携帯電話着信メロディ

Ringtone>>ring tones>>musical jingles

ケータイ着メロ>>着メロ>>美麗鈴

携帯電話の着信音のことで、携帯電話の機種によって異なるが、一般にこの機能を利用することで、混んだ場所などでも同じような音で混乱が起こらないように、着信メロディを変更し、自分だけの特別な音で着信を知らせるようにできる機能が付いている。「ぽにーてーる」の企画・構成・編集の「ケータイ着メル」双葉社刊には、その操作方法と、最新ヒット曲50曲、人気アーティスト曲100曲、みんなの名曲30曲、特撮&アニメ20曲の合計200曲の登録方法が掲載されている。また、J-POPの最新曲・名曲の着メロをHPと連動し、無料で着メロ情報を提供している不定期のメール・マガジン「着メロ図書館」も注目されるようになっている。
従来最大4和音までの着信メロディでは、楽しい音楽が楽しめないことから、DDI(第二電電/2000年10月1日にKDD、日本移動通信(IDO)と合併し、KDDIになった)、DDI-セルラーグループおよびIDO(日本移動通信/2000年10月1日にKDD、DDIと合併し、KDDIになった)は2000年7月11日に、携帯電話の着信メロディに、世界で初めて16和音を採用することを発表した。今後、2000年7月下旬に発売される、日立製のカラー液晶搭載機で、18種の曲風と9種の音色のアレンジを行え、出荷時にあらかじめ16和音対応メロディが登録されるcdmaOne携帯電話「C309H」を皮切りに、その後順次追加される。
また、NECの着信メロディ配信サービス「N メロディタウン」が16和音対応を表明して、携帯電話向けインターネットサービス「EZweb」から16和音対応メロディをダウンロードすることができるようになる。ヤマハは2000年8月1日から、曲風が選べ、9種類の音色セットや6段階にテンポを変えることもできる着信メロディの配信を開始した。詳細情報はURL(http://www.yamaha.co.jp/news/00072701.html)で知ることができる。
三井物産、ヤマハ、ビーエスアイの3社が共同で2000年9月22日から、最大16音の同時発音に加え、自然音も再生できる携帯電話着信メロディ配信サービス「ヤマハ・スーパーララメロディ」を開始した。ヤマハは2000年11月14日に、台湾のTaiwan Cellular社と提携し、「Melo-Ring美麗鈴」を開始することを発表した。詳細情報はURL(http://www.yamaha.co.jp/news/00111401.html)で知ることができる。
ヤマハは中国のeDongcity社と提携し、2001年1月9日から中国の上海と深センで着信メロディ配信サービスを開始したことを発表した。詳細情報はURL(http://www.yamaha.co.jp/news/01010901.html)で知ることができる。
グローバルメディアオンラインが提供してきた、ダイヤルQ2を使った非会員制インターネット接続サービス「interQ ORIGINAL」は2002年1月22日に、「interQ ぽっきり」は2002年1月21日に撤退した。日本音楽著作権協会(JASRAC)は2002年5月22日に平成4年度定例記者会見を実施し、平成13 年度使用料等徴収額として2001年度に支払われた著作権使用料の総額1,052億8,495万円となり、前年度に比べ1%減となったが、携帯電話の着信メロは前年度の3倍を上回る38億円に達したことを発表した。詳細情報はURL(http://www.jasrac.or.jp/release/02/05.html)または、URL(http://www.jasrac.or.jp/release/02/05_2.html)で知ることができる。
日本音楽著作権協会は2002年5月22日に、2001年度の著作権使用料徴収額を発表し、複合その他で表記された着信メロディや楽曲のダウンロード配信を含む「インタラクティブ送信」の徴収額は対前年比で315%の成長を記録し、40億861万円となった。着メロが占めた金額は38億3100万円で、徴収額の95%を占めたことになる。全体では10%ダウンの1,052億8,000万円であった。詳細情報はURL(http://www.jasrac.or.jp/release/02/05.html)で知ることができる。
