旅行関連ホームページ(海外)

Home page of Tourism for oversea


旅行で独自のプランを立てたり、前もって調べるのに便利なチケット、ホテル、ペンション、航空券の予約・観光案内・天気予報・交通機関などのサーバー。中にはインターネットで予約すると特典があるサーバーもある。
世界各国の情報は、それぞれの国が提供しているページに多くの情報が掲載されている。また、Travelocityのように、旅行目的、価格、旅行日程、希望する旅行会社などを入力すると、スケジュール立案から飛行機の予約まで総合的にサービスしてくれる旅行エージェントのようなサイト( http://www.travelogix.com/)も登場した。
ただし、英語だけの情報提供も多いので、海外に行くのであれば最低英語は読めるようにする必要がありそうだ。Nielsen/NetRatingは2002年4月14日に、春と夏のバケーション・シーズンにおけるオンライン旅行会社の調査報告を公開した。詳細情報はURL(http://www.nielsen-netratings.com/pr/pr_020417.pdf)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office)が2003年1月23日に、中小空港のレポート「Commercial Aviation: Factors Affecting Efforts to Improve Air Service at Small Community Airports. GAO-03-330」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-330)で知ることができる。イギリスのstatewatch.orgは2003年2月18日に、
米国政府とEUが2003年2月11日にEUから米国への航空機や旅客船搭乗者リストをオン・デマンドで確認できるシステムの構築について話し合ったと報告した。詳細情報はURL(http://www.statewatch.org/news/2003/feb/11usdata.htm)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office)は2003年7月15日に、航空会社の現状分析として「Airline Labor Relations: Information on Trends and Impact of Labor Actions. GAO-03-652」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-652)で知ることができる。
外務省は2003年8月5日に、「最近のパンフレット/海外における誘拐対策Q&A」と「最近のパンフレット/海外における脅迫事件対策Q&A」を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/pr/pub/pamph/yukai.html)または、URL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/pr/pub/pamph/kyohaku.html)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年2月14日に、コンピュータを活用した入国検査レポート「Aviation Security: Computer-Assisted Passenger Prescreening System Faces Significant Implementation Challenges. GAO-04-385」とCathleen A. Berrickによる空港での手荷物スキャン実験報告書「Airport Security: Challenges to Airport Passenger and Baggage Screening, by Cathleen A. Berrick, director, homeland security and justice, before the Subcommittee on Aviation, House Committee on Transportation and Infrastructure. GAO-04-440T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-385)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-440T)で知ることができる。
また、Skytrax Forumsでは航空業界の最新「Airline News」を電子メールで毎週配信してくれる。詳細情報はURL(http://www.airlinequality.com/news/news_1.htm)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年9月7日に、在外大使館の管理効率化と、管理上の支援の改善についてレポートした「Embassy Management: Actions Are Needed to Increase Efficiency and Improve Delivery of Administrative Support Services. GAO-04-511」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-511)で知ることができる。
NHKは2004年11月19日に、米国本土安全保障省からの情報として、JALは2004年2月以降、乗客の個人情報を受け取っていることを初めて認め、ANAからも近く提供を受けることになったと明らかにした。詳細情報はURL(http://www3.nhk.or.jp/news/2004/11/19/d20041119000088.html)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2005年7月15日に、国際空港のセキュリティに関するレポート「International Air Passengers: Staffing Model for Airport Inspections Personnel Can Be Improved. GAO-05-663」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-05-663)で知ることができる。
外務省は2005年8月25日に、「米国における対日世論調査」「ロシアにおける対日世論調査」「モンゴルにおける対日世論調査」を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/yoron05/index.html)または、URL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/russia/yoron05/index.html)または、URL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/mongolia/yoron05/index.html)で知ることができる。
航空業界向けにIT・通信サービスを提供している米国のSITAは2005年9月1日に、航空業界向けにIT・通信サービスに関する調査結果を公開し、世界の航空会社の44%以上が2007年までに、機内で乗客向けにインターネット接続や携帯電話など何らかの通信サービス提供に乗り出すと予測し、予約や発券でもITが浸透し、現在航空券のネット販売を実施している航空会社は70%、航空会社が発券するチケットのうち電子チケットが占める割合は30%に達すると報告した。詳細情報はURL(http://www.sita.aero/News_Centre/Press_releases/Press_releases_2005/Power_to_the_passenger.htm)で知ることができる。
Media Networkは2005年11月2日に、テルスター12を使ったAghapyテレビが2005年11月14日から放送を開始すると報告した。「Aghapy」には、コプト語で「愛していること」という意味があり、テルスター12はエジプトといくつかのアフリカの国で見ることができる。コプト教徒は中東で最も大きいクリスチャンの共同体で、エジプトの人口7400万人の住民のおよそ10%がコプト教徒で、Aghapyテレビ Executive Directorで、カイロの北東にある修道院のal-Antony神父は「この放送は完全なコプト関連の情報で、コプト教徒と関係がある問題を除いて、私たちは何についても議論するつもりではありません。」といっている。
