教育目的の著作物コピー利用


文部省(当時)は、著作権法と教育現場の実態のズレが目立ってきていることから、インターネットを利用した新聞記事など著作物のコピー利用を可能にするために、文化庁の著作権審議会に対して法改正を求め、2002年の通常国会に提出することを目的に、学識経験者で構成する研究会「コンピュータ、インターネット等を活用した著作物等の教育利用に関する調査協力者会議」を設置しました。

>> さらに詳細な情報はこちら