携帯電話-2005年-2


(携帯電話-2005年から続く)
cellular-newsは2005年7月11日に、「今週の歴史(This week in History)」を公開し、2004年5月から9月の間のデータベースを失ったと報告した。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/week_in_history/)で知ることができる。貴重な資料が消えたことになった。ワシントンポスト(Washington Post)は2005年7月11日に、ロンロンドンの同時多発爆破テロが携帯電話を使った遠隔操作で起こったことから、安全上の配慮のためThe Metropolitan Transportation Authorityとニューヨーク警察(the New York Police Department)の指示によって、ニューヨーク・ニュジャージーの港湾管理委員会(Port Authority of New York and New Jersey)はハドソン川の下のリンカーンとオランダトンネルについて携帯電話電力パワーを切断したと報告した。トンネルでの携帯電話サービスを提供してきた唯一の業者Verizon Wireless社は港湾管理委員会がいつ再開するかという計画については一切話が無いと報告している。これまで携帯電話が地下鉄でも利用できるようになったと宣伝していたが、ロンドンの地下鉄同時爆破に携帯電話の電波を利用した可能性が高いことからと、トンネル内での携帯電話が利用できなくなった。日本でも地下鉄やトンネル内の携帯電話使用ができなくなる可能性が高い。日本の場合は、それ以前から地下鉄内での携帯電話を禁止する運動があり、それに拍車が掛かったことにもなる。詳細情報はURL(http://www.city.fukuoka.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template=AC02022&WIT_oid=SJZfENQ7JDWkYbIp9092zoQElKljkY)で知ることができる。さらに高速移動中に携帯電話で爆破することが可能になれば、自動車がそのままミサイルになる可能性もあり、この影響から、高速移動中の携帯電話の研究「IEEE802.16e」も盛んに行われてきたが、この研究にどのような影響ができるのか興味深いことになった。さらに航空機内での携帯電話使用も航空機爆破が可能になることから問題になることだろう。便利になれば、便利になるほどテロリストに新しいツールを提供することになることだけは確実といえる。ハイテクでテロを無くそうとすれば、テロリストも開発され、一般化したハイテク技術を駆使して攻撃を仕掛けてくることになる。また、今回のロンドン同時多発爆破テロ事件で一番注目されたのは、カメラ付き携帯電話やデジタルカメラで撮影した読者の投稿写真が激増したことといえる。それもプロが撮影した写真ではないことから、リアリティがある。フォト・ブログ「flickr.com」ではおびただしい写真が事件と同時に登場した。詳細情報はURL(http://www.flickr.com/groups/central/pool/)で知ることができる。ロイターは2005年7月12日に、遮断した携帯電話無線通信を2005年7月12日に再開したと報告した。もの凄く忙しい大都市ニューヨークで月曜日からトンネル内で携帯電話が使えなくなったらどうなるのか?さらに、高速で走行する自動車での携帯電話の使用、航空機内での携帯電話の使用など、今盛んに開発されている新しい技術が全て影響する。ただし、再開されても、それらの問題は何も解決していない!詳細情報はURL(http://today.reuters.co.uk/news/newsArticle.aspx?type=internetNews&storyID=2005-07-12T163748Z_01_MOL167872_RTRIDST_0_OUKIN-SECURITY-CELLPHONES.XML)で知ることができる。cellular-newsは2005年7月12日に、米国とヨーロッパの企業1,000社以上でネットワークとテレコム意思決定者を対象にした Forrester Researchの調査結果から、アンケートの答えた人の半分以上が、電子メール、予定表を利用し、従業員用コンテンツのモバイル・アプリケーションを配布し、2005年には18%が高速性から選んでいたことが判明し、ビジネス関連で携帯電話は高速性を重視していることを明確にしたと報告した。また、セキュリティに関しては応答者の67%がさらに注意を払っていくと答えている。さらに調査された企業の23%は、モバイルデータ・アプリケーションと従業員との完全な展開を計画していると報告している。これらの調査結果から、将来のモバイル環境は企業にあったモバイルデータ・アプリケーションの提供と、セキュリティをテーマにしたビジネスが大きく成長することになると言える。また、IP電話とVoIPに関しては、2005年に急成長すると報告している。同時に、熟している技術が死んだと考えるのではなく、無線環境の変化により、それらを生かしたビジネスが新しいビジネスとして再生させるとも予測している。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/13421.php)または、URL(http://www.forrester.com/)で知ることができる。まだまだ、すでに成熟したまま眠っている技術が多く存在し、新以前から言われていることばかりだが、実に面白くなってきた!しい技術だけを追いかけ、古い技術を無視していると、最先端のはずが末尾だったということにもあり得ることが指摘されている。