「私たちは1951年にコプト専門のラジオ放送を実施しようとしたが拒絶され、それ以降テレビを持つことが私たちの夢でした。」といい、この放送を実施することは容易なことではなかったと報告している。今回の放送は北米からの寄付で実現した。放送することでイスラム教に対して宗教アイデンティティを促進して、改宗するより攻撃的な試みを告知しないと主張しているが、世俗的なコプト教徒の中には、教会が宗教緊張をあおるだけであると恐れる人もいる。詳細情報はURL(http://medianetwork.blogspot.com/)または、URL(http://www.aghapy.tv/)で知ることができる。
Media Networkは2005年11月7日に、世界で初のエスペラント語放送「Internacia Televido」が2005年11月5日に始まったと報告した。エスペラント・ニュースWebサイト「Gangalo」の統計によれば「Internacia Televido」の視聴者のおよそ60パーセントが外国人で、主にヨーロッパ人、米国人、および日本語で、チャンネルは10人のスタッフで作られ、1日あたり4時間放送され、1日あたりでは3人の常勤者が1.5時間づつ放送することになる。 現在のところ、6カ月間放送するだけ基金を確保し、今後は広告収入と個人的な寄付により、放送時間の拡大を望んでいると報告している詳細情報はURL(http://medianetwork.blogspot.com/)または、URL(http://internacia.tv/modules/sections/index.php?op=viewarticle&artid=22)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2005年10月6日に、世界的なマラリアに対する投資と実施に向けた報告書「Global Malaria Control: U.S. and Multinational Investments and Implementation Challenges. GAO-06-147R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-147R)で知ることができる。
米国のMAP(Media Access Project)は2006年1月30日に「MAP Files Comments in Massport/Continental Airlines OTARD Proceeding」を公開し、「ラストワンマイル」の権利を空港が取得するのか、それとも航空会社が管理するのかという巨大空港とコンチネンタル航空(Continental Airlines)の攻防がつばぜり合いを開始したと報告した。
航空機内でインターネット接続ができるようになり、空港に降り立ったとき、設定を変えるなどという面倒なことがないようにシームレスな環境を提供してくれるなら、ユーザーとしてはどこが管理しても問題はないといえる。詳細情報はURL(http://www.mediaaccess.org/)で知ることができる。
Center for Media Researchは2006年6月23日に、comScore Networkが発表した低価格旅行サイトの調査レポートを紹介し、2004年より35%増加して、2005年には1億5000万人の消費者が旅行ウェブサイトを訪問した。
1年間の旅行収入は2005年にUS$600億を超え、2004年よりて20%増加したと報告した。comScore Travelソリューションのディレクターサラ・スティーブンス(Sara Stevens)は、「家庭でのブロードバンド浸透があおり続け、異常に増加するのとともに、消費者がオンライン旅行セクターで旅行プランをたてるのに十分適した環境になってきている。」と解説している。
ここ3年間、オンライン・エージェンシーは航空とホテル、レンタカー供給者サイトから、より大きい競争を経験した。2003年に航空券販売の5%を占めた供給者サイトは、2005年に航空券販売の人気で58%に成長した。
同様のパターンはホテルでも現れ、2003年にホテル供給者サイトが52%を占め、2004年から2005年までの成長が特に強い状態で、2005年には59%に成長した。
Travel Industry Overviewの一部として、comScore調査は、レジャー旅行を計画しているとき、旅行客がおよそ3つのサイト情報を見ることを明らかにした。もっとも優位な理由は最低価格を捜し求めることで、わずかな旅行客しか報酬プログラムや、「ショッピング情報」からのフレキシブルな期日を見なかった。
マイレージをれれびなどで宣伝しているが、旅行客にとって、そんな情報より、最低価格を捜し求めているようで、調査された人の72%は、旅行するに8週間以内にレジャー旅行のために計画し始め、28%だけが2カ月以上早く調査して、計画し始めることが判った。
捜索者の46%は最初に「Expedia」「Travelocity」「Orbitz」のどれかを利用し、24%のひとが航空会社、ホテルまたはレンタカーサイトで調査を始めると報告した。オンライン・エージェンシーは航空とホテル、レンタカー供給者サイトから、より大きい競争を経験したが、その約倍は「Expedia」「Travelocity」「Orbitz」から旅行情報を検索していた。
つまり、旅行する人の約半分の人は、旅行専門検索サイトで情報を探していた。「Expedia」「Travelocity」「Orbitz」で情報を集めた人の理由は最高の22%が、最低価格の旅行を探し、17%が、これらのサイトは「最良の情報」を提供すると予想している。詳細情報はURL(http://www.comscore.com/press/release.asp?press=890)または、URL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=060623)で知ることができる。
リクルートが1984年に創刊した海外旅行情報誌「エイビーロード(AB-Road)」が2006年6月23日に、インターネットの旅行情報・予約サイトの利用が広がり、部数や広告の減少が続いたことから、2006年9月発売の「10月号」を最後に休刊する。詳細情報はURL(http://www.ab-road.net/doc/info/info_20060623.shtml)で知ることができる。
The Guardianは2006年7月3日に、悪臭の強い古典主義者は、いとしいローマ帝国の青ざめたイミテーションとしてヨーロッパ連合でいつも見下して喜び、単一通貨に関するローマ人の考えを鋏んで、EUは、現在、ラテン語を受け入れると決めた。
次の6カ月間EUを運営するフィンランドは特別なEU大統領職ウェブサイトでラテン語の週刊のニュース放送を配信することになっている。
Unio Europaeaは、Constitutio Europaeaと格闘しながら、みじめに年を過し、リーダーはBruxellaeの次の陽気なパーティーで彼らの辞書に触れることになるだろう。
ところが、ラテン語に翻訳されると、EUの悪名高いジャーゴンは、最も悲しいブリュッセルアノラック以外のすべてを困惑させる詩に変わる。惨めな共通農業政策は厳然とした比率communis agros colendiになり、文字通り、communis agros colendiは「分野を培うことの一般的な計画」という意味になる。
古典主義者は毎週水曜日に2人のエネルギッシュなフィンランドのラテン語学者のおかげでラテン語ニュースを配信できるようになる。Tuomo PekkanenとReijo Pitkarantaは毎週日曜日の夜の波長を合わせるフィンランドの古典主義者のカルトなフィンランドのBBCともような5分のラテン語のニュース放送「YLE, Finlan」を配信続けると報告した。詳細情報はURL(http://www.guardian.co.uk/eu/story/0,,1811860,00.html)または、URL(http://timworstall.typepad.com/timworstall/ceterum_censeo_unionem_europaeam_esse_delendam/index.html)、Unio EuropaeaのWikipedia(E Vicipaedia)はURL(http://la.wikipedia.org/wiki/Unio_Europaea)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2006年9月26日に、安全な旅行環境を確保するためのシステムについてレポート「Defense Travel System: Reported Savings Questionable and Implementation Challenges Remain. GAO-06-980」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-980)で知ることができる。
ウィスコンシン大学ミルウォーキー校(the University of Wisconsin-Milwaukee)のデジタル・コレクションとして、世界の都市としてカルタゴからシカゴまでの過去と現在の都市から得られた画像を「Cities Around the World」として公開した。
