核物質遠隔監視システム

tele-monitoring post system


核物質や使用済みのプルトニウムの保管状況、機器類、作業員などをセンサーで監視するシステムです。米国のエネルギー省と日本の動力炉・核燃料開発事業団は1995年10月29日に、地球のどこからでも常時、原子力施設の核物質を自動監視できるシステムの試験に乗り出すと発表しました。

>> さらに詳細な情報はこちら


「カラートラッキングビジョン」用のシステムLSI
最近の国内の原発事故
人体と放射能
チェルノブイリ原発事故衛星写真(提供/リモート・センシング技術センター)
新エネルギーの種類と利用
世界の原子力発電所
米国エネルギー省が公表しているmap of cyberspace
米国エネルギー省が公表しているmap of the ecology of cyberspace
米国エネルギー省が公表しているmap of industrial power
米国エネルギー省が公表しているmap of democratic power
米国の2001年エネルギー白書(US National Energy Policy May 2001)
総合資源エネルギー調査会原子力安全・保安部会廃止措置安全小委員会報告書(案)
核燃料サイクル開発機構人形峠環境技術センターの保安検査結果
外務省が2001年10月の米国紙からまとめた米国の原子力事情
GAOが2001年12月12日に公開したNNSA報告
GAOが2002年7月3日に公開したNNSAのレポート
核燃料サイクル開発機構が開発した放射線の分離法
分離装置と時間間隔解析ブロック
測定資料の時間間隔解析結果
インディアナ州にある原子力施設について調査したレポート
GAOが2003年4月21日に公開した子供の幸せと少年裁判に関するレポート
GAOが2003年5月13日に公開した原子力非拡散物質処理レポート
NNSAに必要とされるプログラム報告書
米国国内の核燃料貯蔵地区と輸送の安全管理
GAOが2003年9月9日に公開した、国際的な原子力の安全レポート
非核国と非核条約、核保有5カ国とその他の核保有国
World Uranium Weapons Conference 2003のロゴ
World Uranium Weapons Conference 2003のポスター
World Uranium Weapons Conference 2003のリーフレット
World Uranium Weapons Conference 2003の内容案内
World Uranium Weapons Conference 2003の概要
World Uranium Weapons Conference 2003が開催された場所
World Uranium Weapons Conference 2003のプレス発表-1
Dr. Jawad Al-Aliのプレゼンテーション資料
Dr. Souad Al-Azzawiのプレゼンテーション資料
Dr. Antonietta M. Gattiのプレゼンテーション資料
John LaForgeのプレゼンテーション資料
Heike Schroederのプレゼンテーション資料
Philip Steeleのプレゼンテーション資料
Dai Williamsのプレゼンテーション資料
GAOが2004年6月10日に公開したロー・レベル放射性廃棄物識別処理レポート
国際法模擬裁判「2004年アジア・カップ」開催報告
国際法模擬裁判「2004年アジア・カップ」結果と概要
Robin M. Nazzaroが提出した低レベル放射性廃棄物の未来危険性を指摘したレポート
保障措置と核セキュリティに関するアジア太平洋会議:核テロに対する防護対策
外務省が2005年8月1日に公開した国際法模擬裁判「2005年アジア・カップ」開催情報
米国のThe National Security Archivが公開した「The Atomic Bomb and the End of World War II」
トルーマン大統領博物館図書館が公開した、1945年5月9日から1963年8月5日までの会議資料
GAOが2005年8月19日に公開した米国エネルギー省の核物質の管理レポート
外務省が2005年9月5日に公開した、国際法模擬裁判「2005年アジア・カップ」結果と概要
日立が2006年3月7日に公開した監視用カメラロボット技術開発リリース
GAOが2007年7月27日に公開した、チェルノブイリ工事、大幅な遅れの理由と現状