ロシア50−50プロジェクト

Russia 50-50 Project


50-50とは、ロシアの50都市を光ファイバー・ケーブルで結び、通信網を50%以上デジタル化する計画から命名され、1995年6月20日に大阪で開催されたGSP会議で発表された。また、事業の50%以上は外資に頼らず、残りの50%をロシア、ドイツテレコム(Deutsche Telekom/DT/ドイツ電信電話会社)など、欧米の3つの通信会社から出資を仰ぐことからも50-50という意味がある。当初の4年間は企業向けの回線整備に重点を置き、採算制の高い企業向け通信事業から得た収益を再投資し、通信網を拡充する。