画像はthe American Geographic Society Library(米国地図協会図書館)から、2人の写真家ハリソン・フォアマン(Harrison Forman)と、有名な都市の地理学者ハロルド・マイヤー(Harold Mayer)の写真を借り受け、全部で、5500枚以上の画像がある。
ユーザーは「Cities」をクリックすることで、最も多くの都市の写真をブラウズすることができる。もちろん都市名で検索することも可能で、いくつかのおもしろい驚きがここで見つけることができる。例えば、ダルエスサラーム(Dar es Salaam)やシカゴ(Chicago)のの鳥瞰写真なども含まれている。旅行に出かける前に、その土地の写真を見つけ、Google Earthなどで検索すると、立体的な情報になり、また、ブログなどで街を紹介するときにも非常に便利。
カトマンズのミュージシャンや路上の祈祷師などの写真も見つかり、もう、高いお金を支払って、地球温暖化の排気ガスをばらまきながら世界中を旅行したり、国際人と威張る時代は、70年代で終わったようにも感じる。詳細情報はURL(http://www.uwm.edu/Libraries/digilib/cities/index.html)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2007年4月27日に、入国審査と税関に関する情報技術レポート「Information Technology: Immigration and Customs Enforcement Needs to Fully Address Significant Infrastructure Modernization Program Management Weaknesses. GAO-07-565」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-07-565)で知ることができる。
International Journalists Networkは2007年11月16日に、ユネスコ(UNESCO)が、115ページに渡るモンゴルのメディア分析レポート「Mongolian media landscape Sector Analysis」をPDFで公開したと報告した。
レポート「Mongolian media landscape Sector Analysis」は4Mですが、もの凄いアクセス数らしく、ダウンロードに時間を必要としています。
このレポート「Mongolian media landscape Sector Analysis」は、モンゴルのメディア専門家と産業が共同で調査した結果で、第一部は報道の自由、メディア所有権、および法律における傾向に焦点を合わせている。
第二部はモンゴルの州ごとにある放送局について詳細な情報を提供している。
ユネスコは、同じバージョンのモンゴル語版も配信したと報告している。詳細情報はURL(http://ijnet.org/Director.aspx?P=Article&ID=306919&LID=1)で知ることができる。「Mongolian media landscape Sector Analysis」はURL(http://snipurl.com/1tqll)でダウンロードできる。
MarketingChartsは2008年1月10日に、「Top 10 Travel: Hotel Chain Sites - November 2007(2007年11月の旅行:ホテル・チェーンWebサイト・トップ10)」を公開した。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/top-10-travel-hotel-chain-sites-november-2007-2988/?camp=newsletter&src=mc&type=thumbnail)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年5月30日に、TIA(Travel Industry Association)による「航空機利用旅行者激減と米国経済レポート」を紹介し、過去12カ月、旅客の中のフラストレーションが深かったので、US $260億以上、およそ4100万回の旅行を米国経済として避けたと報告している。
その上、約50%は、空の旅システムが近い将来向上しそうにないと言っていて、旅客は正の変化のためにほとんど楽観主義を示さなかった。
TIAの社長で最高経営責任者のロジャー・ダウ(Roger Dow)は、「空の旅危機は、逆転ポイントに達した--旅行を避けることを選ぶことによって、10万人以上の旅行者が毎日、財布にお金を貯め込んでいる。」
ダウは、4100万回の避けられた旅行収入で航空会社はUS$90億以上、ホテルは約US$60億、レストランはUS$30億以上になったことに注意した。 減少している支出のために政府、そして地方政府の租税収入も旅行者によってUS$40億以上失われたと言った。
大がかりな航空機テロが発生すると、航空機利用旅行者が減り、ホテル、レストランなど観光産業全体に影響があり、それと同時に税金にまで影響が出ると言うことが証明された。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/frustrated-air-travelers-avoid-41-million-trips-economy-takes-265-billion-hit-4767/)または、URL(http://www.tia.org/pressmedia/pressrec.asp?Item=898)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9906)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年7月21日版最新レポート紹介は、Destination Analystsによるアメリカ人旅行者レポートの「The State of the American Traveler」を紹介し、経済的な障害により、米国のレジャー旅行分野は、に急ブレーキを踏んだと報告している。
日本でも「燃油チャージ」という自滅路線は、急激に旅行者を減らしている。
「燃油チャージ」の高騰は、多くの海外旅行代理店と航空会社を倒産に追い込むことだろう。
Destination Analystsが毎年2回発行している「The State of the American Traveler」は、レジャーの重要な衰退で打たれ、観光産業の危機を明確にしている。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/facing-economic-obstacles-americans-hit-the-brakes-on-leisure-travel-5338/)または、URL(http://www.prnewswire.com/cgi-bin/stories.pl?ACCT=104&STORY=/www/story/07-16-2008/0004850383)または、URL(http://www.destinationanalysts.com/SATSJuly2008.pdf)で知ることができる。
観光業の次に危機状態になるのは、自動車産業だろう。
インターネットの登場で、観光旅行に大金をつぎ込むより、バーチャル・トラベルで楽しむことができ、さらに移動手段まで限定し始め、21世紀の産業として、この2大産業は危機的になることだろう。
高級車に乗って、海外旅行を楽しむ世界は、20世紀産業であったということが、数年で明らかになるのかもしれない。
それは、たばこ産業より加速化している。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10446)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2008年9月10日に、入国審査と税関査定に関する報告書「Assessment of the Explanation That Immigration and Customs Enforcement Provided for Its Subsequent Transfer from the Spectrum Relocation Fund. GAO-08-846R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-08-846R)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月8日に、Access Americaを代表したIpsos Public Affairsによる「トップ旅行フラストレーション・レポート」を紹介し、米国人の旅行フラストレーションは、広範囲であって、かつ鋭く、いくつかの場合、成長していると報告した。
