エントロピー増大規制法


エントロピーをテーマにして日刊工業新聞から昭和54年7月25日に発刊された笹原雪彦著のSF小説「知識鉱脈」で仮想の規制法として登場させた、物質、エネルギーを適正かつ有効に使用し、使用後の廃物、熱を一定の管理区域内に貯蔵し、有効成分は最大限の活用を要求し、無害と確認されるもの以外は外部の環境に放出してはならないというエントロピーを基準にした規制法です。

>> さらに詳細な情報はこちら