ヨーロッパの場合、EUで連合化されているが、国によって通信会社が異なり、知らない間にローミング・サービスを利用していて、追加料金の請求が届くなど社会問題化していましたことから、EC(European Commission)が10年間に渡って調査した結果、ワイヤレス業界にベンチマークを設定することで透明性が得られると結論付け、 EU(European Union)は2005年7月11日に、消費者が海外で彼らの携帯電話を使用すると被られるローミング料金についてQ&A方式で概説したリリースを公開し、携帯電話のローミング料金について概説するWebsiteを構築することになったと報告した。詳細情報はURL(http://europa.eu.int/rapid/pressReleasesAction.do?reference=MEMO/05/247&type=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en)で知ることができる。 Mobile Content Repotは2005年7月11日に、モバイルのトップ・レベル・ドメインとしてICANNが「.mobi」を承認したと報告した。「.mobi」は基本的に携帯電話で見ることが可能なように、小さいスクリーンに限られ、メモリ、および帯域幅も最適化されることが条件で、ハチソン3、 GSM Association、Ericsson社、Microsoft、Nokia、三星(Samsung)、Telefonica Moviles 、T-Mobile、Vodafone、Syniverseの同業種グループが合弁事業mTLDとしてプロモートし、テストに合格した。詳細情報はURL(http://www.moconews.net/?p=2787)で知ることができる。Hutchison 3社、GSM Association社、Ericsson社、Microsoft社、Nokia社、三星(Samsung)社、Telefonica Moviles社、T-Mobile社、Vodafone社、Syniverse社の同業種グループが合弁事業としてプロモートし、テストに合格したことで、 Mobile Content Repotは2005年7月11日に、モバイルのトップ・レベル・ドメインとしてICANNが「.mobi」を承認したと報告した。詳細情報はURL(http://www.moconews.net/?p=2787)で知ることができる。毎日新聞は千葉県警が2005年7月13日に2005年上半期の110番受理件数を発表し、総受理件数は22万4560件で前年同期比7224件減だったが、携帯電話での通報が6割近くを占めたと報告した。詳細情報はURL(http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/it/mobile/news/20050714org00m300082000c.html)で知ることができる。複数のメディアが、ハンドバック・デザイナーのKenneth Sawhはハンドバックを作るに当たって、高価な製品の広告を出すほどでない方法として、小売業者が彼に連絡するより個人的に連絡する方法が欲しかったため、彼のハンドバッグの線に彼自身の携帯電話番号を縫い込むこと決め、Wireless Phone Number Designerになったと報告した。以来、彼は自分でバッグのすべて切断から縫い物までをして、好奇心の強い顧客が彼に連絡しただけではなく、多くの注文が彼の携帯電話に掛かってきたため、小売業者は彼の携帯電話にもかかわらず、その番号を受け付け、顧客を小売業者に導ている。詳細情報はURL(http://www.journal-news.com/featr/content/shared/living/stories/0714KENNY_HANDBAGS.html)または、URL(http://www.dailystar.com/dailystar/accent/84206.php)または、URL(http://www.wacotrib.com/featr/content/shared/living/stories/0714KENNY_HANDBAGS.html)または、URL(http://www.lufkindailynews.com/featr/content/shared/living/stories/0714KENNY_HANDBAGS.html)で知ることができる。ハンドバッグに携帯電話を縫い込むことで、宣伝になったというより、これだけマスコミに取り上げられた効果の方が大きかったともいえる。米国のFCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)は2005年7月20日に、米国の補聴器コンパチブル規則(The Hearing Aid Compatibility Act of 1988/HAC Act)が2005年9月13日から始まることから、携帯電話サービスを提供している5社に対して、ネットワーク技術が対応しているかをテストし、携帯電話機の25%が補聴器互換性があることが義務づけられると報告した。これからは、補聴器コンパチブル携帯電話は、受話器の技術的な格付けを示すためラベリングをして、パッケージの中により詳細な情報を含んでいなければなりならない。 この情報で、どの携帯電話があなたの補聴器と互換性があるかの確認が容易にできるように義務付けされ、2008年2月18日までには、すべての無線のキャリヤーの受話器モデルの50%が補聴器互換性があるのを保証しなければならなくなる。詳細情報はURL(http://www.fcc.gov/cgb/consumerfacts/hac.html)で知ることができる。Reutersは2005年7月21日に、UK Wireless Phone Service Intact After Additional Blasts Wirelessのオペレーターが、木曜日の2回目のロンドン同時多発爆破事件の後に、携帯電話は機能していたと報告し、「O2」と「Vodafone」は、混乱時にも自由にワイヤレス・ネットワークを維持するためにユーザーが緊急の必要な電話をかけるだけにするようにアドバイスして、テキストメッセージを利用するように提案したと報告し、また、Info Worldは2005年7月21日に、ロンドンの警察が調査するのを助けるため、携帯電話で撮影した写真の提供を求めたと報告した。