レポートRetailer Dailyでは、トップであったのは86%の「ガソリン費」であった。
続いて、55%の「航空、クルーズまたは鉄道乗車券の費用」、49%の「エアライン/空港サービス」、49%の「宿泊費と、他のアトラクションの費用」と続いた。
また、重要な米国人の数としては、37%の「キャンセル費」、37%の「国土安全保障/安全、33%の「作業動作」、28%の「天気」、27%の「他の旅行供給者でサプライ」、21%の「困難予約」でフラストレーションを引き起こし、旅行気分をだめにされたと感じると報告した。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/top-travel-frustrations-cost-of-gas-and-airlinecruisetrain-tickets-6297/)または、URL(http://www.ipsos-na.com/news/pressrelease.cfm?id=4107)または、URL(http://www.retailerdaily.com/entry/top-travel-frustrations-cost-of-gas-and-airline-cruise-train-tickets/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11243)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月15日に、comScoreによる「航空会社への不満調査レポート」を紹介し、約80%の米国の消費者は航空会社が現在、一度だけのアメニティーのために旅行者に課す余分な料金が容認できないと言って、それを旅行者に回すべきではないと言っている。
消費者は民間航空の経済的苦境を理解しているが、それらは、余分に荷物、飲料、枕と毛布、通路と窓側の座席をチェックするなどで、商品の代金を支払わなければならないことに対し、圧倒的に意見を異にしていた。
また今回の主要な航空会社の米国サイトでエアライン料金、およびオンライン切符の売上に対する消費者態度を測定しました調査研究によって、サウスウェスト航空(Southwest Airlines)が最も近い競争相手と約2.5倍のボリュームをオンライン・チケットで販売することが判った。
詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/majority-of-travelers-say-airline-fees-unacceptable-southwest-benefits-from-pricing-6385/)または、URL(http://www.comscore.com/press/release.asp?press=2499)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月20日に、IpsosとAccess Americaによる「米国人の空の旅での心配レポート」を紹介し、空の旅を計画しているとき、米国人の3分の2(66%)は、手荷物料金を含んだ高いコストに関して心配していると報告した。
また、半数以上(56%)は時間の遅れを心配し、53%はテロの可能性について心配していた。
消費者にとっては、手荷物の損失や遅れなどの他の問題と、車載の安らぎを選ぶより、少ない空の旅を過すことは、それほど重要ではなかった。
* 男性(57%)より、女性(70%)は、正札、手荷物料金、および関連する料金を含んだ価格について気にしていた。
* 男性(51%)より、女性(58%)は、接続がもたらす遅れで、休暇時間が減ることについて気にしていた。
* 男性(47%)より、女性(61%)は、テロに関してはるかに心配していた。
* 男性(49%)より、女性(56%)は、手荷の紛失物問題で遅れることについて気にしていた。
* 男性(39%)より、女性(45%)は、航空会社が現在提供しているアメニティについて気にしていた。
* 男性(36%)より、女性(45%)は、航空会社の倒産に関して気にしていた。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/costs-delays-terrorism-cause-air-travel-anxiety-especially-among-women-6451/)または、URL(http://www.accessamerica.com/AA/Press.aspx?PressID=1842)で知ることができる。
Editors WeblogはLe Figaroからの情報として2008年11月7日に、エア・フランス(Air France)とKLMのグループが、航空会社として世界で初めてSNS(Social Networking Service/ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の提供を開始したと報告した。
公開したSNSは「Bluenity」といい、同じ目的地に向かう乗客同士が個人的にコミュニケーションができる環境を提供している。詳細情報はURL(http://www.bluenity.com/)で知ることができる。
「Bluenity」では、英語、フランス語、オランダ語で利用できる。
飛行機を予約するか、電子チケットを購入すると利用可能になり、レジャー情報の交換から、特別レジャー情報、ビジネス情報、用意されている旅行デモ版のデモ体験情報を公開できるようになる。
また、Facebook情報へのリンクも可能になる。
ただし、Le Figaroによる取材情報では、システムはかなり複雑で、空港で利用できる無線インターネット接続料金の高額であったと報告している。
Air France-KLMのマーケティング・ディレクターであるPatrick Rouxは、両航空会社の利用客が年間7,500万人であるのに対し、1年後でも30万人のユーザーになる程度だろうと、穏やかであるかもしれない予測をしていると報告している。
まだ発想して、開始したばかりのサービスであるが、今後はサービス内容、自由度、料金などを修正することで、航空会社だけではなく、他の業界でもSNSを導入することが増えることだろう。
例えば、自動車オーナーSNSでインフルエンサーを育てたり、スーパー・マーケットSNSで個人体験情報を共有するなど、これまでのようなごちゃ混ぜSNSから、特化した実用的なSNS時代が始まっている。詳細情報はURL(http://www.editorsweblog.org/web_20/2008/11/air_franceklm_launch_first_social_networ.php)で知ることができる。

[海外旅行の基礎知識]
●旅行者向け低価格航空チケット・サーチ・エンジン「dohop」のURL(http://www.dohop.com/)
●携帯電話を使った観光ガイド「Talking Street tours」のURL(http://talkingstreet.com/)
●観光ガイドの本では、情報が新しすぎて見つけることができない世界中のリアル観光情報が満載のFrommer's: A World of Travel ExperienceのURL(http://www.frommers.com/activities/)にある「News & Highlights」
●成田空港で税関や新東京国際空港公団などに保管されたままの忘れ物を検索して持ち主に送り届けるサービスも実施している手荷物の宅配などを手がける「トータルエアポートサービス」のURL(http://www.t-as.co.jp/)
●米国の旅行図書館「National Transportation Library」のURL(http://ntl.bts.gov/)
●各国の国データ状況を比較できる情報を提供している「Nationmaster」のURL(http://www.nationmaster.com)
●為替レート計算機「リアルタイム為替レート」のURL(http://www.asahi-net.or.jp/~ft9k-ozw/kawase.htm)
●過去の為替レートを知ることができる「Historic Exchange Rates」のURL(http://fxtop.com/en/historates.php3)
●CNNの通貨情報のURL(http://cnnfn.com/markets/currencies.html)
●各国の通貨を換算、表示してくれるURL(http://www.xe.net/currency/)
●外国為替に関する情報「Foreign Exchange For Business」のURL(http://www.fx4business.com/)
●CIAの世界情報(Country Listing/Field Listing/Reference Maps/Appendixes/Notes and Definitions/Guide to Country Profiles/History of The World Factbook/Contributors and Copyright Information/Purchasing Information)のURL(http://www.cia.gov/cia/publications/factbook/index.html)
