クリックインカム問題


広告を見て読者がクリックすれば1クリック当たり20円のマージンが電子メール・マガジン発行者に入るという「クリックインカム」は、広告がなかなか思うようにとれない中小の電子メール・マガジン発行者にとって非常に魅惑的だったため、電子メール・マガジン発行システム「まぐ まぐ」から「クリックインカム」に移行する電子メール・マガジンが続出した。しかし、電子メール・マガジン発行者は充分な周知期間をおかずに、「まぐ まぐ」で取得した購読者アドレス一覧をそのまま「クリックインカム」に移行したり、システムが移行したにもかかわらず、電子メール・マガジン解除の方法を明記していなかったため、読者は「まぐまぐ」のサイ トで購読を解除しようにも、解除できないという事態まで発生した。詳細情報はURL(http://www.yomimono.com/bbs1/bbs.cgi)で知ることができる。この問題を重視した「快適インターネットのためのMy Internet Life」では1999年2月3日から25日までインターネットを利用したアンケート調査を実施した。また、「まぐまぐ」の対応についての詳細情報はURL(http://www.mag2.com/misc/19990226matome.htm)で知ることができる。「あるあるネット」と「クリックインカム」は、2000年4月24日に「 melma!(メルマ)」として生まれ変わった。 melma!ではメールマガジン総合会報誌「melma! flyer (メルマフライヤー)」を発行している。詳細情報はURL(http://www.melma.com/)で知ることができる。

[「快適インターネットのためのMy Internet Life」の関連URL]
●アンケートで寄せられた声の一部があるURL(http://www.kaiteki-net.com/voice.html)
●クリックインカム騒動の本質(Opinion)があるURL(http://www.kaiteki-net.com/opinion.html)
●メルマガが解除できなくて困っている方への処方箋があるURL(http://www.kaiteki-net.com/assistant.html)