定点防犯ビデオカメラで撮影した映像を分析し、さらに携帯電話で撮影した写真やビデオ映像を分析して、犯罪捜査をする時代になった。詳細情報はURL(http://today.reuters.com/news/newsArticle.aspx?type=technologyNews&storyID=2005-07-21T182751Z_01_L21659582_RTRIDST_0_TECH-SECURITY-BRITAIN-TELECOMS-DC.XML)または、URL(http://www.infoworld.com/article/05/07/21/HNukblasts_1.html)または、URL(http://www.lscp.org.uk/swf/locations.asp)または、URL(http://www.slowitdown.co.uk/mobile_list.asp)または、URL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/07/07/AR2005070701522.html)で知ることができる。これまでの単純な総合統計ではなく、それぞれの提供会社と利用者の関係を明確にし、的を絞ったサービス提供を可能にするようにするため、M:Metricsは2005年5月25日に、人口統計から見た携帯電話と消費者の関係を調査したレポート「WHAT YOUR CARRIER SAYS ABOUT YOU」を公開し、携帯電話会社が提供するサービスを利用する年齢層と地域差に大きな違いがあることを指摘した。詳細情報はURL(http://www.mmetrics.com/press/PressRelease.aspx?article=20050725-carriers)または、URL(http://www.mmetrics.com/press/articles/20050725-carriers.pdf)で知ることができる。総務省は携帯電話事業向けに、新たに1.7GHz帯と2GHz帯を既存キャリアと新規参入希望者に割り当てることを示した方針案について2005年7月4日まで意見を募集していたが、2005年7月27日に「1.7GHzギガヘルツ帯又は2GHzギガヘルツ帯の周波数を使用する特定基地局の開設に関する指針案等に係る意見募集の結果及び電波監理審議会答申」を公開した。詳細情報はURL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/050727_5.html)で知ることができる。携帯電話が子供の手に馴染まないことから、Enfora and LeapFrog社は13歳以下専用としてデザインされた携帯電話「the TicTalk」の発売を計画しているとUSA Todayが2005年8月3日に報告した。詳細情報はURL(http://www.usatoday.com/tech/2005-08-03-baig-kid-phones_x.htm)、the TicTalkはURL(http://www.leapfrog.com/do/findproduct?ageGroupKey=middlehigh&key=tictalk)で知ることができる。携帯電話コンテンツやスパム・メールに、子供にとって害のあるものが増え、フィルタリングではインターネットで失敗しているし、デザインだけでは解決できないことから、携帯電話会社のプロバイダも専用回線を用意しないと十分とはいえない。ただし、そんなことをすると、悪い大人が子供の洗脳に利用する可能性もあり、AlterNetのメディア文化(Media Cultur)でLaura Barcellaは「Is Everything Bad Really Good For Us?」を公開し、大衆文化(pop culture)に関する最愛のスティーブン・ジョンソン(Steven Johnson)の「Everything Bad is Good for You(Riverhead; May 2005)」について「media diet,(メディアのダイエット)」として語り、私たちが心を殺すと言われたテレビ、テレビゲーム、絶えずアクセスするインターネット中毒で、実際には IQsを増加させ、より賢くなったと主張し、その結果を考えると、すべて大人が悪いと言ったこのは、良いことだったのではないかという疑問が発生したと報告している。例えば、大衆文化(pop culture)がここ30年、テレビ番組の上で、より認識的になり、挑戦的になったと主張し、ドラマ「Lost」や「24」の構文解析が若者の勉強を助け、焦点、忍耐、保有を学ばせてきたとも報告している。詳細情報はURL(http://www.alternet.org/mediaculture/23424/)で知ることができる。こんなことは、文部科学省や教育委員会では理解できないことだろう。イギリスの消費者向け雑誌「Which?」は2005年8月3日に「Faulty mobile phones」による調査として、2004年にイギリスで販売された1800万台の携帯電話器のうち少なくとも200万台は不完全であったと報告した。欠陥が発見された携帯電話器を調査すると、携帯電話器は最初の6カ月最も故障が多く、故障が発見された7つの新しい携帯電話器の70%は6カ月以内に欠陥を発見したと報告している。さらに粗悪品の多いメーカーでは5人のユーザーの中で1人が粗悪品で、粗悪品が少ないメーカーでも10人のユーザーの中で1人が粗悪品であったと報告している。イギリスの法律では6ヶ月以内に粗悪品が見つかったとき、その製品を販売した店がその粗悪品に対して責任を取るように義務づけだれているが、調査した人々の1/4は対応に不満を述べていると報告している。これまでは大手が携帯電話器を開発し、製造してきたが、これからは価格も下がるため、そのほとんどが下請けで製造されるようになり、とくに中国ではもの凄い数の携帯電話器メーカーが誕生していることから、中には粗悪品も増えることが予測される。