ヤマハは2003年1月1日から、中国最大手の携帯電話事業者であるCMCC(中国移動通信/China Mobile Communications Corporation)の地域会社GMCC(広東移動通信有限責任公司/Guangdong Mobile Communications Corporation)で携帯電話向けの着信メロディー配信サービス「美麗鈴(メロリン)」を香港での着信メロディ配信事業立ち上げ時から協力関係にあったiiL社を現地でのパートナーとして、中華曲を中心とした現地ヒット曲の選曲し、解説などを中国語にしてiiL社が運営する着信メロディやゲームを提供する携帯電話サイト「夢飛行(Moffy)」で、和音が1曲2元、単音が1元(約14円)で、携帯電話加入者数は約2,700万人といわれる中国市場で開始したと2003年1月3日に発表した。詳細情報はURL(http://www.yamaha.co.jp/news/2003/03010701.html)で知ることができる。
インフォプラントは2003年1月7日に、iモード上のサイト上に設けたアンケートで2001年12月9日 2002年1月16日実施し、4万8422人から回答を得た調査で、携帯電話ユーザーの半数は着信音を1カ月以内で替えていという調査結果を発表した。詳細情報はURL(http://www.info-plant.com/mobile/030107-056.pdf)で知ることができる。
バガボンドは2003年4月8日に、富士通総研が提供するインターネットリサーチ「iMiネット」の調査パネル中の、15歳から59歳の携帯電話利用者を対象に、電子メールで回答依頼を850件発信し、有効回答629件(有効回答率74.0%)を得た「携帯電話の利用実態と新サービスのニーズ調査」の調査結果の概要として、「着信メロディ」や「待ち受け画面」など、有料コンテンツサービスに現在料金を支払っている利用者は29.8%で、無料コンテンツをここ1か月に利用した人の約半数で、1か月の支払額は1人あたり453円で、女性よりも男性の方が高いという結果を発表した。 詳細情報はURL(http://www.vagabond.co.jp/top/pressr/press/200304082.html)で知ることができる。
オムロンは2003年4月21日に、同志社大学の柳田益造(Masizo Yanagida)教授と共同で、利用者が文章を入力すると、それを基にメロディーが作成され、携帯電話に登録できる着信メロディーを自動作成する新サービス「着つく」を開発したと発表した。詳細情報はURL(http://www.omron.co.jp/press/index.html)または、URL(http://miguel.doshisha.ac.jp/yanagida/yanagida.html)で知ることができる。
大英図書館(British Library)は2003年7月7日に、1955年から収集している世界の動物の鳴き声(British Library Sound Archive Wildlife Collection)から10万件を携帯電話の着信メロディ用に公開すると発表した。詳細情報はURL(http://www.bl.uk/cgi-bin/press.cgi?story=1351)で知ることができる。中国情勢242003/12/03号は「人民網」2003年12月2日付報道として、中国音楽著作権協会がTCL移動の着信メロディに対して起こした著作権侵犯訴訟で、北京迪信通電子通信技術有限公司と協会が協議の結果、協会に対し250万の賠償金を支払うこと、使用していた着メロが正式な使用権を得ていなかったことも認め、著作権侵害にあたる着メロの使用を停止することになったと報告した。詳細情報はURL(http://searchina.ne.jp/)で知ることができる。
イギリスのthe Registerは2004年4月に1000人を対象に実施した携帯電話調査の結果として2004年6月2日に、「Boys love games, girls love ringtones(少年はゲームが好き、少女は着メロが好き!)」を公開し、この3ヶ月で、少年がゲームをダウンロードしたことがあると答えたのは58%、少女は着メロのダウンロードが多く、590万人の半分が着メロをダウンロードしたことがあり、34歳以下では60 70%が着メロをダウンロードしたことがあったと報告した。
また、ボーダフォンの第3世代が遅れたことが起因してか、イギリスの第3世代携帯電話の普及は遅れ、利用者はたった3.7%であったことも報告している。詳細情報はURL(http://www.theregister.co.uk/2004/06/02/mobile_boys_girls/)で知ることができる。
