言語関連のURL


●インターネットの言語学的多様性の測定レポートがある「Measuring Linguistic Diversity on the Internet」のURL(http://unesdoc.unesco.org/images/0014/001421/142186e.pdf)
●UNESCOが公開している、世界各地に多くの危険にさらされた言語を集められた情報をマルチリンガルで公開している「Interactive Atlas of the World's Languages in Danger of Disappearing online(消えていく危険性のある言語アトラスをオンライン)」はURL(http://portal.unesco.org/ci/en/ev.php-URL_ID=7856&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html)
●「Interactive Atlas of the World's Languages in Danger of Disappearing online」で公開しているアフリカ大陸の地図からの利用可能なオンライン「map of the African continent」のURL(http://portal.unesco.org/ci/en/ev.php-URL_ID=8048&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html)
●ラテン語のfractus、ラテン語の過去分詞frangereなどから、後生ラテン語断片であるfractio(壊れる)が生まれ、中世英語 fracciounが誕生し、インドヨーロッパ語族のルーツはbhreg(壊れる)から来ているなど、中断したり断片かするなどによって単語が生成されてきていることから、インドヨーロッパ語族である英語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語のルーツを視覚化し、ツリー形式で表示してくれる「Visual Thesaurus Version 3.0」があるURL(http://visualthesaurus.com/?w1=fractious)
●Eleanor Vandevort(宣教師および研究者)によって1949年と1963年の間に南スーダンで記録された、人類学者、地理学者および社会学者にとって重要な資料として注目されている言語フィールド・ノート「Nuer Field Notes」があるURL(http://www.dlib.indiana.edu/collections/nuer/)
●Dundee Universityが公開したオールド・スコティッシュなど、スコットランドの言語に関する全12巻のスコットランド言語辞典と10巻のScottish National DictionaryがあるURL(http://www.dsl.ac.uk/dsl/)
●George Mason Universityが公開したSpeech Accent ArchiveのURL(http://classweb.gmu.edu/accent/)
●大英図書館(British Library)が音付きで公開している北イングランドのアクセントと方言情報がある「English accents and dialects」のURL(http://www.collectbritain.co.uk/collections/dialects/)
●世界の会話(afrikaans語/agny語/albanian語/amharic語/arabic語/armenian語/bafang語/baga語/bambara語/bamun語/basque語/bengali語/bosnian語/bulgarian語/cantonese語/czech語/danish語/dari語/ebira語/edo語/english語/ewe語/fang語/fanti語/farsi語/finnish語/french語/frisian語/georgian語/german語/greek語/gujarati語/gusii語/hebrew語/hungarian語/igbo語/indonesian語/italian語/japanese語/kannada語/khmer語/kirghiz語/kiswahili語/korean語/krio語/kurdish語/lao語/latvian語/lithuanian語/malayalam語/mandarin語/mandingo語/marathi語/mauritian語/mongolian語/nepali語/norwegian語/oromo語/polish語/portuguese語/punjabi語/quechua語/romanian語/russian語/sardinian語/sarua語/serbo-croatian語/sicilian語/sinhalese語/slovak語/somali語/spanish語/swedish語/synthesized語/tagalog語/taishan語/taiwanese語/tatar語/thai語/tibetan語/tigrigna語/turkish語/twi語/urdu語/uyghur語/uzbek語/vietnamese語/wolof語/zulu語)アクセントのアーカイブがある「Speech Accent Archive」のURL(http://classweb.gmu.edu/accent/)
●Educational CyberPlayGroundが提供しているLinguistics情報があるURL(http://www.edu-cyberpg.com/Linguistics/Home_Linguistics.html)
●The Online Magazine for International Literatureが提供している世界中の言語情報「Words Without Borders(国境のない言語)」のURL(http://www.wordswithoutborders.org/)
●Alan M. Taylorが構築した不明確で不明瞭な英語9000語以上を登録した言語啓発サイト「Luciferous Logolepsy」のURL(http://www.kokogiak.com/logolepsy/)
●HLT(Human Language Technology) NAACL(North American Chapter of the Association for Computational Linguistics) Conference/人間言語技術会議) 2003のURL(http://www.sims.berkeley.edu/research/conferences/hlt-naacl03/)
●オンライン語源学事典「Online Etymology Dictionary」のURL(http://www.etymonline.com/)
●古代ギリシャ語やラテン語の教育用プロジェクト古代言語資料館(Classical Language Instruction Project)のURL(http://www.princeton.edu/~clip/)
●古代ギリシャ語文法について解説しているK.U.Leuven, Department of Classical StudiesのMARC HUYSの「Greek Grammar」があるURL(http://perswww.kuleuven.ac.be/~u0013314/greekg.htm)
●米国の言語学者のメーリングリスト「Ask A Linguist」のURL(http://linguistlist.org/~ask-ling/)
●世界には2,796言語があり、その言語を使って全世界の5,720,000,000人に挨拶できる情報があるURL(http://www.ipl.org/div/kidspace/hello/)
●言語関連リンク集「Language Sites on the Internet」のURL(http://pw1.netcom.com/~rlederer/rllink.htm)
●英語の音声と言語に関する情報がある「UCL(University College London) Phonetics and Linguistics」のURL(http://www.phon.ucl.ac.uk/toc/set_eresource.htm)
●テッド・ネーレン(Ted Nellen)の電子図書館「Cybrarian」のURL(http://www.tnellen.com/ted/)