詳細情報はURL(http://trial.which.co.uk/audio_visual_equipment.php?m_id=80&source_code=j8uw04)で知ることができる。CTIA DAILY NEWSは2005年8月15日に、「Asia Finds Religion via Wireless Devices」を紹介し、欧米ではコミュニケーション・ツールとして浸透した携帯電話が、アジアでは宗教ツールとして一般化し始め、インド、中国、マレーシア、およびインドネシアでは、メッカの位置を知るとき、祈りの時間を知るとき、さらには月の暦を知るためのツールとして携帯電話が使用されていると報告した。詳細情報はURL(http://www.ctia.org/news_media/daily/pub_view.cfm?issue_id=2504&pub_id=1&type=html)または、BBCが2005年7月21日に公開した「Your views on teaching tolerance」のURL(http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/education/4703101.stm)または、BBCが2001年7月12日に公開した「Mobile divorce unacceptable, says Malaysia」のURL(http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/1435647.stm)で知ることができる。 IDCは西欧の携帯電話市場調査「Western European Quarterly Mobile Phone Market Tracker」を公開した。調査報告によれば前年比で2005年は20%の拡大が予測され、携帯電話機器に関しては3760万台のユニットと4%の連続した成長から、2005年の総市場成長を期待されている。だし、先進国の場合は買い換え市場時代に突入しているが、アフリカや東南アジア、中東ではさらに凄い結果になることが予測されている。この市場に参入できなかったNTTドコモの未来はどうなるのか?また、日本のメーカーもほとんど失敗し、機能特許で生き残りをかけることになりそうで、新機能、新機種でユーザーをあおり立て、早い時期から第3世代携帯電話を投入し、結果的につゆ払いをしている間に市場開拓に乗り遅れ、完全な未来予測の失敗といえることから、カメラ付き携帯の世界浸透で生き残れる企業もあるが、いずれ日本の携帯電話市場は厳しい冬が来そうな予感がある。詳細情報はURL(http://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=IDC_P6197)で知ることができる。 イギリスのダブリンを拠点とする調査会社Research and Marketsは2005年8月18日に、中東とアフリカは世界一急速に増加している携帯電話市場になっていると報告した。イラクは現在、携帯電話加入者ベースで世界一速く、 2006年までに100万人以上の加入者を予想している。またアフリカの携帯電話のキャリヤーは、携帯電話のブロードバンド提供に焦点を合わせ、5つのケニアの都市で対応して展開を開始し、さらに今後10の町への提供を拡大する予定で、ナイロビの首都部ではケニアData Networks(国の唯一のキャリヤー)が、人口の70%以上に広帯域携帯電話サービスの提供を計画していると報告した。詳細情報はURL(http://www.researchandmarkets.com/)で知ることができる。ロイターは2005年8月19日に、ケープタウン大学(University of Cape Town)のテキスト・メッセージングプロジェクト「CellLife」が、ライフラインとして南アフリカの何千人ものエイズ患者に、抗レトロウィルス薬ドラッグでモニターしている患者を対象にしてテキスト・メッセージング・サービスを提供していると報告した。このサービスにより、エイズ苦しむ患者を訪問するカウンセラーがすぐにテキストで質問することができ、緊急の要求にテキストで医師と医療保健業務従事者が応じることができる環境を構築した。すでに約1,000人の患者がシステムに登録され、プロジェクトは、遠く離れた村の6つのサイトを解説するために無料の基金を受けた。携帯電話はアフリカの最も大きい成長部門の1つで、携帯電話を所有しているアフリカ人の数は人口のおよそ8%へと、過去5年間で 1000%の成長を記録しているとも報告している。詳細情報はURL(http://today.reuters.co.uk/News/CrisesArticle.aspx?storyId=L06128770)で知ることができる。日本の携帯文化の本当の姿を紹介するという意気込みで、南カリフォルニア大学(USC)の研究者伊藤瑞子(Mizuko Ito)、慶応義塾大学講師の岡部大介(Daisuke Okabe)、中央大学の松田美佐(Misa Matsuda0の共著によるMIT Pressから「Personal, Portable, Pedestrian---Mobile Phones in Japanese Life」368 pp., 55 illus.$39.95が出版された。詳細情報はURL(http://mitpress.mit.edu/catalog/item/default.asp?ttype=2&tid=10610)で知ることができる。 The New York Timesは2005年8月25日に、1日US$2.-で生きられるアフリカで、携帯電話が超高速に浸透しているとレポートで報告した。アフリカ人は物凄いスピードで携帯電話を迎え入れ、11人に1人の割合で携帯電話を所有している。ただし、アフリカのインフラはまだ十分ではなく、ナイジェリアでは販売サービスを中止するほどで、コンゴの2つのジャングルでは、無線アンテナを建設するため、50フィートのバオバブの樹の上に小屋を建てるなど、アンテナの建設が追いついていないと報告している。