携帯電話が変えた人生レポート

The Mobile Life Report


cellular-newは2006年7月25日に、The Carphone WarehouseがThe London School of EconomicsとLord Philip Gouldの協力を得て「Mobile Life found」を設立し、イギリスで最も大きい社会的な研究として、携帯電話が我々の生活をどのように変化させたかを調査した「The Mobile Life Report」を紹介した。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/18461.php)または、URL(http://www.cpwplc.com/cpw/media/press/2006/2006-07-24/)で知ることができる。レポートはURL(http://www.mobilelife2006.co.uk/)にある。Telephiaは2006年8月14日に、米国でモバイル・インターネット・ユーザーが増え続けていると報告した。例えば米国Device Census Reportは、2006年第2四半期で3,460万人以上のモバイル・ウェブユーザーがいたと報告し、Yahoo Mailがもっともよく知られ、650万人が利用していた。その他では、The Weather Channel が580万人、ESPNが530万人、Google Searchが440万人、MSN Hotmailが340万人であったと報告している。その他にもMapQuest、CNN、AOL Mail、Yahoo Mail以外のYahooサイトにモバイル・インターネット・ユーザーが集まっていて、そこには別に、モバイルだからという特有の設計が見られないと報告している。のように、携帯電話専用デザインを要求するユーザーは少なくなり、どんどんインターネットに進出しているようで、これは、見にくい、デザインが汚いなど、携帯電話専用デザインへの不満の結果といえる。Telephiaも、すべてのモバイル・ユーザーが直接Webサイトにアクセスし、モバイル専用サイトを要求していないことが裏付けられたと報告している。携帯電話やWi-Fiなどの無線通信環境がどんどん改善されていることから、これまでの携帯電話用ゲームのコンテンツも変わってくる。ただし、せっかく女性に受けたゲームは難しくなるのでは無く、これから美しさが求められる。モバイル・ブラウザでは、「Openwave」が27%でトップ、続いてモトローラ(Motorola)社のブラウザが24%、ノキア(Nokia)社のブラウザが13%であったと報告している。その他ではAccess NetFront社の9%、Teleca AU社の6%、Sony Ericsson社の5%、RIM社の5%、Blazer社の4%、Samsung社の3%、Microsoft社の3%、Danger社の2%と続いている。ここでもMicrosoft社のブラウザが苦戦している。PC MagazineはTelephiaのレポートに対し、1月が31.4%であったのに対し、6月は34.3%に成長しただけで、急激に伸びたのではなく、着実の成長していると言うべきだと注意している。詳細情報はURL(http://www.telephia.com/documents/InternetandDeviceReleaseJune2006v68.14.06FINAL.pdf)または、URL(http://www.computerweekly.com/Articles/2006/08/15/217631/Mobile+web+access+tackled.htm)で知ることができる。MocoNewsは2006年8月23日に、Wireless World Forumが公開した196ページのレポート「mobileYouth 2006」を紹介し、中には面白い情報もあるが、子供は一生でUS$3万を携帯電話に使うと予測したことに対し、社会的馬鹿現象と紹介した。
年齢別一生で使う携帯電話料金予測
10歳 -- $27,996
15歳 -- $27,198
35歳 -- $13,368
50歳 -- $5,364
現状で携帯電話の使用頻度が一番高い35歳は、すでに人生の半分が過ぎているので意外に低く、若ければ若いほどモバイル環境の利用頻度が高くなるという計算から算出されている。詳細情報はURL(http://www.moconews.net/mobileyouth-2006-its-social-stupid.html)で知ることができる。渋谷のHMVで2006年8月23日にデビューアルバムのプロモーションのために来日したパリス・ヒルトン(Paris Hilton)が、報道関係者のカメラを規制し、ファンの携帯や、デジカメによる撮影は規制しないという、これまでの考え方とは異なった行動に出て、さらに自らデジカメのビデオモードでステージ上からファンを撮影し、YouTubに掲載すると報告した。