヤレス・ブロードバンド・ユーザーをサポートするでしょう」と言っている。
HSPAからHSPA+へのW-CDMAが、GSM事業者のための自然な発展経路で、世界中のHSPAからHSPA+への顧客は、2008年の6100万から、2015年の終わりに11億へと増加すると予測している。
携帯電話技術は、WiMAXの20倍のユーザーと共に2015年の終わりまでにワイヤレス・ブロードバンド・サービスを支配する。
LTEは、比較的ゆっくり立ち上がり、2015年までに顧客ベースは4億4000万に達し、US$1億9400万の収入に達する。
WiMAXは開発された市場から修正されたさ携帯電話ブロードバンドサービスで絞られ、2015年までに世界中のちょうど9,800万人の顧客になると予測している。
WiMAXは急速に展開しているワイヤレス・ブロードバンド市場で、重要な貢献を達成できない。
唯一の貢献はグローバルな収入の2%に限られると予測している。
これは、大きな話題の割に、将来性にかげりを見せている「WiMAX」が支配力を失い。
GSM事業者のためのHSPA+が貢献し、「WiMAX」はLTEにアップグレードすることで、4倍以上のLTEユーザーになるとも予測している。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/32736.php?source=newsletter)または、URL(http://www.analysysmason.com/About-Us/News/Press-releases/Wireless-broadband-to-exceed-2-billion-customers-by-2015/)で知ることができる。
このころには、形態的にも今のような携帯電話ではなくなっていることだろう。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10562)で知ることができる。