エンコードK2

ENC K2


日本ビクターとビクターエンタテインメントが2002年10月29日に開発したと発表した、リジョナルマスターからCDフォーマットへのエンコード過程で音質劣化要因を除去してCDやDVD Audioなどのデジタル・オーディオ・ディスクの音質向上を図り、CCCDでもオリジナルマスターに限りなく近い高音質を実現できる技術の名称。デジタル・オーディオは符号が変化しない限り理論的には音質は変化しないことになっているが、実際には伝送過程での符号外成分(リップル、ジッター)があることから音質が変化する。また、CCCDはパソコンでのリッピングを防ぐ目的で特殊な信号が含まれるため、CCCDは音質の悪化が指摘されていたため、符号外成分を含むデジタル信号から、理論上の「1」「0」のみを瞬時に読み取った上で新たなデジタル信号を生成することで、音質劣化要因を除去する「K2テクノロジー」をベースに、「エンコードK2」は新たにEFM信号(Eight to Fourteen Moduration/CD用の変調方式)に対応させ、CDフォーマットへのエンコーダプロセスに組み込んで開発された。ビクターではすでに「K2テクノロジー」を、マスターテープ再生時の音質変化を除去する「Digital K2」、ガラス原盤作成時にレーザー・カッティングの精度・純度を高める「K2レーザーカッティング(K2 LC)」で導入している。「ENC K2」の開発で、CD制作のカッティング工程で一貫して音質劣化要因を取り除く「Full Code Transfer System」を確立し、すべてのCDをオリジナルマスターと同等の音質に再現するマスターダイレクト構想を実現した。詳細情報はURL(http://www.jvc-victor.co.jp/products/others/ENCK2.html#01)で知ることができる。