原子間力顕微鏡

Atomic Force Microscop


分子レベルでの観察が可能な、生物分野だけでなく工業分野などでも幅広く利用されている顕微鏡の総称。レンズを覗いて観察する光学顕微鏡と比べ数100倍以上の分解能を持ち、観察の方法は、カンチレバー(片持ち梁)の先についたプローブ(探針)で非常に小さな力でサンプルをなぞり、表面の凹凸にあわせてたわむカンチレバーにレーザー光を当て、たわみの状態を検出することによって表面形状をとらえることができる。サンプルの原子とプローブ先端の原子が近づくと、原子同士が接触するかしないかの微妙な状態で原子間力といわれる力が働き、この原子間力を利用してサンプルを観察しているため原子間力顕微鏡と呼ばれている。オリンパスは2004年4月14日に、知的基盤整備事業の一環として経済産業省からの委託により、金沢大学理学部物理学科の安藤敏夫教授の研究成果をもとに生命科学の先端研究向けとして、世界で初めて生きたタンパク質を1分子の単位で動画観察することができる「高速原子間力顕微鏡」を開発し、2004年5月10日から受注販売を開始すると発表した。動画は240nm四方を観察した場合、1秒間に12.5フレームの撮影が可能である。詳細情報はURL(http://www.olympus.co.jp/jp/news/2004a/nr040414afmj.cfm)で知ることができる。