イギリスのmobile Phoneは2004年6月3日に、Ringback Tones Survey Resultsがヨーロッパで初めて、携帯電話における有料コンテンツの調査結果として、「15-49歳のすべての消費者の37%は、よく新しいサービスを予約する」「興味に喜んでお金を払う人は15-24年齢層が最も高く、68%」「お金を払う人で最もポピュラーなMTVと映画では全体で60%」「15-24年齢層の88%がポップ・ミュージック、83%がロックと人気があり、男女別では女性(47%)より男性(53%)の方がわずかに上回ったという情報を公開したと報告した。詳細情報はURL(http://www.moremobile.co.uk/mobile-phone-news/article.asp?a=479)で知ることができる。
米国のBBB(Better Business Bureau)は2004年5月4日に、1997年からの携帯電話の設備/供給/サービスに関する苦情データ「BBB Complaint Data for Cellular Telephone Equipment/Supplies/Services」を公開し、他業界と比較して携帯電話業界は2002年が最低ランクで、2003年が最低から2番目であったと報告した。詳細情報はURL(http://www.bbb.org/alerts/article.asp?ID=511)で知ることができる。
ミシガン大学(University of Michigan Business School)は2004年6月3日に、ACSI(American Customer Satisfaction Index)のプロジェクトとして2004年第1四半期の顧客満足度調査を公開し、携帯電話サービスが下から2番目だったことを報告した。詳細情報はURL(http://www.theacsi.org/press_releases/0604q1.PDF)で知ることができる。
PaidContent.orgは2004年7月6日に、雑誌「Business」のmGainが実施したヨーロッパ市場での2004年5 6月の携帯電話音楽市場調査レポート「The Mobile Music Report For May-June 2004/Business: 170-page report by mGain, for EU」をPDF(1.2M)で公開した。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/reports/mobmusic050604.html)または、URL(http://www.mgain.org/mgain-wp5-D542-delivered3.pdf)で知ることができる。
BillboardとConsectは2004年10月26日に、和音対応の携帯電話向け着信メロディが巨大音楽マーケットになったことから、毎週セールス上位20種類の曲名、アーティスト、前週の順位、ランクイン週数を発表するランキング チャート「Billboard Hot Ringtones」の提供を開始すると発表した。詳細情報はURL(http://www.marketwire.com/mw/release_html_b1?release_id=74905)または、URL(http://www.consect.com/)で知ることができる。
携帯電話を利用した有料コンテンツは盛んになっているが、どのようにユーザーを呼び込むかが大きな問題で、例えばWebの場合は「Google」や「Yahoo!」など、多くのユーザーが利用するサイトの検索結果や、Webサイトの広告などで呼び込むことはできるが、携帯電話の場合は、そのような手法が確立されていないことから、町中にバーコードを掲載し、カメラ付き携帯電話で撮影すると、自動的に呼び込めるなどの手法が多く採用されているが、効果は今のところもう一つで、この手法が確立できれば、ビッグ・ビジネスになることだろう。例えば、すでに多くのユーザーを確保している「着メロ」サイトと共同にすることも一つの手法といえる。フィリピンの野党勢力「TXTパワー」という団体が「アロヨ大統領の選挙違反の証拠」というアロヨが2004年の大統領選で、選管幹部に電話をかけた時の音声を携帯電話の着信メロディを配布するサイト「Hello Garci!」が2005年6月21日に登場し、ダウンロードする人が殺到したが、大統領側は偽物と訴えている。詳細情報はURL(http://www.txtpower.org/)で知ることができる。