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2005/08/25/international/africa/25africa.html?hp)で知ることができる。それこそ建設中の携帯電話のアンテナ塔現場に象や犀が攻撃し、塔を壊す事件まで起こりそうである。USA Todayは2005年8月28日に、「Africa's cell phone boom creates a base for low-cost banking」を公開し、アフリカで流行始めた携帯電話が多くのアフリカ人がオンライン・ショッピングのために銀行を利用し始めたと報告し、約80,00万人のアフリカ人が無線電話を所有していて、携帯電話バンキングシステムが初めて何100万人もの貧しい南アフリカ共和国の住民を公式の経済に運び込むと予想されはじめた。南アフリカのStandard Bankは銀行業務を携帯電話のキャリヤーMTN Groupと組んで、バンキングシステムに申し込むために、携帯電話の電話と政府によって発行されたID番号だけで開設できるようにしたと報告した。携帯電話が流行って、アフリカが欧米経済システムを導入することになったことになる。詳細情報はURL(http://www.usatoday.com/tech/products/gear/2005-08-28-cell-banks-africa_x.htm)で知ることができる。米国のM:Metricsは2005年8月29日に、18歳の学生と40歳の大人が使う携帯電話コンテンツの比較レポート「M:METRICS: BACK-TO-SCHOOL WITH READING, RITING, RINGTONES---Measurement firm finds that students are the top consumers of mobile content」を公開し、学生の中の携帯電話ブラウザ使用は7月に8.7%成長し、学生ではない人と比べて、消費における成長はり2/3の高いレートであったと報告した。詳細情報はURL(http://www.mmetrics.com/press/PressRelease.aspx?article=20050829-school)で知ることができる。イギリスのInstitute of Cancer Researchのアンソニー・スワードロー教授(Professor Anthony Swerdlow)は2005年8月30日に、聴神経腫(acoustic neuroma)に病んだ678人と病んでいない3,553人を調べた結果、携帯電話を10年間使っても、耳と脳を結ぶ神経に腫瘍ができるリスクは増えないと医療雑誌British Journal of Cancerで発表した。詳細情報はURL(http://www.icr.ac.uk/MobilePhoneUse.htm)で知ることができる。米国のVerizon Wirelessは2005年9月2日に、録音メッセージと自動ダイヤル装置を利用して、携帯電話向けに大量の勧誘電話をかけたはテレマーケティング業者のIntelligent Alternatives社とResort Marketing Trends社をテレマーケティング業者が自動ダイヤル装置を使って相手の許可なく携帯電話に電話をかけることを禁じる米国連邦法に違反しているとして、2005年9月1日に提訴したと報告した。詳細情報はURL(http://www.prnewswire.com/cgi-bin/stories.pl?ACCT=104&STORY=/www/story/09-01-2005/0004098084&EDATE=)で知ることができる。cellular-newsは2005年9月20日に、ハイテク市場調査会社In-Statが世界におけるこれから10年間のモバイル市場予測を公開したと報告し、日本、オーストラリアを含むアジアのモバイル市場は2004年に約7億4000万人のユーザーから約US$1800億の総収益をあげていたが、2009年までにUS$2,600億以上の総収益に成長し、世界最大マーケットになると報告した。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/14113.php)で知ることができる。In-Statは2005年9月20日に、世界では2009年に$3,460億になると予測していることから、アジア以外では860億になり、アジアをマーケットを獲得できないモバイル市場企業は、消え去ることになる。とくにインドはCAGR(Compound Annual Growth Rate/合成年間成長率)で2004から2009年の間に最も速く発達すると予測し、CAGRが32.8%で、加入者は2009年まで年間31.1%の成長率を継続すると予測している。詳細情報はURL(http://www.instat.com/press.asp?ID=1447&sku=IN0502196MU)で知ることができる。アフリカも凄いと思っていたが、人口的にインド、中国には足下にも寄れない。米国やヨーロッパのモバイル市場は実験場で、ビジネスはアジアと言うことになる。NTTドコモは十分にマーケットを狙える立場だったが、実験場に目を向け、マーケット戦略に失敗したともいえる。ただし、これだけの成長は、同時に他のマーケットも引っ張り上げ、世界中であらゆるものが不足することになる。平成電電は2005年10月3日に、東京地方裁判所に民事再生の手続を開始する申し立てを行なったと発表した。負債額は1200億円に上る。詳細情報はURL(http://www.hdd.co.jp/news/news20051003.html)で知ることができる。Parks Associatesは2005年10月20日に、モバイルマーケット情報第2版「Mobile Market Intelligence」として、すべての米国のインターネットを利用している家庭の1/4がカメラは高画質カメラ付き携帯電話を使用しても構わないと思っているという、調査結果を報告した。