携帯電話行動学

Activism With Mobile Phones


世界では、携帯電話がコンピュータより一般的である多くの国では、政治活動家の活動で携帯電話はより重要な要素になっていることから、携帯電話がどのように行動を変え、それが社会にどのように影響しているかを研究する行動科学の総称。
MocoNewsは2007年4月13日に、「Activism With Mobile Phones(携帯電話行動学)」を公開し、World Changingは携帯電話が発展途上国で使用されり良い方法の概観を草稿論文で紹介している情報から、世界では、携帯電話がコンピュータより一般的である多くの国では、政治活動家の活動で携帯電話はより重要な要素になっていると報告した。
その巻頭に、悟りを求め、修行中のインドの聖人修行僧「サドゥ」が携帯電話で話している写真が掲載されている。人々は応報を避けるために匿名のままで政府を批判する。抗議を組織化するために最もおもしろい使用がネットワークとして利用されている。ネットワークから得られた十分大きい抗議が、不正な政府を取り除くために組織化するのにSMSを使用する。この事実はモバイルの社交的な性格とそれらが提供するウイルス性のパワーを示している。
それはモバイルの共同体をそれほど重大ではない理由で、良いことが起こる前兆になっていると報告している。詳細情報はURL(http://www.moconews.net/entry/419-activism-with-mobile-phones/)または、URL(http://www.worldchanging.com/archives/006458.html)で知ることができる。
また、AmericanThinkerは、モバイルの支払い方式がテロ基金につながっていると指摘し、政府は監視する必要があると述べている。詳細情報はURL(http://www.americanthinker.com/2007/04/terrorist_funding_in_real_time.html)で知ることができる。
これまでのように、明らかに禁止できることがモバイル環境で分散化され、明確な流れが掴みにくくなっていることは確かである。さらに何処までが違反で、どこからが違反でないのか?の判断もできなくなっている。例えば東京都知事選では、選挙管理委員会が選挙違反の可能性を指摘したが、選挙運動中には判断できず、行動も取れなかった。
mediaweekは2007年4月15日に、モバイルTVは地域密着といわれている中で、米国の9つのローカル・テレビ局グループが2007年4月13 日に、ラスベガスで開催されるNABで、モバイルTV同盟「Open Mobile Video Coalition」を創設すると発表したと報告した。詳細情報はURL(http://www.mediaweek.com/mw/news/recent_display.jsp?vnu_content_id=1003571802)または、URL(http://www.openmobilevideo.com/)で知ることができる。
オランダのtelecom.paperは2007年4月12日に、Vodafoneが女性を対象にしたより多くのコンテンツ・サービスに着手するために準備しているDesperate Housewives game, Telecompaper (sub.req.)レポートから、少なくともイギリスとオランダの女性を調査し、携帯電話とその機能から予想した内容の詳しく述べていると報告した。
このレポートは、イギリスとオランダの女性だけの特性では無いとも報告している。セールスポイントのNo.1は「デザイン」で、ユーザー研究によって、約55%が着色され、ハマグリの貝殻のようにぐるりと開く携帯電話を必要としていたことが判った。
約18%は、よりビジネス指向のモデルを必要とし、14%は外向的なデザインでステートメントを表現したがっていた、そして、13%はただ風変りなデザインで楽しみたがっていた。ボーダフォンの用法パターンの試験では、女性にとって携帯電話が家族と友人に連絡を保つのに不可欠であることを示し、女性の2番目の連絡先として、ボーイフレンドよりはるかに大きいソーシャル・ネットワークがあった。
概して、女性の電話番号の保存数は男性(ビジネス番号を除いた)より2-3何倍も多いまた、特に電話がかかってきたきに女性は大いに喜び、また、長い時間話している。また、女性にとって、SMSも重要で、SMSで愛情を示し、写真と買い物リストのために発信し、人と接触するためにそれを使用している。それらのサービスを男性よりはるかに多く利用している。
男性はコンテンツ・サービスをより多く利用するが、女性は着メロなどのプライベートなサービスの利用がより多いユーザであり、また、明確にオランダのホームドラマ「Onderweg naar morgen」か「ブリジット・ジョーンズ」などの「女性向けコンテンツ」にさらに興味を持っていた。これで明らかなのは、男性はゲームなどをコンテンツ・サービスで多く利用し、女性は電子ブックなどのラブ・ストーリーが好きともいえる。詳細情報はURL(http://www.telecom.paper.nl/news/article.aspx?id=164304&nr=)で知ることができる。
Cellular-Newsは2007年4月20日に、Global Insightが2007年4月19日に発表した最新の情報「Telecoms Intermodal Forecasting Service」を紹介し、中国とインドが世界のモバイル市場成長の原動力のままで残ると予測し、2011年までの次の5年間で新しい携帯電話の契約者 12億の60%を占めると予測したと報告した。