もちろんMP3で公開されているのでパソコンでも聴くことができる。Cellular-Newsnなどは2005年7月16日に、エジプトのイスラム教最高指導者の1人アリ・ゴマア(Ali Gomaa)師がアレキサンドリアで行った学生に対する説教の中で、「Such a use is unacceptable because it trivialises the Holy Book, Therefore it is haram,」といい、侮辱的であり、イスラム教義に反するとして、携帯電話の着メロにイスラム教の聖典であるコーランのQur'anic詩を読み上げる声を使ってはならないと述べたと報告した。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/13485.php)または、URL(http://www.timesofoman.com/newsdetails.asp?newsid=17819)または、URL(http://iqna.ir/NewsBodyDesc_en.asp?lang=en&ProdID=23556)で知ることができる。
USA TODAYは2005年7月30日に、作詞作曲家、作曲家、および音楽出版社で組織 されたMobile Technology Considered Music Industry(音楽企業携帯電話技術 研究界)のNew Best Friend BMI(Broadcast Music Inc.)が、携帯電話技術が、歌の販売売り上げ上昇を助けたと言い、昨年のクラシックと新版の着メロを含んで、着メロ販売はUS$2億4500万の販売を誇り、2005年の着メロ販売が US$5億になると予想していると報告した。詳細情報はURL(http://www.usatoday.com/money/advertising/adtrack/2005-07-31-track-cingular_x.htm)で知ることができる。
IFPI(Federation of the Phonographic Industry/国際レコード産業連盟)が2005年7月21日に公開したレポート「Legal music downloads triple in 2005; file-sharers take heed of lawsuits」でも、合法音楽ダウンロードは2004年にUS$336億の販売を記録し、この 5年間で最も良い年で、その背景には、着メロ販売が大きく影響し、さらに「Music videos」、 iTunesなどによる「Music downloads」が引き揚げたと報告している。詳細情報はURL(http://www.ifpi.org/site-content/press/20050721.html)で知ることができる。
InternetNews.comは2005年7月22日に、米国やヨーロッパで着メロが万引きされて、深刻な問題になっていると、「Are Ringtones Being 'Shoplifted'? 」を公開した。ユーザーが着メロを購入するとき、30秒の着メロ断片た視聴できるが、ほぼ40%の携帯電話コンテンツ会社しかプレビューを確保していないため、その視聴音をパソコンにダウンロードし、利用できる着メロに作り替えていると報告し、最近の調査で、万引きされた着メロ被害額はUS$4000万になり、2006年には着メロ被害額がUS$30100万になると予測している。詳細情報はURL(http://www.internetnews.com/security/article.php/3522451)で知ることができる。
米国のM:Metricsは2005年8月29日に、18歳の学生と40歳の大人が使う携帯電話コンテンツの比較レポート「M:METRICS: BACK-TO-SCHOOL WITH READING, RITING, RINGTONES---Measurement firm finds that students are the top consumers of mobile content」を公開し、学生の中の携帯電話ブラウザ使用は7月に8.7%成長し、非の学生と比べて、消費における成長はり2/3の高いレートであったと報告した。詳細情報はURL(http://www.mmetrics.com/press/PressRelease.aspx?article=20050829-school)で知ることができる。
