韓国インターネット住所資源管理法案

韓国ドメイン管理法案

韓国の情報通信部が2002年9月25日に、ドメインを国家レベルで効率的に管理し、財産的価値や、営業を妨害するため、ドメイン名を先占したり、不正な目的で登録する行為を禁止する法案の名称。この法案では、民間専門家が参加する「インターネット住所政策審議委員会」を新設して、そこで政府が設けたインターネット住所資源管理計画と施行計画を審議し、既存の韓国インターネット情報センターを、次世代インターネット基盤技術の開発と国際協力活動を専門的に担うために拡大して「韓国インターネット振興院(仮称)」として新設されることになっている。米国のGAO(Government Accountability Office/米国政府監査機関)は2005年12月7日に、登録されたドメイン名と間違ったアクセス先に関するレポート「Internet Management: Prevalence of False Contact Information for Registered Domain Names. GAO-06-165, November 4」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-165)で知ることができる。登録されているが利用されていないドメイン名が多い。Wall Street Journalは2005年12月7日に、「.eu」がドイツの「.de」やフランスの「.fr」に変わることはなく、それはEU加盟国25カ国でも同じで、「.eu」のターゲットは、米国が独占している「.com」になると予測した。これは米国のインターネット独占の主張である「.com」をEUが切り崩すために「.eu」を申請して、成功したということになる。詳細情報はURL(http://online.wsj.com/article/SB113391801658415733.html?mod=todays_us_page_one)で知ることができる。