韓流熱波


豊臣秀吉の朝鮮侵略、1910年〜1945年の日韓併合、第2次世界大戦での慰安婦問題、炭坑労働者としての強制労働など、韓国における日本のイメージが最悪で、近くて遠い国であった時代から、1997年12月に金 大中議員が日韓の文化解放演説、1998年には金 大中大統領の誕生で徐々に始まった日韓の文化交流、さらに2002年の日韓ワールドカップ・サッカーの実現、さらに「冬のソナタ」をはじめ、日本での韓国ドラマ放映などが盛んになり、韓国から多くの映画やテレビ番組が日本で紹介されるようになと同時に、韓国から映画俳優やタレント、歌手などが日本で話題になり、韓国からの熱いラブコールが日本人の若者を動かし始めていることから登場した流行語。
ただし、まだ竹島(独島)問題、教科書問題、靖国神社の参拝問題なども残っているが、日本の歌手やタレント、とくにスマップの草 (なぎ) 剛が韓国語を使って、チョ・ナンカン( ;Chonan Gang)という別名で韓国に出向き、韓国の芸能界に浸透していくバラエティ番組「チョ・ナンカン2」が日本で放送され、韓国で初めてドラマ「New Nonstop」に特別出演し、韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が来日すれば、通訳なしで会話するなど、大活躍である。また、「日韓友情年2005」日本側実行委員会の設立会合が2004年6月3日に開催され、2005年は日韓友情年2005(Japan-Korea Friendship Year 2005)として、各種交流事業や文化紹介事業を通じ、日韓両国民のさらなる相互理解と友情を深めることをめざすことになった。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/16/rls_0601a.html)または、URL(http://www.jkcf.or.jp/friendship2005/)または、URL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/culture/topics/j_k_yujo2005/)で知ることができる。
2004年6月25日には主演映画「ホテルビーナス」がモスクワ映画祭に出品された。
日本では2004年7月20日には、ヒートアイランド現象やフェーン現象、東京ウォールなどが重なり、東京で39.5度という観測史上最高の気温を記録し、まさに東京砂漠状態になり、そこに韓国のさわやかな風が吹き込んで、その情熱が作り出したといわれているが、日本はBSテレビやテレビのデジタル化で、絶対量のタレント不足が予測されていることから、今後は中国やタイなど、アジアの新しいタレントが多く日本上陸してくることだろう。
韓国から多くのタレントが来日するようになったが。香港を始め、台湾や中国本土からも多くのタレントが、日本で活躍するようになっている。
そんな中、新華網は2004年10月25日に、ジャッキー・チェンとも比較される、香港の有名な女優張曼玉の写真集李弥蔵著の「張曼玉自序伝」が東方出版から39.80元で発売されたと報告した。詳細情報はURL(http://news.xinhuanet.com/book/2004-10/25/content_2134912.htm)で知ることができる。
韓国のドラマ「夏の香り」などに主演した人気俳優宋 承憲(ソン・スンホン/28)は、プロ野球選手らとともにブローカーを通じて兵役逃れのため腎臓疾患と嘘の申請をしたことが発覚し、2004年11月4日にソウル地方兵務庁で徴兵のための身体検査を受け、高血圧症だが兵役に支障はないとの判定を受け、2004年11月中の入隊が確定した。
韓国スターが総出演する韓国でNo.1の人気を誇る芸能情報番組「WIDE ENTERTAINMENT NEWS」をネット配信用に特別編集した韓国エンターテイメント情報インターネット番組「WIDE ENTERTAINMENT NEWS 韓国芸能まるみえTV」の配信がSo-netとAIIで2004年11月17日から開始した。詳細情報はURL(http://www.so-net.ne.jp/k-drama/contents/marumie/)または、URL(http://www.aii.co.jp/go/geinou.html)で知ることができる。
日本中の中年女性を虜にしたぺ・ヨンジュウンの公式サイトがDoS攻撃を受け、2004年12月24日午前2時に一旦閉鎖したと報告した。詳細情報はURL(http://www.yongjoon.jp/)で知ることができる。
日韓両国とも30年を過ぎた外交文書を公開対象とする内規があり、1995年から検討課題になっていたが、韓国政府は2004年12月28日に、1965(昭和40)年の日韓基本条約締結交渉に関する文書として請求権関連5件の公開を発表し、韓国外交通商省幹部は、「なぜ5件か」と報道陣に聞かれ、追求されてきたが、国交樹立40周年に当たる2005年1月17日に、これらの日韓条約関連文書を公開し、閲覧が可能になった。
