画像デフォルメ技術

似顔絵作成技術

取り込んだ画像の明るさの違いなどを利用して輪郭を抽出し、特徴を認識して部分的にデフォルメする技術で、松下電器産業は1996年11月22日に画像デフォルメ技術を使い、平均的な顔パターンに比べ、特徴だと判断した部分を強調する似顔絵作成技術を開発しました。

>> さらに詳細な情報はこちら