携帯電話機械翻訳


携帯電話で日本語と韓国語や中国語など、他言語表示が可能になった場合に登場する、携帯電話に届いた海外からのSMSなどをコンテンツ・プロバイダの提供する多言語情報サーバーに接続することで翻訳してくれるサービスの総称。携帯電話のローミングサービスが増え、海外の展示場などでも携帯電話が利用できるようになっていることから、展示場などで言語が通じない場合などに、携帯電話にそれぞれの言語で用件をSMSで受け取り、そのまま多言語情報サーバーに接続し、翻訳することでコミュニケーションが可能になる。もちろん携帯電話であることから、翻訳された言葉を音声で聞くこともできるようになる。コネクト・ワンは2006年4月18日に、「Skype」の三者同時通話システムを応用したインターネット通訳システムを開発し、2006年3月より試験サービスを開始したと発表した。詳細情報はURL(http://www.connect-one.co.jp/)で知ることができる。