また、レポートは消費者のためにモバイル音楽アプリケーションへの関心についても報告し、米国のインターネットを利用している家庭ではカメラ付き携帯電話が最もポピュラーで、52%(1020万のホーム)が購入する計画で、音楽をダウンロードすることができる携帯電話を購入する計画は30%(590万のホーム)だけにとどまったと報告している。詳細情報はURL(http://www.parksassociates.com/press/press_releases/2005/mobile_market-1.html)で知ることができる。 cellular-newsは2005年10月21日に、上海のT-Bay Holdingsが2005年9月9日に公開した調査報告書から中国では携帯電話利用者が爆発的に増え続け、2005年末には中国の携帯電話利用者が4億人になると予測し、また、IDCの調査報告書では2005年の第3四半期だけで携帯電話の販売数が2億台であったとも報告している。もし、毎四半期に2億台販売されたとすると、年間で8億台になり、中国の携帯電話利用者の4億人という数が、世界の携帯電話市場にいかに大きく影響するかが理解できる。ただし、ABI Researchの調査によれば全人口の80%の人は携帯電話が利用できる環境で生活しているが、その中で携帯電話を利用しているのはたったの25%で、世界規模で俯瞰した場合、まだまだ携帯電話市場にはオープン・マーケットが存在し、この市場を獲得するには超低価格携帯電話が求められるとも報告している。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/14500.php)または、URL(http://www.cellular-news.com/story/14499.php)または、URL(http://www.cellular-news.com/story/14501.php)で知ることができる。NTTドコモは2005年10月28日に2005年9月中間連結決算を発表し、au(KDDI)の攻勢もあり、携帯電話機の販売収入は2225億円と同22・8%減で、2004年に引き続き売上高は2兆3734億円(前年同期比3・2%減)、最終(当期)利益は3852億円(同14・9%増)の減収増益だった。増益の原因は販売台数に応じて販売代理店に支払う報奨金も同時に減ったことなどで、営業費用が圧縮されて増益につながったが、それを喜ぶことはできない。詳細情報はURL(http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/investor_relations/referenc/h1802k/messag_j.html)で知ることができる。インフォプラントは2005年11月1日に、NTTドコモの携帯電話ユーザーを対象に行った回答者は9290人(男性 33.6%、女性 66.4%)による「電車内ですること」に関するアンケート調査結果を発表し、電車を利用している割合は全回答者の60.5%で、1日の利用時間が「15分未満」「30〜60分」と答えた人が並んで25.6%と一番多く、その後「15〜30分未満」24.1%、「60〜90分未満」12.1%の順となり、7割台半ばが1時間未満で、電車に乗っている間何をしているか訊ねたところ、男性は「寝る」が66.2%と最も多く、これに「iモードサイトを見る」59.5%、「中吊り広告を見る」58.4%、「携帯電話でメールをする」51.9%、「一緒にいる人と会話」49.5%、「携帯電話でゲーム」47.0%と続いた。一方、女性では「寝る」71.3%、「携帯電話でメールをする」70.3%が最も多く、「一緒にいる人と会話」67.2%、「中吊り広告を見る」64.2%、「i モードサイトを見る」58.1%、「ガム・あめなどを食べる」50.9%の順となり、携帯電話依存度が高いことを報告した。詳細情報はURL(http://www.itmedia.co.jp/enterprise/mobile/articles/0511/01/news128.html)で知ることができる。確かに歩きながら携帯電話のメールをチェックしている人も急増し、急に止まってチェックする人もいて、ぶつかったりすると謝るどころかにらみ返される始末である。「何だ!」とでも文句を言うと、「きゃ〜痴漢!」などと騒ぎ出す困った女性もいる。Washigton Postは2005年11月7日に、サーチ・エンジン業界の巨人「Yahoo!」と「Google」がより広い聴衆に届く携帯電話とテレビを使用することでコンピュータを超えて、多くのユーザーを獲得するための新サービスを発表したと報告した。例えば「Yahoo!」と「TiVo」は、娯楽産業を広げる「Yahoo!」の試みとして、年末には天気と道路交通情報をテレビに提供することができるようにして、「Yahoo!」ウェブサイトからテレビ番組を記録するサービスに着手し、「TiVo」は「Yahoo!」のユーザーを取り込む作戦に出始めた。Googleでは既に携帯電話ユーザーがテキストメッセージ質問を送ることによって気象通報と方向を検索するサービスを提供してきたが、Googleは携帯電話市場にねらいを定め、ユーザーが電話で衛星地図を見て、特定の場所の詳細な方向を得ることができる新しい地方のサーチ・サービスを発表し、地域のレストラン、映画、トラフィック、および他の情報の巨大な市場を得る動きに出たと報告している。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/11/07/AR2005110700240.html)または、URL(http://www.usatoday.com/printedition/news/20051108/edit08.art.htm)または、URL(http://www.usatoday.com/printedition/news/20051108/oppose08.art.htm)で知ることができる。