エムレポートは2005年10月18日に、「着信メロディ市場の動向と今後の展望-3」として、2004年の着メロ、着うたなどの調査レポートを発売し、 すでに1,000億円超の着信メロディ市場は2004年に前年比6.0%増となる1,167億円になったと報告し、「着うた」「着うたフル」市場は急成長して200億円規模に拡大し、2009年までの市場予測を発表した。詳細情報はURL(http://www.m-report.net/)で知ることができる。
Cellular-newsは2005年11月9日にWomen Telephiaのレポートから、2005年第3四半期の着メロ購入者は男性を大きく引き離して、男性による購入が31%であるのに対し、女性が69%になったと報告した。また、全体として携帯電話ユーザーの 9%以上は、最終四半期の間に着メロを購入し、シニア・プロデュース・マネージャーのBrian Monighettiは、「着メロは、携帯電話ユーザーに個人の個性化を提供し、携帯電話は日常的なアクセサリーになりました、そして、消費者は彼らの装置で個性をする創造的な方法を探しています。
着メロを求める強い要求は、音楽が生み出すそういう特徴的な個性を示します。」と解説している。最も着メロに人気がある購入者は、人口統計学による若い年齢という考え方から変化し、Gwen Stefaniの「Hollaback Girl」の着メロを購入した人々の51%が25-34才で、18-24才は40%で、夏にヒットしたThe Pussycat Dollsの「Don't Cha」は18-24才が29%で、25-34才は59%、Bow Wow & Omarionの「Let Me Hold You」と50 Centの「Just A Lil' Bit 」の着メロの購入者は、ほとんどが18-24才の若者の間で人気があった。マライア・キャリー(Mariah Carey)の「We Belong Together」は人気があって、18-24才で38%、25-34才で36%とほぼ同割合であったと報告している。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/14743.php)で知ることができる。
Skype Technologies SA社は2006年4月25日に、2006年1月30日にWarner Music Groupが発表していたSkypeと共同で実施する音楽配信に関して、IP電話向けの着メロを配信するために大手音楽会社とライセンス契約を結んだと発表した。詳細情報はURL(http://www.marketwire.com/mw/release_html_b1?release_id=107824)で知ることができる。
米国のNPDグループは2006年9月11日に、米国で携帯電話の着信メロディーを2006年7月に購入した人にジャンルを聞いたところ、23%の人が「ヒップホップ・ラップ」、「ロック」(17%)、「リズム&ブルース」(13%)、「ポップス」(11%)の順だったと報告した。詳細情報はURL(http://wireless.npd.com/news091106.html)で知ることができる。
Moco Newsは2007年12月15日に、一時期隆盛を誇った着メロ配信企業が利用者の急減で経営が怪しくなっていると報告した。
SeattlePIのレポートによれば、シアトルでスペイン系音楽の着メロを配信していたBlue Frog Mobile社は、約55人の従業員を解雇し、スペイン系の音楽チャンネルBullaTVの配信を中止した。
BlueFrog社は、縮まっている着メロ事業から、次世代事業展開として双方向テレビ・サービスに移行しようとしていると報告した。
今回の解雇は、大多数がメキシコとフィリピンでの会社経営で行き詰まって起こり、シアトル本部のスタッフは半分以上が削減された。
BlueFrog社は、新規にシアトルで10人、シアトル以外の世界で235人を雇い入れる計画で、今回の騒動について最高経営責任者のビクタ・シーゲル(Victor Siegel )は、無計画と情報通信業界からの厳しい競争が米国スペイン系市場にあるからだと指摘している。
BlueFrog社のパートナーでUS$1600万を投入した最大の投資家役員のMaha Ibrahim of Canaanも辞任した。詳細情報はURL(http://www.moconews.net/entry/419-trouble-at-bluefrog-cuts-55-employees-board-member-investor-resigns/)または、URL(http://seattlepi.nwsource.com/business/343654_bluefrog15.html)で知ることができる。
