強制ライセンス

compulsory license


著作権者が使用を拒否できる余地のある認可制度を撤廃し、著作権所有者の許可がなくても印税裁定で定められた額、または規定の料金を支払えば、誰でも使用できるライセンス制度の名称。米国の音楽作品に関しては、強制ライセンス制度を採用している。膨大な絵や音を使うマルチメディアの将来の発展にとって、著作権やパテントは大きな問題になる。米国では、1909年に音楽作品のための強制ライセンスを定めた条例を施行することで、絶対的私有財産所有権の考え方を撤回した。今後、マルチメディアの作品制作に関しても、この強制ライセンスを導入すべきだとロサンゼルスにあるアイレル・アンド・マネラ法律事務所の顧問弁護士デイビッド・ニメア(David Nimmer)はいっている。つまり、良いマルチメディア・コンテンツを制作するためには。個人的な感情での拒否権を排除し、だれでも規定の著作物使用料を支払えば利用できる環境を整備すべきだという考え方である。ただし、使用したにも関わらず、規定の料金を支払わない場合はいかなる理由があろうと厳罰に処せられる。


Media Park
契約書オン・デマンド
デジタル化権
著作権
知的所有権担保融資
著作隣接権
知的財産権
BMI
違法コピー・ホット・ライン
電子の透かし
WIPO
契約書オン・デマンド
デジタル映像の著作権保護
電子取引法制に関する研究会
WIPO
グラフィックマン
PictureMarc
サイバー・ノマド
日本音楽著作権協会
21世紀の知的財産権を考える懇談会報告書
インターネット弁護士協議会
暗号技術
MusicReport
InfoProtect
オブジェクト認証
版権ビジネス
FBI長官の不安と願望
万国著作権条約
SoundJam
セキュア・アーカイバ
パソコン関連の著作権事件年表
NSAFER
WIPO MEMBER STATES APPROVED PROGRAM AND BUDGET FOR 1998-1999
VerSecure
Quicken Business CashFinder
データベース保護法案
セキュリティ・フォント
CPTWG
鍵長
全数探索法
差分解読法
安全性評価指標
E2
Corbis
デジタル情報の劣化消滅
富山県立近代美術館裁判
プロテクト外し規制
メディア・アーティスト協会
SolidAudio
ID付きスマートメディア
有線送信化権
複製権
版面権
著作者の人権
DivX
ラナム法
DSL(Design Science License)
国際知的財産保護フォーラム
国際知的財産シンポジウム
Creative Commons
バーチャル著作物マーケット
FISA
自由利用マーク
EYEマーク
知的財産高等裁判所
IP公民権運動
中国インターネット協会インターネット著作権連盟
KODAK Preservation
暗号の2010年問題