携帯電話SMSニュース配信サービス


携帯電話のSMS機能を利用して、ニュースを配信するサービスの総称。160charactersは2004年2月11日に、ABC NewsがTelenor Mobile Interactiveを利用して、携帯電話のpremium SMSでニュースを配信するサービスを有料(月額US$1.99)で開始した。米国では同様のサービスをAT&T WirelessとT-Mobileがすでに、大手メディアが参加したことで、今後さらにCingular社、Verizon社、Sprint社、Nextel社、Alltel社なども参入することになっている。詳細情報はURL(http://www.160characters.org/news.php?action=view&nid=949)または、URL(http://abcnews.go.com/sections/wireless/DailyNews/Wireless.html)で知ることができる。米国のBBB(Better Business Bureau)は2004年5月4日に、1997年からの携帯電話の設備/供給/サービスに関する苦情データ「BBB Complaint Data for Cellular Telephone Equipment/Supplies/Services」を公開し、他業界と比較して携帯電話業界は2002年が最低ランクで、2003年が最低から2番目であったと報告した。詳細情報はURL(http://www.bbb.org/alerts/article.asp?ID=511)で知ることができる。ミシガン大学(University of Michigan Business School)は2004年6月3日に、ACSI(American Customer Satisfaction Index)のプロジェクトとして2004年第1四半期の顧客満足度調査を公開し、携帯電話サービスが下から2番目だったことを報告した。詳細情報はURL(http://www.theacsi.org/press_releases/0604q1.PDF)で知ることができる。携帯電話を利用した有料コンテンツは盛んになっているが、どのようにユーザーを呼び込むかが大きな問題で、例えばWebの場合は「Google」や「Yahoo!」など、多くのユーザーが利用するサイトの検索結果や、Webサイトの広告などで呼び込むことはできるが、携帯電話の場合は、そのような手法が確立されていないことから、町中にバーコードを掲載し、カメラ付き携帯電話で撮影すると、自動的に呼び込めるなどの手法が多く採用されているが、効果は今のところもう一つで、この手法が確立できれば、ビッグ・ビジネスになることだろう。例えば、すでに多くのユーザーを確保している「ニュース」サイトと共同にすることも一つの手法といえる。Pew Internet & American Life Projectは2006年3月22日に、米国でインターネットを使ってニュースをチェックしているユーザーは、米国の3011人を対象として2005年12月に実施した調査によれば、2005年末の時点で全ユーザーの35%に当たる5000万人に達し、ニュースをチェックする媒体としてインターネットを挙げたユーザーは全体の23%で、ブロードバンドユーザーに限ってみると、筆頭はテレビ(地元向け放送)の57%だが、インターネットを挙げたユーザーは43%になり、地方紙38%、全国紙17%を上回り、テレビ49%、ラジオ49%に迫る勢いとなっていると報告した。詳細情報はURL(http://www.pewinternet.org/PPF/r/178/report_display.asp)で知ることができる。米国のMotorola社は2007年4月4日に、モバイル事業者のためのモバイル情報サービス「Express News」の最初のサービス利用者は中国モバイル(China Mobile)になったと報告した。このサービスは、Motorola社の携帯電話「MOTOKRZR K1」「MOTORIZR Z3」「MOTOSLVR L71」モデル向けに提供され、Express Newsサービス実験ではMotorola社のSCREEN3技術を利用する。詳細情報はURL(http://www.motorola.com/mediacenter/news/detail.jsp?globalObjectId=7991_7918_23)または、URL(http://www.webwire.com/ViewPressRel.asp?aId=31351)または、URL(http://www.chinatechnews.com/2007/04/05/5214-motorola-offers-china-mobile-news-service-on-handsets/)で知ることができる。この技術は、クライアント側でユーザーが利用する時間がたつにつれてニュース内容を個々の好みに基づくように配信される。また、サービスの一部として「Express News」は自動的に受話器に提供されて、表示された内容をリフレッシュするいわゆる「smart synchronization」同期機能も特徴としている。Motorola社のSCREEN3技術詳細情報はURL(http://www.motorola.com/mediacenter/news/detail.jsp?globalObjectId=6147_6105_23)で知ることができる。