Moco Newsは2008年4月28日に、Orange Digital Media Indexについてthe Guardianがレポートし、よし精巧なモバイル機器へ消費者が移動し、着メロと壁紙がイギリスのモバイル・ユーザーの間で急速に衰退していると書いていると報告した。
消費者は、ますます携帯電話機をカメラ付きに買い換え、壁紙より、自分で撮影した画像を利用するようになっている。
Orangeの1560万人の顧客で壁紙をダウンロードしたのはわずかに3%で、着メロはさらに落ち込みがすごく、14.5%から1ヶ月あたり117,000〜100,000になった。
また、音楽はフル・バージョンのダウンロードが増え、2008年12月には29万のダウンロードになった。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9607)で知ることができる。

[携帯電話着信メロディ関連のURL]
●アスクのハイブリッド版携帯電話着信メロディ編集ソフト「着メロ編集王」のURL(http://www.ask-digital.co.jp/)
●「@Melody(アットメロディ)着メロなんでもステーション」のURL(http://www.interq.or.jp/www-user/blossom/melo/index.html)


世界で初めて16和音着信メロディに対応したcdmaOne携帯電話「C309H」
cdmaOne携帯電話「C309H」の総合案内ページ(2000年7月12日現在)
産業革命当時、太陽の熱で蒸気機関を動かし、印刷する実験風景
ラテンアメリカのワイヤレス予測
中国語で表示された着メロ受信画面
韓国と日本の無線インターネット接続市場
日本の携帯電話ユーザーと「iモード」コンテンツの種類
西欧の一般電話と携帯電話
2001年アジアの携帯電話事情
米国における母親と父親の携帯電話使用頻度
南米での無線政策に関するNancy J. Victoryのスピーチ(2001年11月26日)
DisplaySearchが2001年12月20日に公開した世界の携帯電話市場調査
「interQ ORIGINAL」「interQ ぽっきり」撤退リリース
保険会社の英Direct Line社が公開した「Mobole Phone Report」
JASRACの平成4年度定例記者会見
JASRACの平成13 年度使用料等徴収額
米国の博物館と図書館レポート2002
ARSが2002年4月1日に公開した米国の携帯電話の価格情報
ARSが2002年5月28日に公開した米国のPCカードのマーケット情報
日本音楽著作権協会の2002年5月22日リリース
日本音楽著作権協会の著作権使用料徴収額
ヤマハの美麗鈴の携帯電話画面例
インフォプラントが2003年1月7日に公開した着信音リサーチ結果
経済産業省の2001(平成13)年度におけるエネルギー需給実績(速報)について
GAOがFCCによる年報に求めた、携帯電話の品質による調査レポート
大英図書館が2003年7月7日に発表したリリース
Parks Associatesの携帯電話白書
JASRACが2004年4月6日に公開した「JASRACの依頼と偽った架空請求について」
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジンを開発したJohann Criessen
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン図
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン室
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン船
Illustrirte Zeitung1853年6月25日に掲載された米国で開発されたミシン
Illustrirte Zeitung1853年6月25日に掲載されたミシンの糸巻き器
Illustrirte Zeitung1853年11月19日に掲載されたファラディーの機器
BBBが2004年5月4日に公開した携帯電話の設備/供給/サービスに関する苦情データ
ミシガン大学が2004年6月3日に公開した2004年第1四半期の顧客満足度調査結果
2004年5 6月の携帯電話音楽市場調査レポート
着メロランキング チャート「Billboard Hot Ringtones」開始のリリース
txtpowerの「Hello Garci!」
Hello Garci!
