衛星通信回線VAN


衛星通信回線を販売する事業の総称。衛星通信事業には第1種衛星通信事業者と第2種衛星通信事業者があり、衛星通信回線VANはこのうち、第2種衛星通信事業者を指すことが多い。第1種衛星通信事業者は自ら衛星通信回線を保有し、第三者に衛星通信サービスを提供する事業者で、第2種衛星通信事業者は衛星通信回線を第1種衛星通信事業者などから借り受け、第三者に衛星通信サービスを提供する事業者のことである。第1種衛星通信事業者には、日本通信衛星(JCSAT/Japan Communications SATellite company,inc.)、宇宙通信(SCC/Space Communications Corp.)、サテライト・ジャパン(SAJAC/SAtellite JApan Corporation)、日本電信電話(NTT)などがあり、第2種衛星通信事業者には、スーパーネット、日本サテライトネットワーク、スカイネットコミュニケーションズ、テレコムサット、スター・コミュニケーションズ、ビデオサット、フォルス・コミュニケーションズ、ニッケンサテライト、日本ビジネステレビジョンなどがある。しかし、経営的を効率化のために、衛星通信回線VANは合併したり、清算することが多い。例えば日本サテライトネットワークは1996年3月31日で清算し、ビデオサットが営業権を引き継ぎ、社名を衛星ネットワークに変更した。10月には、衛星ネットワークが三井系のサテライトアップリンクと対等合併し、3社が持っていた6カ所の通信設備を4カ所に集約した。日本サテライトネットワークが実施していたデータ通信事業とビデオサット、サテライトアップリンクが実施していた映像伝送事業を合併したことによって、マルチメディア型の通信サービスを実施するようになった。このように合併、吸収、事業提携が繰り返される背景には、現状では独立した事業として成り立たないことが多いためである。いつから独立した事業として成り立つようになるかは、だれにも予測できないのが現状である。JSATは2002年2月28日に、東経154度にあるJCSAT-2の後継機として、日本向けのKuバンド(帯域幅57MHz/中継器本数16本)と、アジア、オーストラリア、ハワイをカバーするCバンド(36MHzと54MHz/中継器本数16本)の2種の周波数帯を持つ通信衛星「JCSAT-2A」を2002年3月29日に南米フランス領のギアナからアリアン44L型ロケットで打ち上げると発表した。詳細情報はURL(http://www.iijnet.or.jp/JSAT/site/news/2002/p_020228/index.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2002年7月15日に。衛星通信を活用した、新しいコミュニケーションへの挑戦に関するレポート「National Airspace System: FAA's Approach to Its New Communications System Appears Prudent, but Challenges Remain. GAO-02-710, July 15」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-02-710)で知ることができる。米国のGAO(General Accounding Office)は2002年8月に。民間の衛星通信を利用したサービスのセキュリティに関する危険性を指摘したレポート「Commercial Satellite Security Should Be More Fully Addressed」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/new.items/d02781.pdf)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年6月12日に、NASAの巨大プロジェクトとリスクに関するレポート「NASA: Major Management Challenges and Program Risks, by Allen Li, director, acquisition sourcing and management, before the Columbia Accident Investigation Board, in Washington, D.C. GAO-03-849T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-849T)で知ることができる。