●2003年1月23日にGAOが公開した、空港と航空会社の税金に関する統計調査報告書「Applying Agreed-Upon Procedures: Airport and Airway Trust Fund Excise Taxes. GAO-03-361R」のURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-361R)
●バックパック旅行者やハイキングで出会う自然情報辞典がある「Pick A Trail」のURL(http://www.pickatrail.com)
●世界をバーチャルで旅できるリンク集「VIRTUAL FIELD TRIPS」の URL(http://surfaquarium.com/virtual.htm)
●世界をバーチャルで旅できるリンク集「VIRTUAL FIELD TRIPS」の URL(http://campus.fortunecity.com/newton/40/field.html)
●世界をバーチャルで旅できるリンク集「Virtual Schoolhouse-Field Trips」の URL(http://www.ibiblio.org/cisco/trips.html)
●世界をバーチャルで旅できるリンク集「Field Trip Archive」の URL(http://homeworkspot.com/fieldtrip/)
●世界の旅行情報を提供しているWorld Travel Tourism WebsiteのURL(http://www.worldtraveltourism.com/)
●1920 1930年の旅行関連ポスターやパンフレットなどがあるTravel Brochure GraphicsのURL(http://www.travelbrochuregraphics.com/)
●米国の安宿探しができるhoteldiscount!comのURL(http://www.hoteldiscount.com/)
●BBCが提供する「ヒッチハイクの銀河系(The Hitchhiker's Guide to the Galaxy)」のURL(http://www.bbc.co.uk/cult/hitchhikers/)
●世界旅行の情報サイトThe World TravelerのURL(http://www.travelsafely.com/)
●20世紀初めの旅先などで手に入れたマークやラベ ルを集めたコレクションサイトで、Airlines関連(29)、Hotels関連(57)、Oceanliners関連(9)、Rail関連(10)があるURL(http://www.vintagelabels.org/welcome.html)
●海外格安航空券24時間即時予約可能サイト「etour(イーツアー)」のURL(http://www.etour.co.jp/)
●海外格安航空券24時間即時予約可能サイト「スカイゲート」のURL(http://www.etour.co.jp/)
●民間航空機事故データベースがcrashdatabase.comのURL(http://www.crashdatabase.com/)
●米国のFAAのATCSCC(Air Traffic Control System Command Center)が公開している、空港で旅行者がワイヤレス・インターネットアクセスを利用できる39の空港情報のURL(http://www.fly.faa.gov/flyFAA/index.html)
●旅行者が世界中、どこの国にいても同一料金でインターネット接続できるサービスを提供しているMaGlobeのURL(http://www.maglobe.com/)
●世界の偉大なる地域を集めた情報サイトGreatest PlacesのURL(http://www.greatestplaces.org/)
●地図のオンライン百科事典Atlapedia OnlineのURL(http://www.atlapedia.com/)
●海外でインターネットに接続するときに必要な機器、ノウハウ、各国事情などを掲載している地球のつなぎ方のURL(http://www.arukikata.co.jp/netmagazine/connect/)
●海外でインターネットに接続するときに必要な機器、ノウハウ、各国事情などを掲載している旅先通信研究所のURL(http://ourworld.compuserve.com/homepages/tabituken/top.htm)
●海外でインターネットに接続するときに必要な機器、ノウハウ、各国事情などを掲載している海外通信マニュアルのURL(http://www.aitech.ac.jp/~furuhasi/mobile/)
●海外でインターネットに接続するときに必要な機器、ノウハウ、各国事情などを掲載している海外支援センターのURL(http://www.kaigai.com/)
●海外でインターネットに接続するときに必要な機器、ノウハウ、各国事情などを掲載している海外電気CLUBのURL(http://www.rakuten.co.jp/sacom/)
●OTOA(Overseas Tour Operators Association of JAPAN/日本海外ツアーオペレーター協会)の海外安全情報サイト「OTOAドット・コム」のURL(http://www.otoa.com)
●Airport Search EngineのURL(http://www.uni-karlsruhe.de/~un9v/atm/ase.html)
●BackpackerのURL(http://www.backpacker.com/)
●BackPackers.comのURL(http://www.backpackers.com/)
●低価格のグローバルな通信サービスをオーストラリアのロンリー・プラネット社が提供するEknoのURL(http://www.ekno.lonelyplanet.com/)
●CIAが発表した世界事情(World Factbook 2000)のURL(http://www.odci.gov/cia/publications/factbook/)
●世界の言語を紹介し、解説しているLanguages onlineのURL(http://eleaston.com/languages.html)
●大蔵省の「税関ホームページ」のURL(http://www.mof.go.jp/~customs/)
●税関ホームページへようこそ!!のURL(http://www.mof.go.jp/~customs/)
●東京税関のURL(http://www.tokyo-customs.go.jp/)
●神戸税関のURL(http://www.kobe-customs.go.jp/)
●成田税関のURL(http://www.narita-airport-customs.go.jp/)
●名古屋税関のURL(http://www.nagoya-customs.go.jp/)
●財務省横浜税関のURL(http://www.yokohama-customs.go.jp/)
●沖縄地区税関のURL(http://www.okinawa-customs.go.jp/)
●大阪税関のURL(http://www.osaka-customs.go.jp/)
●長崎税関のURL(http://www.nagasaki-customs.go.jp/)
●関西国際空港のURL(http://www.osaka-customs.go.jp/)
●門司税関のURL(http://www.moji-customs.go.jp/)
●世界の米国大使館リストがあるUS Embassies and other Diplomatic MissionsのURL(http://usembassy.state.gov/)
●世界各地の電圧の一覧マップがあるURL(http://www.sony.co.jp/ServiceArea/Voltage_map/index.html)
二コラス・ネグロポンテ(Nicholas Negroponte)の著書「ビーイング・デジタル(Being Digital)」アスキー出版刊の中で、「 問題はデジタルかどうかというより、プラグがあるかどうかである。ヨーロッパでは電源のプラグが20種類もある。電話のジャックも、アメリカではRJ-11と呼ばれるプラスチック製の小型のものが一般的だが、世界中にはほかに175種類もある。私はその全部を少なくとも一つ持っていて、長期間あちこち旅行するときなど、さまざまな電話ジャックと電源プラグだけで手荷物の四分の一を占めていたりする」 といっている。ただし、プラグとジャックが手にはいるかどうかが問題で、二コラス・ネグロポンテのように、コレクターになるより仕方がないのかも-----??