●テッド・ネーレン(Ted Nellen)の電子英語「CyberEnglish」のURL(http://www.tnellen.net/cyberenglish/)
●テッド・ネーレン(Ted Nellen)の電子学校「CyberSchool」のURL(http://www.tnellen.com/alt/)
●イスラエルで作られたマルチリンガル言語ゲーム「Online Multilingual Word Search Game (English / Hebrew / Russian)」のURL(http://www.J.co.il)
●英語のスペルを調べることができる「AVKO Spelling & Dyslexia Research Foundation」のURL(http://www.spelling.org/)
●自国語以外を勉強するインターネット上の語学留学サイト「Language Learning Net」のURL(http://www.language-learning.net/)
●知らない外国語に挑戦!できる「Discovery Language (Foreign Language Instruction)」のURL(http://www.discovery-language.com/)
●英語に関する歴史、書き方、出版などの情報があるURL(http://www.artsci.gmcc.ab.ca/people/einarssonb)
●Ebonic Need Not Be English Ralph W. Fasold, Georgetown UniversityのURL(http://www.edu-cyberpg.com/Linguistics/fasold.html)
●English as a Second LanguageのURL(http://www.edu-cyberpg.com/IEC/esl.html)
●Great Search ToolsのURL(http://www.edu-cyberpg.com/Internet/search3.html)
●Language ArtsのURL(http://www.edu-cyberpg.com/Teachers/dblanguagearts.html)
●Language Arts LinksのURL(http://eduweb.brandonu.ca/BU-Resources/la.htm)
●Linguist ListのURL(http://www.linguistlist.org/)
●Links related to American DialectsのURL(http://www.edu-cyberpg.com/Literacy/resources.asp)
●SpellingのURL(http://www.edu-cyberpg.com/Teachers/dbspelling.html)
●Webgrammer's Language ResourcesのURL(http://www.webgrammar.com/language.html)
●World Wide Words: Exploring the English LanguageのURL(http://www.quinion.com/words/)
●World Wide Words: Links to Other Language WebsitesのURL(http://www.quinion.com/words/wordlinks.htm)
●英語以外の言語に関するデータベースがあるForeign Language DatabaseのURL(http://www.edu-cyberpg.com/Linguistics/flangdatabase.html)
● Language-Learning.netのURL(http://www.language-learning.net)
●東北大学文学部言語学研究室の研究者後藤斉の「言語の多様性と少数言語の権利について」のURL(http://www.sal.tohoku.ac.jp/~gothit/diversity.html)
●東京大学文学部の東洋諸民族言語文化部門「危機言語クリアリングハウス」(ICHEL,The International Clearing House for Endangered Languages)の「危機言語」のURL(http://www.tooyoo.l.u-tokyo.ac.jp/ichel-j.html)
●カーネギーメロン大学の研究者Doug Beefermanが公開している入力されたテキストがどの言語のものかを判定するプログラムStochastic Language IdentifierのURL(http://www.link.cs.cmu.edu/dougb/ident-doc.html)
●オーストラリアのMonash UniversityのJim Breen助教授が中心となって開発している日本語・英語辞書edictのURL(http://www.dgs.monash.edu.au/~jwb/edict.html)
●The Internet Dictionary ProjectのURL(http://www.june29.com/IDP/)
●世界の言語が判るWorld LanguagesのURL(http://emuseum.mnsu.edu/cultural/language/index.shtml)
●世界の言語情報が判るLanguages of the WorldのURL(http://www.sil.org/ethnologue/countries/)
●The Long Now Foundationが実施している1000語のことばを共有するためのプロジェクトRosetta ProjectのURL(http://www.rosettaproject.org)
●英語圏以外の人の英語雑誌TEFL(Teaching English as a Foreign Language) Web JournalのURL(http://www.teflweb-j.org/)
●CGIでモールス記号に翻訳してくれるURL(http://scphillips.com/morse//index.html)
●Javaでモールス記号に翻訳してくれるURL(http://scphillips.com/morse//jtrans.html)
●ボキャブラリーに関する「Vocabulary」のURL(http://www.vocabulary.com/)
●the Shuttleworth Foundationが設立したThe Zuza Software FoundationはTranslate.orgの協力を得て、ブラウザのMozilla上でアフリカのXhosa語やZulu語、Venda語、Northern Sotho語、Siswati語、Tswana語でしゃべる環境を開発したと、AllAfrica.comが2002年10月17日に発表したURL(http://allafrica.com/stories/200210170169.html)
●カナダの国立図書館(National Library of Canada)が公開した、カナダの原住民Naskapiの言語百科事典「Naskapi lexicon」のURL(http://www.nlc-bnc.ca/naskapi/index-e.html)
●イギリスの科学雑誌Natureが2003年11月27日号で、言語の系統樹の分岐年代は、インド‐ヨーロッパ語族の起源がアナトリアであることを裏づけているニュージーランドのオークランド大学心理学部(Department of Psychology, University of Auckland)に所属するRussell D. GrayとQuentin D. Atkinsonの「Language-tree divergence times support the Anatolian theory of Indo-European origin」があるURL(http://www.nature.com/cgi-taf/DynaPage.taf?file=/nature/journal/v426/n6965/abs/nature02029_fs.html)
●米国の方言学会「The American Dialect Society」のURL(http://www.americandialect.org/)
●言語と方言に関する「What is the Difference Between a Language and a Dialect?」のURL(http://www.edu-cyberpg.com/Linguistics/Home_Linguistics.html)

