クイックキャスト


NTTドコモが提供していたポケットベルの名称。NTTドコモは2000年12月19日に、「ポケットベル」というサービスのブランド名を中止して、「クイックキャスト」に変更した。詳細情報はURL(http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/00/whatnew1219a.html)で知ることができる。しかし、携帯電話の登場で、ポケットベルの市場はは1996年6月に全国で649万4000件の契約があったがその後も減り続け、2002年9月末には70万9000件と市場は衰退したが、付加価値を付けることで新しいマーケットに対応させることも可能であることから、2002年10月28日に携帯電話、衛星携帯電話、PHSと共に見直しを始めることを発表した。2003年1月6日から、「クイックケー」「クイックドゥ」「クイックジー」「るすベル」「メッセージ再送サービス」「ベルからメール」「親子ベル」「えらベルマルチ」などの展開を開始する。ただし、NTTドドコモのPHSで手書きの文字やイラストの送受信ができるサービス「パルディオIメール」と、お天気情報やIメール用のイラスト等を提供するサービスである「情報提供サービス」は2003年4月1日で廃止される。詳細情報はURL(http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/02/whatnew1028.html)で知ることができる。日本経済団体連合会(日本経団連)は2003年12月16日に、2004年版経営労働政策委員会報告「高付加価値経営と多様性人材立国への道」(概要)−今こそ求められる経営者の高い志と使命感−を公開した。詳細情報はURL(http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2003/123.html)で知ることができる。