カーボン・ナノチューブ・トランジスタ技術

Carbon nanotube transistors Technology>>Carbon Nanotube molecule Technology>>Engineering Carbon Nanotubes and Nanotube Circuits


カーボン・ナノチューブとは、六角形(一部を五角形や七角形に置き換えることも可能)の金網を丸めたような筒状の形に炭素原子が配置された、ナノmサイズという非常に小さな管状の分子構造で、1991年に飯島澄男博士(NEC特別主席研究員/1939〜)が発見し、高強度の樹脂、燃料電池、薄型ディスプレーなどに使う次世代材料などとして世界中の注目を集めています。

>> さらに詳細な情報はこちら


飯島澄男博士
建設的破壊(Constructive Destruction)技術の解説図
カーボン・ナノチューブ・トランジスター技術解説図
2001年5月にCSISが発表したマイクロチップとスーパーコンピュータ
Carbon Nanotube
CNFETの解説
Morecular mechanics
Nanotubeリング
Carbon Nanotubeトランジスタの製造解説
Carbon Nanotubeトランジスタの製造-1
Carbon Nanotubeトランジスタの製造-2
Carbon Nanotubeトランジスタの製造-3
Carbon Nanotubeトランジスタの製造-4
Carbon Nanotubeトランジスタの製造-5
Carbon Nanotubeトランジスタの製造-6
Carbon Nanotubeトランジスタの製造アニメーション
ベル研究所のトランジスタの定義
シリサイド層からの多層カーボンナノチューブ垂直配向成長技術
ホール内への多層カーボン・ナノチューブを埋め込む垂直配向成長技術
PIPが公開した米国の大学生が利用する生活でのインターネット・レポート
IBMが2003年5月1日に開発したと発表した固体発光素子
IBMが2003年5月1日に開発したと発表した固体発光素子ノアニメーション
ナノテクノロジーの動向と中小企業のビジネスチャンスについて
カーボン・ナノチューブが自然マテリアルに変化した写真
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
IBMは2006年3月24日に公開した実際のカーボン・ナノチューブの拡大図
IBMは2006年3月24日に公開した髪の毛とカーボン・ナノチューブの比較
理化学研究所中央研究所が2006年7月6日に公開した「テラヘルツ光」検出成功リリース
チャールズ・ターンの「Spookytechnology and Society」