牛肉トレーサビリティ法/2005年

牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法の動向/2005年

米国牧畜業者牛肉協会のJim McAdamsが2005年10月24日に、日本への不満をぶち上げ、米国のカーボーイ議員は日本への政治圧力を加え、食品安全委員会は2005年12月10日に月齢20カ月以下の牛に限れば、脳や脊髄(せきずい)といった危険な部位を取り除くことで国産牛並みの安全性が保たれると結論を出し、全頭検査を否定して米国牛肉の輸入を指示しました。

>> さらに詳細な情報はこちら


厚生労働省が2005年3月8日に公開した「牛海綿状脳症(BSE)の検査結果について」
厚生労働省が2005年3月8日に公開した「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の感染ルートの調査結果を踏まえた献血に係る対応等について」
変異型クロイツフェルト・ヤコブ病に関するQ&A(アップデート)
GAOが2005年3月15日に公開した、狂牛病の検査見落としに関するレポート
厚生労働省が2005年3月23日に公開したBSE検査結果報告
厚生労働省が2005年3月27日に公開したBSEの牛吐血論を出したリリース
USTRの2005年貿易障壁報告書
USTRの2005年貿易拡大販売促進権威議会レポート
厚生労働省が2005年4月9日に公開した「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)」報告
厚生労働省が2005年4月13日に公開した「海綿状脳症(BSE)の検査結果について」
変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の診断及び二次感染の防止に係る留意事項等の周知について
厚生労働省が2005年5月13日に公開したOIE/BSEコード改正案に対するコメント
2005年5月13日現在の世界のBSE発生状況(OIE)
牛海綿状脳症(BSE)等に関するQ&A
GAOが2005年3月15日に公開した、食品安全活動の見落としに関するレポート
米国及びカナダにおけるBSE対策に関する現地調査結果報告
厚生労働省が2005年6月2日に公開した「牛海綿状脳症(BSE)確定診断の結果について」
厚生労働省が2005年6月6日に公開した「牛海綿状脳症(BSE)確定診断の結果について」
USDAが2005年6月24日に公開したリリース
厚生労働省が2005年7月5日に公開したと畜場法施行規則の一部改正について
厚生労働省が2005年7月5日に公開した牛海綿状脳症対策特別措置法施行規則の対象を1ヶ月以上に改正した情報
イギリスの漫画雑誌Punchに登場した政治家を風刺するMad Bull
厚生労働省が2005年9月13日に公開した「牛海綿状脳症対策基本計画の変更案」
厚生労働省が2005年9月22日に公開した「伝達性海綿状脳症検査実施要領」
GAOが2005年11月9日に公開した、狂牛病テストで2003年より小さな問題も発見できる「SFTP FDA」を採用したと報告
厚生労働省が2005年11月30日に公開した、「牛海綿状脳症対策基本計画の変更についての意見・情報の募集結果について」
GAOが2005年12月12日に公開した、家畜市場報告
厚生労働省が2005年12月16日に発表した、丸大食品の米国産牛肉を輸入報告