レポートは、2006年と2011年の間で先導的に開発した世界の20と新興成長市場を比較して、次の5年間でモバイル市場浸透が中国で34.8%から69.1%まで成長すると予測し、そしてインドでは13.4%から31.0%まで成長すると予測した。お互いに成長は50%増と予測し、さらにインドは中国の次に来るモバイル市場と予測して、それは約5年の差があると予測している。
ただし、その差が縮まらないという予測が少し不思議な予測にも感じる。平均化の原則に従えば、その差はどんどん加速的に縮まるというのが常識で、インドの加速はさらに進むと予測すべきだろう。また、Global Insightからの最新レポートによると、中国はブロードバンドの成長に関して他の19の市場をしのぎ、次の5年間で3億5000万以上の新しいブロードバンド購読となり、全体の1/3以上になると予期した。
2011年までは、ブロードバンド加入者が4倍に成長し、US$190億の収入を生み、中国は日本を凌ぐ世界で2番目に大きいブロードバンド市場と予測している。しかし、合衆国は、世界の最も大きいモバイル市場で、そしてブロードバンド市場としてその期間の収入でトップを維持し続けると予測している。
これで面白いのは、なぜ米国が世界の最も大きいモバイル市場で有り続けるかと言うことで、それは日本や韓国、ヨーロッパ諸国のような狭い国ではなく、広大な国では有線市場に限界があり、それを補うためのモバイル環境が求められ、技術革新が推進されることが上げられ、狭い国の日本や韓国、ヨーロッパ諸国は、米国の努力から成功例もでるが、失敗例も多くでることから、良いとこ取りをして、単純に便利ツールとして採用し、米国のようにのめり込む必要がないと言うことになる。
つまり、これからは通信環境を考慮し、これまでのような米国の猿まね主義から脱却し、自国の環境にあった技術導入時代に入っていくことになる。それは米国の経済を裕福にすることつながると同時に、経済的な負担にもつながることになる。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/23274.php)または、URL(http://www.globalinsight.com/telecomsintermodal)で知ることができる。
ワシントンポスト(WashingtonPost)は2007年4月14日に「Stalkers Go High Tech to Intimidate Victims」を公開し、ストーキングがどんどんハイテク化していると報告した。米国では家庭内暴力の変形として、元の恋人、配偶者の個人情報とコミュニケーションの不法なモニターが急増している。
疑わない犠牲者の居場所や、行為、および個人的なコミュニケーションを知るため、しばしばGPS(Global Positioning System/全地球側位システム)、クラッカーが使用する侵略的なコンピュータ・プログラム、携帯電話モニター・チップ、小型カメラなどが使用されていると報告した。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/04/13/AR2007041302392.html)で知ることができる。
comScoreは2007年4月23日に、米国の2,000人を対象にしたモバイルTVの関心度を知るための調査レポ−トを発表した。その背景には、モバイルTVが予想外に伸び悩んでいることがうかがえる。この調査で名家核なのは男性より女性の関心が低いことで、35歳以下のモバイルTV加入者は46%で、そのうち65%が男性であったと報告している。
また、モバイルTV機能付き端末を購入するときの最も高い関心は、71%がサービス料金であると報告している。モバイルTVへの申し込み希望者の67%は、無料であるなら広告を見てもかまわないと答えている。さらにサービスの質についても関心が高く、47%は画面サイズが重要であると答えている。さらに43%は受像能力に関心があった。
これは、すでに家庭にあるテレビがそのままモバイルTVの関心に直結しているといえる。つまり、すでにあるサービスがモバイルでも見られるようになったと言うだけのことで、新しいコンテンツという意識が無いと言うことで、家庭で見るテレビと比較して少しでも劣れば、不満になり、馬鹿にするという状況とも言える。詳細情報はURL(http://www.prnewswire.com/cgi-bin/stories.pl?ACCT=104&STORY=/www/story/04-23-2007/0004571692&EDATE=)で知ることができる。
Moco Newsは2007年5月14日に、TelephiaとcomScoreが携帯電話用WebとPC用Webの調査レポート「MobileWeb Metrix」を発表し、携帯電話用Webは、PC用Webの5分の1であると発表したと報告した。イギリスでは携帯電話用Webの規模が19%で、米国では17%であったと報告している。
また、予想されるように、若い男性は不釣り合いな量のモバイルWebを使用し、イギリスのモバイルでは、35歳未満のWebユーザー全体のモバイルWeb利用者の67%を占め、同じ時代セグメントではPCベースのインターネット利用者の39%を占めている。米国の場合は、Webユーザー全体のモバイルWeb利用者の46%を占め、同じ時代セグメントではPCベースのインターネット利用者の36.5%を占めていた。