●いろいろな電圧変換器やプラグ、ジャックなどがオンライン・ショッピングで購入できるドイツの巨大な電化製品スーパーマーケットConrad ElektonicsのURL(http://www1.conrad.de/)
●いろいろな電圧変換器やプラグ、ジャックなどがオンライン・ショッピングで購入できる日本のアイ・ツーMobile専科のURL(http://www.i-two.com/)
●南国への海外旅行者のための伝染病予防マニュアルURL(http://malaria.himeji-du.ac.jp/IPublic/ITH/index.html)
●姫路獨協大学が提供する「マラリア・サーバー」のURL(http://malaria.himeji-du.ac.jp/)
●マラリアで苦しむ人、伝染状況などを報告しているMalaria and HealthのURL(http://www.malariaandhealth.com/)
●海外渡航の医療準備情報のURL(http://malaria.himeji-du.ac.jp/IPublic/malaria-net-j/travelers.html)
●海外勤務邦人向け医療情報「こちら丸紅診療所」のURL(http://www.marubeni.co.jp/clinics/)
●NET-Bulletin 情報BOXのページのURL(http://www.net-b.co.jp/jbox/H1/jbox_H1.htm)
●個人旅行の基礎知識Tourist landのURL(http://www.vnet.co.jp/vnethome/tland/tland.html)
●Priceline.comのURL(http://www.priceline.com/)
●海外放浪ネットワークBEEMAN(http://ha1.seikyou.or.jp/home/kyo/beeman.htm)
●日本に帰国しても世間と折り合いのつかない旅人たちの東京漂流「バックパッカー症候群治療室」のURL(http://www.ne.jp/asahi/ponpoko/urasawa/)
●総合航空情報サイト「Lichterfelde.com」のURL(http://www.lichterfelde.com/)
●成田空港のURL(http://www.narita-airport.or.jp/airport/index.html)
●関西国際空港のURL(http://www.kansai-airport.or.jp/)
●厚生省成田空港検疫所のURL(http://www.narita-airport.or.jp/quarantine/)
●旅行者のための言語情報があるURL(http://www.travlang.com/languages/)
●世界中で開催されているコンファレンスの予定が分野ごとに検索できるInternet Conference CalendarのURL(http://conference.calendar.com/)
●グローバルイベントカレンダーのURL(http://www.gii.co.jp/conference/gec_pr.html)
●日経BIZイベントのURL(http://bizevent.nikkeibp.co.jp/eve/top.shtml)

[海外の観光ガイド・リンク集]
●米国で放映されているテレビ番組Histroy TravelのサポートURL(http://www.aetntravel.com/tours/tours.asp?type=12)
●Hotels and Travel on the WebのURL(http://www.hotelstravel.com/homepage.html)

[海外の観光ガイド]
●米国、ヨーロッパ、南アフリカのゴルフ場を検索できるサーチエンジン「Where2Golf」のURL(http://www.where2golf.com/)
●エイチ・アイ・エス、近畿日本ツーリスト、神港トラベル、東急観光、マップ・インターナショナル、ダイヤモンド・ビッグの旅行関連6社が提供する情報のURL(http://travel.yahoo.co.jp/)
●海外ホテル予約ができる「アップルワールド.com」のURL(http://www.appleworld.com)
●「地球の歩き方」のURL(http://www.arukikata.co.jp/gio/)では、東京三菱銀行の協力で、19カ国の現金と8種類のトラベラーズチェック(T/C)の販売・買取レートも提供されている。
●「エイビーロード」のページABROAD NETのURL(http://www.recruit.co.jp/abroad/)
●イスラエル、ヨルダン、ギリシャ、キプロス、メキシコなど、遺跡探検貧乏旅行者のための「国房Heritage(遺跡旅行)」のURL(http://www.kunifusa.com/)
●個人制作のサイトを中心に厳選し、海外、国内旅行のサイトをユニークなコメント付きで紹介する旅行リンク集「旅先案内人」のURL(http://tabisaki.net/)
●旅情報満載のオンラインマガジン「旅コム」(http://www.tabicom.com/)
●旅行に関する海外雑誌「VAGABOND MAGAZINE」のオンライン版THE SIMPLE TRAVELRERのURL(http://www.simpletraveler.com/)
●世界のお祭り情報があるfestival.comのURL(http://festivals.com/)
●世界の祝祭日がわかるThe World Wide Holiday and Festival PageのURL(http://www.smiley.cy.net/bdecie/)
●テレビ朝日「世界の国立公園」のURL(http://www.nikon.co.jp/park/index.htm)
●世界のイベントを調べることができる「EventCal」(http://www.eventcal.com/)
●ツーリズムワールドが発信するオンライン・トラベル・マガジン「旅コム」のURL(http://www.tabicom.com/)。外務省海外安全相談センター提供の海外安全情報も掲載している。また、「旅行選びのトラベルセンター」のコーナーでは、各旅行会社や政府観光局からツアー情報や航空券情報が提供されている。
●海外在住の日系人、留学生などが情報交換できるサイト「Hello! from Japan」のURL(http://www.yin.or.jp/user/herbhcc/JAPAN.HTM)
●海外在住の日本人向け生活情報ページのメーリングリストのURL(http://www.JPNNET.com/)
●海外在住の日本人の日本の商品を販売するサイト「日本カタログ」のURL(http://www.japan-cata.com/)
●日本以外の世界中にある日本食レストランが検索できるThe Sushi World GuideのURL(http://www.sushi.infogate.de/)また、日本食の用語集や日本食に関するリンク集もある。
●英・日・独・仏・中をはじめエスペラント語を含む世界34ヶ国語が学習でき、旅行に役立ちそうな日常会話も分類され、それぞれの単語をクリックすると実際の発音が聴ける。また、10種類の辞典をオンラインで引けるようにもなっている米国のtravlang社のURL(http://www.travlang.com/languages/)。
●世界26カ国の人々の挨拶が聴けるマルチリンガルマラソンのURL(http://www.alc.co.jp/multi/ml/mlhome.html)
●都市の地図情報のURL(http://mapquest.com/)