IFPIのレポート「Legal music downloads triple in 2005; file-sharers take heed of lawsuits」
M:Metricsは2005年8月29日に公開したリリース
Warner Music Group社が2006年1月30日に発表した音楽配信に関する発表

着うた
セカバン
BGMコール
キモチ分析トークサービス
携帯電話百科事典
携帯マンガ
携帯電話とPHSに関するURL
携帯電話
セルラー
デジタル・セルラー
GSM
通信衛星
PHS
デジタル携帯電話
Wireless Application Protocol
ACTS
XIWT
MNCRS
Phone Doubler
WAP Forum
Bluetooth
モービル・コンピューティング
ioxデジタル・コードレス・システム
DECT
PACS
パーソナル・マルチメディア通信サービス実験
P×P
GSM規格
PDC(Personal Digital Cellular)
PCS(Personal Communication Services)
DAMPS
ISM band
ETACS
NAMPS
TACS
AMPS
NMT(Nordic Mobile Telephone)
CDMA
TDMA
セルラー
FPLMTS
USDC
DVB
デファクト・スタンダード
CT-2
携帯電話の周波数
MOBE
ナテルD
光真北計
BS
運転中の携帯電話使用で事故
広域災害救急医療情報インフォメーション
クレジットカード利用による国際電話サービス
サイバーレート
WWWブラウザ搭載携帯電話
cdmaOne
Com.plete
SAWフィルター
データ通信専用料金体系
イリジウム計画
衛星携帯電話
WAP Forum
Vi Va Vo
ジョグダイヤル
PastView-Mobile
太陽電池計画
スーパーchirp方式
画像デフォルメ技術
フォト・モンタージュ
ASTRO-NT
コンパクトHTML
バリ3
NTT DoCoMo R&Dセンター
携帯電話やPHS、ポケットベルの迷惑発着信
トライリニアCMOSイメージ・センサー
道路トンネル情報通信基盤整備協議会
圏外君
レンダリング・エンジン
アンテナ共用器
Nilesat
Handy-Karte
Intel FLASH
DataScope
MHTML(Multilingual HTML)
MHTML(MIME Encapsulation of Aggregate HTML Documents)
通信衛星事故
通信の秘密の判例
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
テレッシュ
ブックマーク
DTM(Deutsche Telecom Mobil GmbH)
国際ワイヤレス/モバイルソリューション展
国際ワイヤレス/モバイルソリューション展
Kansai MediArchive
手回し充電器
WML
シティフォン
PHS-ODS
ベアラ識別転送機能
ベルからメール
セレクフォン
電磁波用警報機
IrDA
ANSER-WEB
microdrive
PICASSO
自画像シール
T-Online
WAP Forum
Europe★Star
プリペイド携帯電話
DigitalDNA
ドコモ環境憲章
@nifty
AirPort
デスクトップ・モバイラー
携帯ボディガード
携帯電話の留守番電話サービス
携帯電話やPHS使用制限の指導
ヤマハ メロっちゃ!
携帯電話ショートメール・ウイルス
花力発電
ESM
ヤマハ・スーパーララメロディ
Modo
WAPの地獄
Kクリ
ポケットベルが消えた日
室内無線通信用レーザー・レーダー・システム
SIMカード
モバイル・インターネット・プロジェクト
M-Services
ボイコレ
ダイバシティ
ハンド・オーバー
Wireless Security Auditor
MOVE
DECT
Motorola iBoard
ヘリオス
16メロミックス
Meta Pad
TD-SCDMA
方位磁針センサーチップ
聯通新IT
日本音楽著作権協会
日本着信メロディ研究所
固定電話と携帯電話の「接続論争」
PF(PowerFilm)
モバイル・ワーク
エントロピー
情報エントロピー
ウイルス作成罪
有料コンテンツ
待ち受け画面
インターネット隔離
ITEM(Technical Information on Electromagnetic waves)
ローカリティ
恐竜関連ホームページ
動物関連ホームページ
鳥関連ホームページ
昆虫関連ホームページ
海や川などの生物関連ホームページ
その他の生物関連ホームページ
電車内携帯電話利用統一ルール
携帯電話ビデオ・オン・デマンド
携帯電話不正利用防止法
携帯電話コンテンツ・ダウンロード・サービス
Opera Mini for Mobile
音楽配信元年
音楽配信
音楽配信-2001年
音楽配信-2002年
音楽配信-2003年
音楽配信-2004年前半
音楽配信-2004年後半
音楽配信-2005年
音楽配信-2006年
音楽配信-2007年
紙ジャケCD
Skype
モバイル・コンテンツ・クリエーターのための4つのプライオリティ定義
無料の無線LANインターネット接続サービスを許可する前に!
コンテンツ・スナック
CRI(Customer Respect Index)
Lマーク