詳細情報はURL(http://www.youtube.com/parishilton)または、URL(http://www.youtube.com/watch?v=QzeGjujMIGs)で知ることができる。これまでのマスコミ優先から、ファン優先のイベントに方向性が大きく変わってきている。Nielsen//NetRatingsが2007年3月29日に発表した情報によると、2007年2月の時点で、Celebrity gossip(有名人のゴシップ)ニュース関連の19のサイトの選択されたサンプルが年間40%増加していた。また、訪問者はこれらのサイトで、より多くのコンテンツを見て、総Webページ・ウェブ・ビューが108%増加していたと報告した。詳細情報はURL(http://www.nielsen-netratings.com/pr/pr_070329.pdf)で知ることができる。イギリスのサンデー・タイムズ(Sunday Times)の2007年4月15日に発表したレポートによれば、ソニーエリクソン(Sony Ericsson)は2006年に1,700万台のウォークマン電話(Walkman phones)を販売し、18カ月前にシリーズを導入したので、すでに2,000万台以上になり、それはApple社のiPodの成長より早いと報告した。詳細情報はURL(http://business.timesonline.co.uk/tol/business/industry_sectors/technology/article1654249.ece)で知ることができる。comScoreは2007年4月23日に、米国の2,000人を対象にしたモバイルTVの関心度を知るための調査レポ−トを発表した。その背景には、モバイルTVが予想外に伸び悩んでいることがうかがえる。この調査で名家核なのは男性より女性の関心が低いことで、35歳以下のモバイルTV加入者は46%で、そのうち65%が男性であったと報告している。また、モバイルTV機能付き端末を購入するときの最も高い関心は、71%がサービス料金であると報告している。モバイルTVへの申し込み希望者の67%は、無料であるなら広告を見てもかまわないと答えている。さらにサービスの質についても関心が高く、47%は画面サイズが重要であると答えている。さらに43%は受像能力に関心があった。これは、すでに家庭にあるテレビがそのままモバイルTVの関心に直結しているといえる。つまり、すでにあるサービスがモバイルでも見られるようになったと言うだけのことで、新しいコンテンツという意識が無いと言うことで、家庭で見るテレビと比較して少しでも劣れば、不満になり、馬鹿にするという状況とも言える。詳細情報はURL(http://www.prnewswire.com/cgi-bin/stories.pl?ACCT=104&STORY=/www/story/04-23-2007/0004571692&EDATE=)で知ることができる。AKI Newsは2007年8月31日に、国連(United Nations)がシリアの首都ダマスカスに住む3万3000人以上のイラク人避難民に、2007年9月1日から最初の食品流通支援プログラムを実施することから、携帯電話のテキスト・メッセージングを使用して連絡メールを配信したと報告した。UNHCR(国連高等弁務官/UN High Commissioner for Refugees)のスポークスウーマンであるジェニファー・ペゴニス(Jennifer Pagonis)はジュネーブで、「携帯電話のテキスト・メッセージは、しばしば安定した住所を持っているというわけではない避難民と連絡する場合、彼らの共同体や彼らの近くのだれかが携帯電話を持っているので、最も効果的な方法の1つであることがわかりました。」と記者会見で解説し、国連高等弁務官によって、約1万のテキスト・メッセージがて既に送られたとも報告した。UN WFP(World Food Programme)とシリアのSARC(Syrian Arab Red Crescent/シリア・アラブ赤十字)が共同で、主に女性、子供、および最も傷つきやすい避難民に2007年9月1日の土曜日から分配を始めた。難民も携帯電話は持っている。連絡用として、使用料無料の携帯電話を避難民に配布することも考えることが必要になってきました。詳細情報はURL(http://www.adnkronos.com/AKI/English/Security/?id=1.0.1262152698)または、URL(http://www.brusselstribunal.org/humanitarian.htm)で知ることができる。
この調査は世論調査機構YouGovによって、1万6500人以上の人を調査した結果である。
Carphone Warehouse Group plcの最高責任者Charles Dunstoneは、「私たちは、携帯電話が私たちの人生にどんな影響力を与えたかを見つけたかったです。」とその趣旨を紹介している。