●JAPANGLOBEのURL(http://www.JapanGlobe.net/)
東洋情報システム(TIS)のイギリス現地法人であるTIS(U.K)が開始した日系企業初のインターネット・サービス。ロンドンの「暮らす・食べる・買う・トラベル」などの情報ある。

[海外のOSで、日本語環境を確保する情報があるURL]
●海外のOSで、日本語環境を確保する情報があるJim Breen教授のURL(http://www.dgs.monash.edu.au/~jwb/japanese.html)
●A useful starting point for PC/Windows users is Fabian van-de-l'Isle's Japanisation FAQ for computers running Western WindowsのURL(http://www.rhialto.easynet.co.uk/jwinfaq/index.htm)

[その他]
●海外勤務健康センター 研究情報部のURL(http://www3.johac.rofuku.go.jp/)
●海外渡航と感染症・寄生虫症のURL(http://www3.johac.rofuku.go.jp/infection/protozoa/t-cruzi.html)
●AMDA熱帯医学データベース ver.2のURL(http://www.amda.or.jp/contents/database/2-2/_index.html)または、URL(http://www.amda.or.jp/contents/database/2-2/u.html)
●米国国務省が発表している2000年問題の影響を最も受けやすい国の海外旅行情報(Travel Warnings & Consular Information Sheets)のURL(http://travel.state.gov/travel_warnings.html)
●世界一周周遊券の旅・トップページのURL(http://www.interq.or.jp/www-user/ivory/aroundtheworld/)
●若い自由な旅行者のための New TravelerのURL(http://www.newtraveler.com)
●ドイツの大学でちょっとやんちゃな頑張り屋の日本人学生が作ったおまけが最高のドイツ留学情報「ドイツは留学天国」のURL(http://www.goukaku.to/germany/)
●世界各地の「ディズニーランド」ホームページ
DisneylandのURL(http://www.disney.com/Disneyland/)
DisneyWorldのURL(http://www.disney.com/DisneyWorld/index.html)
東京のURL(http://www.tokyodisneyland.co.jp/)
ディズニーの子供用有料サイト「Disney Blast」のURL(http://www.disneyblast.com/)
●ディズニーの子供向けの検索サービスDIG(Disney's Internet Guide)のURL(http://www.disney.com/dig/today/)
●ユニバーサルスタジオのURL(http://www.mca.com/unicity/)または、URL(http://www.usf.com/)
●南極大陸の情報のGlacierのURL(http://www.glacier.rice.edu/)
●南極大陸の情報のWired AntarcticaのURL(http://www.geo.umn.edu/people/grads/gcatania/antarctica/)
●旅行者文化人類学のURL(http://www.nifty.ne.jp/forum/fworld/fworldt/mari01/t1_editTree.htm)


festival.comのメニュー
Lufthansa USA Auction「InfoFlyway」の入り口
外貨建て決済
ネッティングの仕組み
アジア進出企業の輸出比率
アジア主要都市の賃金比較
1人当たりのGNP(1996年)
オンラインでの旅行関連利用者情報
オンライン利用者トップ10の最高位に位置するトラベル関係情報
1997〜2003年の旅行関連E-Commerceの伸び
旅行関連のオンラインとオフラインの比較
テネシー大学のDonald Bruce助教授の1979〜2003年個人税収計算
E-Commerceによる価格と税収の変化
E-Commerceの発達による税収の変化
米国のインターネットを使う子供と、使わない子供の比較
子供達がよく使うソフト
E-Commerceの形態と経験年数の比較
1999年と2000年のオンライン利用者が取得した利益比較
2000年8月までの半年間で得た利益の分析
西欧のインターネット状況
ロシアとヨーロッパのインターネット・ユーザーの伸び
米国における8〜12歳の子供とインターネット
2000年11月11日にEarthBrowserで北極上空から見た世界の天気予報
ヨーロッパの2000年インターネット・ユーザー
2000年年末商戦のカテゴリー別販売実績
Price water Houseの2000年年末オンライン・ショッピング調査結果
ヨーロッパの1999年旅行関連e-commerceの分析
E-Mailと著作権
NFO WorldGroup による旅行者とインターネットの調査結果
オンライン・ショッピングを利用する層と販売商品ランキング
PIALPの2001年2〜3月、米国のインターネット・ユーザー分析
GAOが2001年7月31日に公開した航空チケット・ルール
CAIDのインターネットマップCAIDA Skitterのサイト
CAIDのインターネットマップ・ポスター
ユーザーがオンライン・ショッピングを止めた理由(Vividence社調査)
SIIAとKPMGが公開した、インターネット経由の著作権侵害調査報告
IATAが2001年10月30日に発表した航空利用者の落ち込み
IATAのCorporate Air Travel Survey 2001
旅行関連調査会社PhoCusWrightが発表したブッキングとインターネット
Prof. Giuseppe D'Emilio 1753に登場するMarco Polo
ニュールンベルグのFricz Creuesznerが1477年に出版したMarco Polo
フランス国立図書館にあるWunder der Welt(Manuscrit francais 2810)より
Marco Poloが生きた頃のベニス
Marco Poloを雇ったクビライ・ハーン(kublai khan)
IATAが2002年2月5日に発表した運送実績がマイナスを記録
外務省が2002年3月7日に公開した旅券統計(平成13年1月~12月)
米国の博物館と図書館レポート2002
米国、ドイツ、フランス、日本で実施されたオンライン医療の現状
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1997
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1998
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2001
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2002
Nielsen/NetRatingが2002年4月14日に公開した、オンライン旅行会社調査報告
How Long Should Dinner Take?