2008年6月18日にCenter for Media Researchは、Strategic PlanningのSVPであるアナリストEllen A. Romerのレポートからの情報として、世界中で使用されている携帯電話は27億になったと報告した。
2001年1月から2010年12月の10年間で、世界の社会で13%から70%へと携帯電話所有者が急増している。
これと比較して、世界中には8億5000万台のパソコン、13億台の固定地上通信電話、および15億台のテレビがあると報告している。
レポートは、30カ国が2006年の第1四半期で既に、一人当たり100%の携帯電話を超えたことに注意している。
その同じ年に、米国では約2億4,100万人の携帯電話ユーザーがいて、約80%が一人当たり1台の携帯電話を使用していた。
2008年4月にSimmons New Media Studyがリリースされ、米国で消費者の中で異なったモバイル機能の用法を比較している。
過去30日間で携帯電話を使用した人の59%は頻繁にテキストを通信させ、49%は写真を撮りま、2%未満はモバイルで買い物をし、そして5%未満はモバイルGPSを使用した。
*過去30日間の携帯電話活用法
Text messaging(テキスト通信)---59%
Downloaded ring tones(着メロ・ダウンロード)---17%
Taken photos(写真撮影)---49%
Taken videos(ビデオ撮影)---13%
Downloaded music(音楽ダウンロード)---7%
Played video games(ゲームを楽しんだ)---14%
Accessed Internet(インターネット)---19%
Accessed GPS position(GPSで場所を確認)---5%
Streamed video(ビデオを見た)---3%
E-mailed(電子メール)---20%
Shopped(ショッピング)---2%
Banked(バンキング)---6%
Source: Simmons New Media Study, April 2008
グローバルな携帯電話ユーザーの約2/3、約18億人が活発なSMSテキスト・メッセージング・ユーザーである。
*グローバルな電子メールの活発なユーザーの倍のがSMSの活発なユーザーである。
*米国では、2007年に約3000億のテキスト・メッセージを送った。
*SMSは平均15分以内に読まれ、60分以内に返信した。
*電子メールの65%はスパムで、SMSの10%未満はスパムであった。
*19%のテキスト送信者は、同僚とのコミュニケーションの手段としてテキスト・メッセージングを使用すると言った。
*62%は、彼らの友人とのコミュニケーションに使用し、55%がその他の大切な人とのコミュニケーションにテキスト・メッセージングを使用すると言った。
ここで面白いのは、電子メールの65%はスパムで、SMSの10%未満はスパムであったと報告していることで、クラッカーはこのような情報に敏感である。
5ポイントのスケールのレポートによると、テキスト・メッセージングを使用する28%の消費者が、情報入手の非常に重要な源であるとみなした。
37%はコミュニケーションの非常に重要な源であるとみなし、21%はエンターテインメントの重要な源であるとみなした。
継続的な技術革新は、より大きいスクリーンと、より多くのストレージが音楽と映画のためにモバイル用法が増強され、多くのサービスを追い立て続けそうで、モバイルはPCと同じくらい多機能になりとレポートには書かれている。
改良された表面検出/イメージの安定化と、低い光でのモバイルカメラの継続的な増進は速く、基本的なモバイル特徴として、モバイルカメラのすべてで貢献する。
また、アップル(Apple)社のタッチ・ベースのユーザーインタフェースへの破壊的な革新は、ますます携帯電話で標準化される。
Ellen A. Romerは、モバイル利用法の急騰とモバイル・サービス用法の同時発生の拡大は、どのマーケティングでも強力な新しいチャンネルを創造し、宣伝して、広告メッセージはパーソナライズされて、個別に消費者へ送ることができると結論を下した。
immons New Media Studyによると、1週間あたり少なくとも1時間オンラインである消費者の3分の1以上は触知できる誘因があれば、モバイルを通して広告を受け取ることに関心があると、自分たちを評定している。詳細情報はURL(http://blogs.mediapost.com/research_brief/?p=1731)または、URL(http://www.experian.com/)またEllen Romerのフル・レポート「U.S. Closing Mobile Usage Gap」は登録することによって、URL(http://www.smrb.com/study/default.aspx?c=Media+Post%3a+Mobile)でダウンロードできる。
これまで言われてきたことをまとめた結果といえる。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10106)で知ることができる。