[英語を母国語とする国のESL]
●テキサス大学(The University of Texas)のESLのURL(http://uwc-server.fac.utexas.edu/stu/ESL/index.html)
●ESL StudentsのURL(http://proxy01.aitech.ac.jp/~iteslj/s/)
●great English language ReferenceのURL(http://www.jindagi.com/ref)

[Spanglishに関するURL]
●SpanglishのURL(http://www.xrefer.com/entry/443939)
●SpanglishのURL(http://victorian.fortunecity.com/vangogh/555/Spell/spanglish1.htm)
●Spanglish用語辞典があるURL(http://members.tripod.com/~nelson_g/spanglish.html)
●computer Spanglish用語辞典があるURL(http://hercules.us.es/~jon/spanglist.html)

[米国内の方言関連情報]
●その土地土地の言葉や言い回しを扱った米国方言オンライン事典Playground SlangのURL(http://www.odps.cyberscriber.com)
●方言LINGUISTICS - DIALECT SPEAKERSのURL(http://www.edu-cyberpg.com/Linguistics/Home_Linguistics.html)
●その土地独特の言葉VERNACULARのURL(http://www.edu-cyberpg.com/Linguistics/VERNACULAR.html)
●言語リテラシーのURL(http://www.cyberpg.com/literacy/default.asp)
●リテラシーと方言Literacy and Dialect SpeakersのURL(http://www.cyberpg.com/literacy/dialect.asp)
●地方の言葉を使った歌や踊りなどのURL(http://www.edu-cyberpg.com/culdesac/ReadingModule/domino/_DOMINO_.html)


ネットワーク上の言語関連辞書・事典
ESL
国際英語
ネットワーク上の辞典・事典・辞書・用語解説・用語集
ネットワーク上の辞典リンク集と百科事典
電子図書館
電子図書館/2003年
電子図書館/2004年
電子図書館/2005年
電子図書館/2006年
電子図書館のホームページ
バーチャル書店
デジタル図書館プロジェクト
ブック・オン・デマンド
仮想図書館
モデル電子図書館事業
プロジェクト・グーテンベルグ
The Libyrinth
臨場感図書館・博物館
Libraries Online!
TiARA
ユニバーサル電子図書館
NICHIGAI/WEBサービス
バーチャル書店のホームページ
Europanto
没入方式外国語教育
ブラジル・スラムコミュニティにコンピュータ教室を!
KQML
ニュースピーク
NEW MEDIA VS. OLD MEDIA
EBXA
フランス文化通信省、公共図書館の「ネット化」提言
Denglisch
JEPAX
Project Vidya
デジタル版連邦議会図書館
古くなったMacを学校に寄付する運動
Rosetta Stone Languge Library
国際英語
多言語分散情報検索
C-STAR
Europanto
ニュースピーク
ES@SCHOOL
Glassbook Reader
オンデマンド出版
P/PP(pay per print publishing)
E-keep
TumbleBooks
Bibliotheca universalis
E-BOOKSも全米図書賞対象になったガイドライン
和歌山地域コンソーシアム図書館
ユーロ表記文字のどたばた劇
LookWAYup
OCLC(Online Computer Library Center)
スパングリッシュ
スパングリッシュ用語辞典
DSpace
NIFL(National Institute for Literacy)
オープンソース方式の出版
Singlish
Weblish
Denglisch
LOOKS21/P
ICT(Information and Communication Technology)
Current Cites
Digital Cultural Institutions Project
機械翻訳
MTC(MachineTranslate Communications)
u-Japan構想
明らかにされた読者の目の秘密
言語学出版社フォーラム
地域言語が消えていく
クリスチャンネームの言語変化
言語天文台
国際英語
多言語問診票
欧州言語年
多言語情報サーバー
なずき
ADIOS(Automatic DIstillation of Structure)
英語から、どんどん「-(ハイフン)」が消えている!
世界的(経済・自然)危機は、世界で50の航空会社を殺す!
世界的(経済・自然)危機は、世界で50の航空会社を殺す!