総務省は2005年11月9日に、BBモバイル、イー・モバイル及びアイピーモバイルから申請があった1.7GHz帯又は2GHz帯の周波数を使用する特定基地局の開設に関する指針に基づく開設計画の認定について、電波監理審議会に諮問したところ、諮問のとおり認定をすることが適当である旨の答申を受け、認定したと報告した。詳細情報はURL(http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/051109_3.html)で知ることができる。世界中が超低価格か似向かい始めたこともあり、また、ADSLではソフトバンクの参入により、一気に低価格化に向かったことから、今後携帯電話使用料が低価格化路線に向かうことが期待されている。Washington Postは2005年11月15日にMike Musgroveのコラム「Mini-Porn Could Be Mega-Business」を公開し、ポルノはコンピュータデスクトップからテレビまで広がっているが、最近ではポケットサイズの装置、例えば携帯電話、デジタル音楽プレーヤー、携帯用ゲームプレーヤーなどにも浸透し始め、無線環境でも発達も大きく影響して巨大ビジネスになりはじめ、同時に、誰でも利用できるようになり、年齢制限なども不可能になり始めたことから、ワイヤレスキャリヤーのための業界団体CTIA(Cellular Telecommunications & Internet Association)は2005年11月8日に、子供たちが携帯電話で不適当なコンテンツを見ることを防ぐための協力計画「Wireless Carriers Announce 'Wireless Content Guidelines'」を発表したと報告した。この提案に同意している加盟会社は、成人向けのイメージまたはプログラミングを提供しないと発表しました。携帯電話にダウンロードするための成人向き娯楽の販売は、すでにヨーロッパでの数US$100万ビジネスに成長し、ボストンのYankee Groupは、米国のモバイル・ポルノの市場は2009年までに1年ごと毎年US$2億ずつ増大すると予測している詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/11/14/AR2005111401456.html)または、URL(http://www.ctia.org/news_media/press/body.cfm?record_id=1565)で知ることができる。米国のファイヤーフライ・のバイル(Friefly Mobile)社は2005年11月17日に、ボタンが5つあるだけでダイヤルキーがなく、メールやインターネットにも対応しない、親が指定した番号しか着発信できない12歳以下の子供用の携帯電話「ファイヤーフライ・フォーン(Friefly Phone)」を発売した。詳細情報はURL(http://www.fireflymobile.com/)で知ることができる。イギリスのBBCは2005年11月22日に、Gartner. Salesからの世界の携帯電話販売調査報告情報として、9月末までの3か月間でそれまでの販売より22%上昇し、2億500万台になったと報告し、2005年度の総売上高が8億1000万台に及ぶと予測したと報告した。2004年に比較すると26%より伸び率は低いが、東ヨーロッパ、アフリカとラテンアメリカでは40%以上急増し、現在のマーケットは西ヨーロッパ、北米、アジアで鈍化し始め、大きく移動していることが明確になっている。また、2006年の販売の伸びは10〜15%になると予測していることから、マーケットのターゲットを間違えると、赤字に転落するメーカーが急増する可能性が出てきている。これは同時に、超低価格携帯電話の開発競争が激化すると予測できる。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/4459278.stm)で知ることができる。Multichannel Newswireは2005年11月22日に、Nielsenが発表したモバイル・コンテンツとしてのエンターテイメントとゲームの調査について報告し、携帯電話のゲーム業界はすでに新生のコンテンツとは呼べないほど我々の文化の消費者に強力な影響を与えるチャンネルに育ったと報告した。ニールセン当局によると、2000人を対象に9月にオンラインで調査した結果は、モバイル・エンターテイメント市場が指数関数的な成長への準備ができていることを証明したと報告し、ハイライトとして52%の携帯電話ユーザーは今年中に新しい機能のついて携帯電話を購入することを希望し、37%の携帯電話ユーザーは購入することを決定していると答え、携帯電話の利用者は毎週17時間携帯電話を利用し、13時間は会話を楽しみ。4時間はデータ通信に利用している。若い女性は毎週23.5時間明帯電話を利用し、テレビは毎週20.9時間に見ていると、携帯電話はテレビを抜いたと報告している。また、7人の携帯電話ユーザーのうち1人は自宅に一般電話を持たなくなっていた。米国ではMotorola社、Nokia社、Samsung Electronics America社、LG Electronics 社がトップ携帯電話メーカーで、Verizon Wireless社、Cingular Wireless社、Sprint Nextel 社、 T-Mobile USA社がトップ携帯電話プロバイダであると答え、テレビゲーム報告の重要な調査結果としては、多くの活発なゲーマーは、次世代のコンソールについて購入決定をする前で、現在は待機状態であると答え、18%の活発なゲーマーは、携帯電話にゲームをダウンロードした経験があり、ほぼ3分の2は素晴らしいかったと評価している。ダウンロードして楽しかったゲームジャンルとしては、スポーツゲームがトップで、2番目がロールプレイング・ゲームであったと答え、高い娯楽予算と増やされたテレビゲーム出費は他のより高い可能性があり、男性25-34とヒスパニック系米国人はテレビゲームのために最も価値ある新生の市場を代表した。