テレビに追いつく携帯電話
18-24歳のヤングアダルトに関しては、彼らにとって携帯電話(26%)はテレビ(11%)より重要です。一年前の 18-24 歳の女性の中では、割合はテレビ(11%)に対し、携帯電話は32%へとジャンプした。 19%の女性にとってこの年齢層はテレビより、最も重要な技術製品と答えている。

公共性の変化
また、親が新聞や本を公共のものとして信じられていたが、21%の応答者はそれが携帯電話に変わったといい、25未満の女性にいたっては55%に達すると報告している。

モバイル犯罪により影響されやすい女性
携帯電話が盗まれた人は(9%)で約10人に1人であった。 18〜24歳のるヤングアダルトは最も危険で、男性の10%と比較されて彼女らの電話が17%盗まれたことがある。

増加する国民ジャーナリズム
犯罪に関する証拠を記録するか、または実際に犯罪を記録するために携帯電話を私用したかという質問に、彼らの半分(50%)が携帯電話のカメラかビデオを使用すると考えたと答え、証拠を記録すると言報告している。そして、同じくらい多く(47%)が目の前で起こった犯罪を記録すると答えた。さらに、3分の1(36%)の人々は、状況が浮かぶなら自分達が有名人かニュースバリューがある出来事を自分達の携帯電話で撮影すると答えている。

仕事と携帯電話
Mobile Life foundは、41%の電話ユーザーが、仕事に彼らの携帯電話を使用すると答え、彼らの雇い主の呼び出しがあまりにも多くであると考えるているがわかった。 労働者(47%)では、さらに、ほぼ半分が仕事時間外で携帯電話をしないで欲しいことを希望した。また、携帯電話で休日に仕事関連で呼び出されることに対する不満を持っている。 57%は、頻繁に仕事で同僚と話すため、休日に携帯電話を取ることが無理であると考えている。

携帯電話とセックスの関係
4人に1人(21%)以上がセックスの前に、携帯電話を無効にすると答えた。
また、7人に1人(14%)は完全に電源を切り、11%は消音にして、合計で25%の人がスイッチを切り替えていた。

デートと携帯電話
Mobile Life foundはデートにも調査の手を広げ、18-24歳の人はテキストで電話ユーザーの半分以上(57%)が日付確認を送ったか、または受け取ったことのがわかった。

愛の破局と携帯電話
また、18-24の人の5分の1以上は、関係を終わらせるためにテキストを送るか、または受け取っやことのがわかった。
すべての携帯電話ユーザーの四分の一が、flirtyテキストをだれかに送ることが、不正行為でないと思っている。
cellular-newsが2008年12月7日に、ローカル新聞「Greater Kashmir」からの情報として、SMSグリーティング・カード販売禁止における波動は予期しない副作用があったと報告した。
カシミールでは、イスラムの祭り「エイド祭礼(Eid festivities)」までにグリーティング・カードを送る習慣があり、そこで住民はSMSグリーティング・カードに慣れ親しんでいた。
Regal ChowkのEcstasy Stationers所有者Nisar Ahmadは新聞「Greater Kashmir」に、「SMSサービスがここで禁止された後にグリーティング・カードの販売は急激に増加させました。」
「カシミール高原での携帯電話の導入の前に、私たちは偉大なビジネスを作っていましたが、携帯電話サービス着手の後に、私たちのビジネスはとことん下落した。」と言っている。
「しかし、SMSサービスが禁止された後に、販売が今回再開され始め、私たちのビジネスは70%増加しました。」と、言い足した。
地方行政は、周囲にSMSである悪意があって不正確なメッセージによって、最近の暴力が煽られていると言い、ジャムーのバー協会(Bar Association of Jammu)からの苦情により、最高裁判所は2008年8月に禁止令を是認し、モバイル・ネットワークに全面禁止を課した。
日本でもし、携帯電話の年賀状を禁止したら、中国で旧暦の正月挨拶が禁止されたら---
カシミールで、どれだけの人がSMSサービスで、グリーティング・カードを送っていたかが判る。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/35024.php?source=newsletter)または、URL(http://www.greaterkashmir.com/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11823)で知ることができる。