2003年1月23日にGAOが公開した中小空港のレポート
民間航空と都会の経済に与える影響
GAOの空港と航空会社の税金に関する統計調査報告書
1984〜2002年のCIA-World Factbook表紙
GAOが公開した、2030年までの空港経営戦略
statewatch.orgが2003年2月18日に報告した航空機や旅客船搭乗者リスト確認
GAOが2003年2月26日に公開した空港運営経済レポート
2002年10月24日にEUが発行した航空機乗客情報を米国に渡す条約
EUと米国の航空機や旅客船搭乗者リスト交換の共同声明
米国の国際空港と小さなコミュニティ航空サービスについてのレポート
Nationmasterで比較した世界の電話
Airline Labor Relations: Information on Trends and Impact of Labor Actions
外務省が2003年8月5日に公開した「海外における誘拐対策Q&A」
外務省が2003年8月5日に公開した「海外における脅迫事件対策Q&A」
民間航空機のキャビンで起こる事件や事故とセキュリティ
民間航空の保険に関する調査についての情報
GAOが2003年12月17日に公開した航空貨物「カーゴ」のチェック・レポート
Illustrirte Zeitung1846年1月24日号に掲載されたStrassburg駅-1
Strassburg駅-2
Illustrirte Zeitung1846年1月24日号に掲載された1845年11月30日のLondonの鉄道計画局前
利権を求めて集まった鉄道関係者
鉄道計画会議
鉄道計画室
鉄道企画室で図面を奪いあお関係者
Illustrirte Zeitung1846年4月11日号に掲載された北ドイツの鉄道信号サイン
鉄道手信号
鉄道信号操作風景
Telegraphで指示された鉄道信号
Telegraphの指示で信号を動かす鉄道員
鉄道緊急停止
2004年2月14日に公開した、コンピュータを活用した入国検査レポート
2004年2月14日に公開した、空港での手荷物スキャン実験報告書
Illustrirte Zeitung1847年3月6日号に掲載された列車事故防御服
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraphの海底ケーブル敷設風景
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraphのGrinez Klippe海底ケーブル敷設風景
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたDover側のTelegraphターミナル
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたDoverとGalais間のTelegraph出力器
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraph印字機
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraph解読印刷機
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたTelegrapheテープ
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたTelegraphで書かれた絵と文字
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載されたBainの電子化学コピーTelgraphシステム
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された汽車のブレーキ・テスト
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された汽車の重量測量
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された車輪間隔測量
Illustrirte Zeitung1851年12月16日に掲載された枕木テスト測量
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された列車の昇降テスト
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたBavaria汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたSeraing汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたVindobona汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたWieenerNeustadt汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたドーバー海峡トンネル計画図
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-1
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-2
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-3
Illustrirte Zeitung1852年12月11日号に掲載された蒸気を利用した公共食堂のボイラー
Illustrirte Zeitung1852年12月11日号に掲載された蒸気を利用した公共食堂のキッチン
Illustrirte Zeitung1853年5月28日に掲載されたベルギーでの海底ケーブル陸揚げ風景
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジンを開発したJohann Criessen
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン図
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン室
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン船
Illustrirte Zeitung1853年6月25日に掲載された米国で開発されたミシン
Illustrirte Zeitung1853年6月25日に掲載されたミシンの糸巻き器
Illustrirte Zeitung1853年11月19日に掲載されたファラディーの機器
Illustrirte Zeitung1853年5月28日に掲載されたSpezziaとCorsicaの地中海海底ケーブル陸揚げ風景
Illustrirte Zeitung1853年2月11日に掲載された列車暖房機
Illustrirte Zeitung1853年2月11日に掲載された列車暖房機温度表示器
米国のGAOが2004年9月7日に公開した在外大使館管理レポート
「Talking Street tours」の巻頭ページ
GAOが2004年11月16日に公開した大使館構築に関する成果と展望
U.S. Forest Service(米国林野局)が公開している米国国立公園地図
Illustrirte Zeitung1856年3月8日に掲載された急行汽車
列車方向転換装置
Illustrirte Zeitung1856年4月12日に掲載されたロシアのSt.Petersburgのお祭りButterwoche
Illustrirte Zeitung1856年6月14日に公開されたポツダム橋列車落下事故
GAOが2005年7月15日に公開した、国際空港のセキュリティに関するレポート
外務省が2005年8月25日に公開した「米国における対日世論調査」
外務省が2005年8月25日に公開した「ロシアにおける対日世論調査」
外務省が2005年8月25日に公開した「モンゴルにおける対日世論調査」
SITAが2005年9月1日に公開した調査結果
Internacia Televidoの解説
GAOが2005年10月6日に公開した世界的なマラリアに対する投資と実施に向けた報告書
外務省が2006年2月20日に公開した2005年1月〜12月の旅券統計
リクルートのエイビーロード休刊報告
GAOが2006年9月26日に公開した、安全な旅行環境を確保するためのシステムについてのレポート
GAOが2007年4月27日に公開した、入国審査と税関に関する情報技術レポート
「Mongolian media landscape Sector Analysis」
MarketingChartsは2008年1月7日に公開した、2007年11月のクルーズ旅行代理店サイト・トップ10のチャート
2007年11月の旅行:ホテル・チェーンWebサイト・トップ10
アメリカ人旅行者レポートの「The State of the American Traveler」
GAOが2008年9月10日に公開した、入国審査と税関査定に関する報告書

インターネット旅行代理店
国別・地域別の旅行関連ホームページ(アメリカ)
国別・地域別の旅行関連ホームページ(アメリカ)-2
国別・地域別の旅行関連ホームページ(ヨーロッパ)
国別・地域別の旅行関連ホームページ(アジア)
国別・地域別の旅行関連ホームページ(オセアニア)
国別・地域別の旅行関連ホームページ(アフリカ)
国別・地域別の旅行関連ホームページ(アラブ)
旅行関連ホームページ(国内)
世界各国のホームページ
世界の航空会社情報
国際旅客連合
マルチメディア・ステーション・サービス
WINDOWSrobo
トラベル・キオスク
MEDIA TOWER
ツアーネット
ローソンCSほっとステーション
マルチメディア情報サービス・ターミナル
An-Nai
InterTV
Webpublisher
SABRE
Airviewシステム
フロンサー21
インターネットによる気象衛星画像の入手
単位
バーチャル・トリップ
地球の歩き方デジタル特派員
Expedia
AXESS
able
JAL DOMESTIC
CRS
MTN
チケットレス・システム
海外旅行代理店関連ホームページ
国内旅行代理店関連ホームページ
トラベルナビゲータ
交通関連のURL(海外)
交通関連のURL(国内)
MHTML(Multilingual HTML)
CountryNet
The Weather Underground
Buyer-Driven-Commerce
WebMark-RR
Kodak's Holiday Picture Taking
WorldCities 2000
CYBERBUSS
オーストラリアのマルチメディア関連情報
インドのコンピュータ関連情報
ES@SCHOOL
エアロエクスチェンジ
航空機内インターネット接続
旅客機内で使用できるACアダプタ
Cafe Digital
電子通販
デジタル著作権
デジタル映像の著作権保護
版権ビジネス
万国著作権条約
パソコン関連の著作権事件年表
アンチ著作権パラダイス
電子メールと著作権法
中東教育情報リサーチ研究所
MaGlobe
国際会議の情報
Opodo
SPTグループに参加している企業及び団体
特定交通情報提供事業
コンシェルジェ・サービス
世界の国際空港
米国内の国際空港
FIT(Free Independent Tour)
Creative Commons
e-Toolbox
自由利用マーク
EYEマーク
統計関連情報があるURL
CIA(Central Intelligence Agency)
民主主義と特許
NTSB(National Transportation Safety Board)
Creative Commons
CIA World Factbook
メディアと衛星画像
携帯電話を使った観光ガイド「Talking Street tours」
SPTグループに参加している企業及び団体
GLOBCOVER project
ADIOS(Automatic DIstillation of Structure)
航空券ネット予約サービス
EU-PNR(passenger name record)
Global Text Project
US$100 PC project
Bluenity