イギリスでは、モバイルWebユーザーの63%が男性で、米国では60%であった。また、調査はモバイルWebで両国に見られたトップ5の中にYahoo、MSN、およびGoogleがあり、イギリスでは、最も訪問されたサイトはBBCであった。米国では、ザ・ウェザーチャンネルがPCを通してより多くの人がモバイルを通してアクセスしていた。詳細情報はURL(http://www.moconews.net/entry/419-mobile-web-about-a-fifth-of-pc-web/)で知ることができる。
TelephonyOnlineは2007年5月25日に、インターネット・サービス・プロバイダAT&T Worldnet社とVoIPのITXC社の創設者トム・エブスリン(Tom Evslin)が、家庭までのラスト・ワンマイルで6年後には銅線が消えると話したと、ショッキングな情報を報告した。想像はしていたが、具体的な年数が出はじめたことになる。エブスリンは、「私たちはそうしないつもりですが、2012年までには、私たちの地上通信線(で銅線)を使用する理由が全くないでしょう。」「私は、過去の銅のプラントが2012年以上が続くと思いません。」と話している。それに、ほんのわずかな加入者が残っているとき、それを維持費し、操作することが問題です。 明らかにそれはAT&Tとベライゾンにとって、膨大な問題になるとも話している。
エブスリンは、地上通信線電話は1998年から2003年の間に約96%から94%に減退し、携帯電話浸透率が36%から63%に増え続けている。彼は、その傾向はたぶん加速していると主張し、 2012年までには、銅の地上通信線はTモバイルのサービスがこの夏に全国で開始したWi-Fiによって可能になったモバイル電話に取り替えられると話した。
携帯電話は、内蔵カメラ、ディレクトリ、アドレス帳などのサービスで消費者の心をつかみ、優越性を強調する。それにそれほど高価ではなくなっていると話している。そうなると、電線を使ったインターネット接続は銅線のまま残ることになり、ボトルネックになる可能性が出てきた。詳細情報はURL(http://telephonyonline.com/home/news/copper_landlines_gone_052507/)で知ることができる。
Cellular Newsは2007年6月5日に、JupiterResearchがtweens(8歳から12歳)の携帯電話利用者が拡大し、tweensとteen(13歳から19歳)の携帯電話使用者が、現在の米国における総合的携帯電話人口をしのぐと予測したと報告した。JupiterResearchによる最新の報告で、tweensとteenで携帯電話とモバイル・プライヤーが潜在的な有力セグメントになると強調している。調査によると、携帯電話に関する便利とユーティリティに慣れるようになった両親が、安全のためにそれらを子供に購入している。
それは年齢にかかわらず、既存のモバイル電話に子供を加える主な理由が計画され、子供が親に連絡する能力が採用された。費用も要素であるが、価格構成はより有利になり、電話を解放するような誘惑が親の決定を揺り動かしている。
問題は、親の視点から見て、子供に安全なツールとして認められるかと言うことになることでしょう。つまり、アダルト・コンテンツや他の危険情報からの遮断能力が、親に採用決定をさせることにになる。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/24146.php)で知ることができる。
cellular-newsは2007年6月22日に、mobilkom austriaの依頼により、市場調査研究所GfK Austriaが8回目になるオーストリアの携帯電話ユーザー調査を12歳以上の1,000人を対象に2007年3月から4月に実施し、その結果を発表したと報告した。その結果は想像していた通り、完全に携帯電話を中心にオーストリアの人は生活している。さらに言えば、音楽の街ウィーンは、完全に携帯電話に占領され、国民全員が携帯電話の奴隷になり、携帯電話がなければ生きていけなくなっている。
例えば、88%の人は家を出るとき、銀行カード、運転免許証またはスケジュール・ノートより、携帯電話を持って出るように心がけていた。さらに、自動車やテレビより必要だと答えている。
また、43%の携帯電話ユーザーは、定期的に新しい携帯電話に買い換え、オプションを利用し、その支払額は前年比で2倍になっている。「オースラリア人は、携帯電話なしの生活を求めていない。」活動している間、絶えず家族や友人と連絡を取り合い。利用可能であれば積極的に携帯電話を利用している。mobilkom austriaのCEOで、Telekom Austria GroupのCEOでもあるDr. Boris Nemsicは、「呼び出しは確かに、モバイルがますます設定される以上に返事をし、静かで身元保証可能な訪問者に感謝している。」と報告している。日常の携帯電話使用は、腕時計、テレビ、自動車、および新聞より重要になっている。
例えば、インターネットがない人は2%、携帯電話を持っていない人4%、銀行カードを持っていない人4%で、その次にテレビ、スケジュール・ノート、新聞、および朝のコーヒーの良いカップ、そして自動車と続いている。オーストリア人が家を出るとき89%が携帯電話を持ち歩き、それ以上なのは97%のサイフだけであった。もうすぐ、オーストリアでも携帯電話が電子財布になり、サイフも抜くことが想像できる。
