教育と著作権


現行の著作権法では、教員が教材用に新聞記事をコピーして生徒に配布する行為については無許可利用を例外的に認めているが、デジタルデータとしてサーバーに蓄積し、学生・生徒がネットを通じてデータ化した教材を受け取る方法については認められていないことから、著作物を無許可で利用できる環境を構築するために、「コンピュータ、インターネット等を活用した著作物等の教育利用に関する調査協力者会議」が2000年4月26日から、インターネットやパソコンのリテラシー教育の普及を推進するために、授業に教材として活用する新聞記事などの著作物を無許可で利用出来るよう著作権法を改正するため、本格的な教育と著作権に関する議論を開始しました。

>> さらに詳細な情報はこちら


(c)のマーク
1979年10月2日のベルヌ条約全文
米国における教材のカタログ販売とオンライン販売の比較
米国の学校に接続されたインターネットの数と利用環境
親と学生による教育に必要な要素比較
シャーロック・ホームズ・シリーズの「バスカービルの犬」を盗作と報じたThe Sunday Times
Web経由でオンライン販売とオフライン販売に比較
Jupiter Media Metrixが2001年3月に調べた米国企業のオンライン資産
Pew Internet & American Life ProjectのThe Internet and Educationレポート2001/09/01
e-Learningとして利用されているツールや状況
SIIAとKPMGが公開した、インターネット経由の著作権侵害調査報告
Euro RSCGの1945〜1954年と1955〜1964年生まれの技術に対する考えの違い
米国の教育とメディアに関するIDCの調査報告(2001年9月現在)
米国教育省が公表した2001年度教育関連統計資料
GAOが公開した、教育には政府の口出しが必要であるというレポート
The Silicon Valley Cultures Projectが公開したこれまでの著作権とデジタル著作権
米国の博物館と図書館レポート2002
日本政府が制定した新しい情報流通ルールと米国のFOIAの比較
SCIENTISTS' AUTHORSHIP RIGHTS IN THE DIGITAL AGE最終レポート全文
SCIENTISTS' AUTHORSHIP RIGHTS IN THE DIGITAL AGE実施要項
U.S. Copyright Law
都会の中心部にある学校と、都市の周辺の学校における学校経営
ドイツ特許商標庁の著作権料前払い制導入リリース
Ja zu privaten Kopie
Education in Canada: Raising the standard
UCLAで実施される地域教育のポリシー
Bridge Projectの高齢の高学歴者と子供を橋渡しする教育プラン
A Retrospective on Twenty Years of Education Technology Policy
カナダの著作権委員会CBCが2003年12月12日に公開した決裁書
カナダの著作権委員会CBCが2003年12月12日に公開した料金システム
Pew Internet & American Life Projectが実施した質問と答え
インターネットと、アーティストやミュージシャンに関する大規模調査レポート
Parks Associatesが2005年2月24日に公開したコピー防止CDと一般CDの比較
ECのCopyright and Neighbouring Rights
GAOが2005年10月28日に公開した、教育のデータ管理に関するレポート
レポート「2006 Special 301 Report on Global Copyright Protection and Enforcement」
Characteristics of Schools, Districts, Teachers, Principals, and School Libraries in the United States: 2003-04 Schools and Staffing Survey
GAOが2006年12月8日に公開した、著作権侵害を組織的に調査するSTOPの長期戦略に関するレポート
CCIAが2007年9月12日に発表した「Fair Use Economy Represents On 」
国内市場委員のCharlie McCreevy

著作権
著作権/2000年〜
著作権/2004年〜
著作権/2005年〜
著作権/2006年〜
著作権/2007年〜
著作権関連のURL
パソコン関連の著作権事件年表
アンチ著作権パラダイス
くそ食らえ著作権
著作権経済学
CYBER-COMMUNISM-7/著作権の消滅
1999年5月発表の著作権法の一部改正法律案の概要
著作権関連のURL
ソフトウェア著作権と特許
メディアとWebのデジタル著作権戦争
新聞・通信社が主張するネットワーク上の著作権
万国著作権条約
ベルヌ条約
CYBER-COMMUNISM-7/著作権の消滅
教科書とURL
教育の情報化
教育の情報化(本文)-1
教育の情報化(本文)-2
教育の情報化(本文)-3
教育の情報化(本文)-4
授業改革フェスティバル
ラナム法
e-learning
DSL(Design Science License)
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
学校インターネット3
盗作
メディア・リテラシー関連のURL
J-CIS(Japan Copyright Information Service)
頒布権
Creative Commons
Media Design
メディア・リテラシーを知るために-1
著作権等管理事業法
電子出版の科学的な標準開発の実行
明確に証明される科学的な電子出版
CARP(Copyright Arbitration Royalty Panel)
CTEA(Copyright Term Extension Act)
Digital Choice and Freedom Act of 2002
コピーマート
NIFL(National Institute for Literacy)
自由利用マーク
EYEマーク
ジェファーソンの著作権、特許権導入の悩み
民主主義と特許
ELIB
記録メディア税
iPod
カナダの「MP3プレーヤー税」
音楽CDなどの海外専用版逆輸入
Creative Commons
エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク
ジャーナリスト・プロデューサー
Inducing Infringement of Copyrights Act
Podcasting
著作権の孤児
日本著作権教育研究会
浪花節と著作権
GRIID(The Grand Rapids Institute for Information Democracy)
公的使用
「Winny」を通じた個人情報漏洩者=著作権侵害者
KODAK Preservation
コンテンツ王国の倒壊
著作権や知的所有権にこだわりすぎて大損をする人たち
著作権の非親告罪化
雑誌共有サイト「Mygazines」、閉鎖!
the Creative Commons 3.0ライセンス