一時は、機能のために新しい携帯電話など買わないと、一見合理的に答えていたが、最近は、そのジャブがマーケットに影響を与え始めたことになる。詳細情報はURL(http://www.multichannel.com/article/CA6285926.html?display=Breaking+News&referral=SUPP&nid=2226)で知ることができる。米国の調査会社Gartner社は2005年11月22日に、7〜9月期の世界携帯電話販売は計2億540万台となり、前年同期に比べて22%増加したと報告し、2005年通期の出荷予想を引き上げ、8億1000万台に達すると予測した。シェアは1位のNokiaが32.6%。2位のMotorolaはRAZRが好調でシェアが18.7%に拡大し、3位のSamsungとの差を広げ、日本での販売台数は1130万台で前年同期比0.6%の微増。W-CDMA携帯の販売が初めてPersonal Digital携帯(PDC)の販売を上回り、国内販売全体に占めるPDCの割合は42.8%となったと報告している。詳細情報はURL(http://www.gartner.com/press_releases/asset_140235_11.html)で知ることができる。Arab Advisors Groupは2005年11月27日に、オマーン公国のOmantelが成功した部分的な民営化と、第2の携帯電話サービス事業への進出の後に、オマーン公国のテレコミュニケーション市場は、来たるべき2年後で更なる自由化の機が熟すと予測し、オーマンの総携帯電話サービス事業収入が2005-2009年の期間は6.5%のCAGRで成長して、2009年にUS$5億8200万と予測した。オマーンの携帯電話サービス事業は、第2の携帯電話サービス事業(Nawras Telecom)で生き返った。2005年の第3四半期の終わりにNawras Telecomの全加入者は181,422になり、14.8%の市場占有率を確保した。2005年の最初の9カ月の終わりまでには、オマーンの携帯電話サービス事業は既に健全な競争の成果を表し、100万ベンチマークを跳び越して、全体の市場は22.8%へと発展した。この成長は、両方のオペレーターからのかなりの追加の反動であったと報告している。詳細情報はURL(http://www.arabadvisors.com/)で知ることができる。米国のGAO(Government Accountability Office/米国政府監査機関)は2005年12月1日に、米軍の携帯無線のバンドとの潜在的スペクトル干渉についての報告書「Potential Spectrum Interference Associated with Military Land Mobile Radios. GAO-06-172R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-172R)で知ることができる。TCA(Telecommunication Carriers Association/電気通信事業者協会)は2005年12月7日に、11月末までの携帯電話/IP接続サービス/PHS/無線呼び出し契約数統計を公開し、NTTドコモが純増数で20,400件、KDDIが283,200件、KDDIツーカーが-146,900件、ボーダフォンが57,000件で、全体では0.4%増という停滞感がある結果であったと報告した。詳細情報はURL(http://www.tca.or.jp/japan/database/daisu/yymm/0511matu.html)で知ることができる。ABC Newsは2005年12月14日に、ノルウェーの国営テレビ放送局NRKの視聴者が携帯電話で音楽番組「Svisj」を指定し、キーを押すことによって次の音楽を選ぶことができるインタラクティブ機能実験をスウェーデンのLM Ericssonと共同で6週間実験を行っていると報告した。利用するには事前に携帯電話へ専用のアプリケーションをダウンロードし、視聴者同士でチャットしたり、またテキストメッセージでホストとコミュニケーションをすることもできる。NRKはスウェーデンのLM Ericssonは2005年4月には、56マイルのスキーレースをライブで携帯電話に提供したこともあり、ヨーロッパで携帯電話の最先端実験を行っている。詳細情報はURL(http://abcnews.go.com/Technology/wireStory?id=1406828)で知ることができる。NRKの「Svisj」についてはURL(http://www.nrk.no/programmer/tv/svisj/)で知ることができる。PaidContent.orgは2006年7月5日に、Cisco社がLinksys社、Scientific-Atlanta社、Kiss Technology社を買収したことから、現在デジタル・ホームに対する焦点の当て方の戦略を大きく変更してきていると報告した。Cisco社は、ホーム・ネットワーク戦略を実現させるために、コンテンツと著作権映画かゲームを保護するセキュリティ技術へのアクセスを必要としていると分析し、パートナーシップと投資で目標を達成することが良い方法と考えはじめている。KissネットワークでつながれたDVDプレーヤーに関するAkimbo社、DRMのためのWidevine社、TerraPlay社、IndiaGames社、Exent社、Emergent.Related社などを含んだ投資の第3ラウンドとして、US%1550万をCisco社、AT&T社、Blueprint Ventures社による新しい投資が始まると報告している。この投資は最初がUS$425万、第2が1200万と膨らみ、合計でUS$3275万になっている。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/akimbo-closes-155-million-third-round-cisco-att-blueprint-ventures-are-new-investors)で知ることができる。