今後は日韓条約関連文書を全面的に公開する方針で、文書の精査に取りかかっている。基本条約で韓国は、日本の植民地支配による賠償請求を放棄しUS$5億の無償・有償協力資金を受け取っているが、その詳細も明らかになるなど、日韓の現代史にとって貴重な文書といえる。2005年7月に晋遊社から山野車輪の漫画「嫌韓流」が登場した。詳細情報はURL(http://www.shinyusha.co.jp/~kenkanryu/)で知ることができる。
AsiaMediaはThe Straits Timesからの情報として2008年10月13日に、悪意があるサイバー噂の上でトップ女優が明らかに自殺した後に、韓国与党がインターネット規制を強化するために法律化を急いでいると報告した。
約2週間前に、包帯から作られたロープで首を吊って自殺したチェ・チン・シル(崔真実 /Choi Jin Sil)が自宅アパートで見つかり、社会問題化していた。
彼女は、先月自殺した俳優アン・ジョン・ファン(安貞桓/Ahn Jae Hwan)に多額の金を貸し、それを返済するため、彼を悩ませていた。
チェ・チン・シルの死は、インターネットで悪口を書かれた後に自殺した有名人で、最新の事件である。
サイバーいじめ対する民衆の怒りから、支配的なGNP(Grand National Partyハンナラ党)はコメントを掲示する前に、すべてのオンライン・ユーザーが彼らの本名と住民登録番号を示すことを必要とする法律を要求している。
また、オンライン・ポータルが苦情を受けた後、24時間以内に悪意がある書き込みを削除することが、義務的になると予測している。
さらに、そのようなコメントを掲示するインターネット市民は、明かされていない測定で罰せられることになる。
苦情の正当性に関する論争があった後に、韓国コミュニケーション委員会は、3日以内にそれを受け入れるかどうか決めることになっている。
また法案は、ユーザーのアイデンティティについて確かめるために、毎日10万人以上のビジターがあるインターネット・サイトを特定する必要がある。
現在のところ、毎日30万人以上のビジターがあるインターネット・サイトだけが、そうする必要がある。
世界で最もワイヤードな国の韓国では、家庭の10軒のうち、9軒がインターネット・ブロードバンドに近づく手段を持っていて、虐待的なオンライン行動は、より多くの注意が向けられている。
サイバー共同体は非常に敏感で、オンライン・ポータルは1日あたり平均1億3500万ページ・ビューがあると報告している。
ただし、これはインターネットだけの問題ではなく、韓国芸能界の問題とも言える。
それをインターネットだけに向けるというのは?
もしかすると、日本人などが騒ぎ立て、急激に金持ちにさせ、作り上げてしまった若い俳優の悲劇かもしれない。詳細情報はURL(http://www.asiamedia.ucla.edu/article.asp?parentid=98957)で知ることができる。


Virtual Idol Project
インターネット・テレビ局
インターネットラブ
インタラクティブTV
仮想現実タレント
世界無線化計画
地上波デジタルTV
ハイテク戦争
パソドル
バーチャル劇場
一人勝ち
干す
芸能関係のページ
メディア最前戦の戦死と殺人
メディア最前戦の戦死と殺人/2000年
メディア最前戦の戦死と殺人/2001年
メディア最前戦の戦死と殺人/2002年
メディア最前戦の戦死と殺人/2003年
メディア最前戦の戦死と殺人/2004年
メディア最前戦の戦死と殺人/2005年
メディア最前戦の戦死と殺人/2006年
メディア最前戦の戦死と殺人/2007年
メディア・コンサルタント
よしもと2丁目ワチャット
0半レポーター
BSデジタル放送
喧伝
コンテンツ・ファンド
新人グラビア☆アイドルファンド
デジタルコンテンツ協会
デジタルコンテンツ市場
韓国オンライン・デジタルコンテンツ産業発展法
デジタルコンテンツ地域上映実証試験調査
デジタルコンテンツ白書
大阪ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
デジタルコンテンツグランプリ東北
デジタルコンテンツ不正利用監視センター
デジタルコンテンツファンド
ハゲタカ・ファンド
サイバー・ジャーナリスト
石城警視
全世界吉本興業現象
ネットアイドル
バーチャルタレント・オーディション2001
バーチャル・アナウンサー
バーチャル・ジャーナリスト
哈日族
メディア戦争
タレントの肖像権
賢馬ハンス
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディアの崩壊と存続への道-6
マルチメディア・コンテンツにおけるムーアの法則
メディアザウルス
ミス・デジタル・ワールド
FUD
スピン・ドクター
E! Online
Cat and Dog
Global Text Project
US$100 PC project