近赤外線レーザー専用線サービス


屋上などに「ノード」と呼ばれる光レーザーの送受信を行う機器を設置し、大容量のデータを運ぶことが可能で、目に安全な低圧の光レーザーを用いた高速無線通信で、ブロードバンド難民など高速ネットワークの利用が困難なオフィスビルやエリアに対してラスト・ワンマイルを提供する専用線サービスです。

>> さらに詳細な情報はこちら