その他では、銀行カード85%、いくつかのライセンス72%、スケジュール・ノート22%、本などの読み物11%と続いた。ただし、自分以外の相手が携帯電話なしというのは、48%が理解できると答えている。これはすでに、携帯電話が自分自身にとって負担になっているのかもされない。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/24505.php)または、URL(http://www.mobilkomaustria.com/)または、URL(http://www.gfk.at/)で知ることができる。
AKI Newsは2007年8月31日に、国連(United Nations)がシリアの首都ダマスカスに住む3万3000人以上のイラク人避難民に、2007年9月1日から最初の食品流通支援プログラムを実施することから、携帯電話のテキスト・メッセージングを使用して連絡メールを配信したと報告した。UNHCR(国連高等弁務官/UN High Commissioner for Refugees)のスポークスウーマンであるジェニファー・ペゴニス(Jennifer Pagonis)はジュネーブで、「携帯電話のテキスト・メッセージは、しばしば安定した住所を持っているというわけではない避難民と連絡する場合、彼らの共同体や彼らの近くのだれかが携帯電話を持っているので、最も効果的な方法の1つであることがわかりました。」と記者会見で解説し、国連高等弁務官によって、約1万のテキスト・メッセージがて既に送られたとも報告した。
UN WFP(World Food Programme)とシリアのSARC(Syrian Arab Red Crescent/シリア・アラブ赤十字)が共同で、主に女性、子供、および最も傷つきやすい避難民に2007年9月1日の土曜日から分配を始めた。難民も携帯電話は持っている。連絡用として、使用料無料の携帯電話を避難民に配布することも考えることが必要になってきました。詳細情報はURL(http://www.adnkronos.com/AKI/English/Security/?id=1.0.1262152698)または、URL(http://www.brusselstribunal.org/humanitarian.htm)で知ることができる。
2008年1月11日にMarketingChartsは、モバイル・エンターテインメント共同体「Limbo」に行われたGfk/NOP Researchによると、米国のモバイル・ユーザー10人のうち3人は、モバイル広告を見たか、または聞いたと報告している。
2007年の第4四半期に、モバイル広告を見たか、または聞いた米国の消費者は、約7800万人になる。詳細情報はURL()または、URL(http://www.marketingcharts.com/interactive/three-in-ten-us-mobile-users-recall-seeing-mobile-ads-3016/#more-3016)または、URL(http://www.gfknop.com/)または、URL(http://www.limbo.com/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8413)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年9月2日版最新レポート紹介で、V-Enableによる「レストランのモバイル検索レポート」を紹介し、米国都市エリアでモバイル検索によるレストラン部門で、トップ10にピザのピザ・ハット(Pizza Hut)、ドミノ・ピザ(Domino's Pizza)、Papa John's Pizz、 Little Caesar's Pizzaの4社が入ったと報告した。
研究調査の結果は、ディレクトリ検索傾向が遅れた経済に関する証拠を示した。
フル・サービス・レストランのOlive Garden、Applebee's、Red Lobsterがトップ10ランキングから滑り落ち、低価格で、便利指向が上昇した。
2007年10月〜200808 6月の間に、モバイル検索でピザ・ハットは380%上昇し、ドミノ・ピザは980%増加した。
モバイル・レストラン検索トップ10(2007年10月〜200808 6月)
1. Pizza Hut
2. McDonald's
3. Domino's Pizza
4. Starbucks
5. Papa John's Pizza
6. Little Caesar's Pizza
7. Taco Bell
8. Burger King
9. Wendy's
10. Denny's
詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/search-engine-marketing/mobile-searches-show-strong-demand-for-pizza-5855/)または、URL(http://www.techcrunch.com/2008/07/23/mobile-search-trends-show-economic-decline-and-rise-in-pizza/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10869)で知ることができる。