共有ディスク型フェイルオーバー・クラスター


2台のサーバーが共有ディスクに接続され、一方のサーバーで障害が発生すると、もう一方のサーバーが共有ディスクの処理作業を引き継ぎ実行するため、障害児の業務引き継ぎ(フェイルオーバー)だけでなく復旧(フェイルバック)も容易に行うことができる設定方法です。

>> さらに詳細な情報はこちら