ユニバーサル・サービスに関するFCCの発表


世界的に影響力がある米国のFCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)のユニバーサル・サービスに対するの考え方は、全世界の人間が確保すべき最低の条件であり、世界的規模における通信環境に影響があると考え、ここに全文を掲載する。FCCのコミッショナーであるマイケル・コップス(Michael J. Copps)は米国上院商務委員会(Senate Commerce Committee)のユニバーサル・サービス基金(USF/Universal Service Found)公聴会で2007年3月1日に、米国のユニバーサル・サービス基金の現状と未来について、「私たちには共同体が存在指定ない、市民全員この新しいデジタル時代における基本的な高度テレコミュニケーションへのアクセス不足によって置き去りにされないことを保証するつもりであるなら、適切な誘因を求めて方針を新たに調整する必要があり、ユニバーサル・サービス基金計画の一部として、これらの新しい機会を作成する技術を入れなければなりません。 よりわかりやすく、もうブロードバンドをユニバーサル・サービス・システムに導入すべき時です。また、私たちは、ユニバーサル・サービス基金の貢献ベースをアップデートし、拡張しなければなりません。私たちは、消費者、領域、および技術の中で、最大の公平さがある状態に基金が分配されるのを確実にしなければなりません。そして、私たちは、まだ非田舎の経済学であり、田舎、そして、本当に遠く離れたサービスエリアが基本的に異なっていることを認めなければなりません。(If we are going to ensure that no community, no citizen, is left behind by lack of access to basic or advanced telecommunications in this new digital age, we need to think anew, adjust our policies and craft the proper incentives.
We must include these new opportunity-creating technologies as part of our Universal Service Program. In plainer English, it is time to bring broadband into the Universal Service System.
We must also update and broaden the USF contribution base.
We must make sure funds are distributed with maximum equity among consumers, areas and technologies.
And we must recognize that the economics of non-rural, rural and truly remote service areas are fundamentally different.)」と、ユニバーサル・サービス基金の改革を訴えた。米国はまだ、ユニバーサル・サービスの基準としてブロードバンドを確実に導入していない。さらに、現在も都市中心の考え方が先行し、田舎や遠く離れたサービスエリアでデジタル・デバイドが実在していることを指摘している。これまで、国土の広いことが国の裕福さを象徴してきたが、ネットワーク時代にはそれが足かせになり、国全体の進化が遅れはじめ、都市だけが近代化を実現していることが表面化し始めている。詳細情報はURL(http://commerce.senate.gov/public/index.cfm?FuseAction=Hearings.Testimony&Hearing_ID=1819&Witness_ID=1944)または、URL(http://commerce.senate.gov/public/index.cfm?FuseAction=Hearings.Hearing&Hearing_ID=1819)で知ることができる。

[全文]
JOINT BOARD MAKES UNIVERSAL SERVICE RECOMMENDATIONS TO FCC

From the news release: The Federal-State Joint Board on Universal Service made recommendations to the FCC on how to ensure that local telephone rates in rural and high cost areas remain affordable and reasonably comparable to rates in urban areas both today and as America's telecommunications marketplace moves from monopoly to competition. The recommendation will help inform the FCC's decision next spring related to the amount of universal service support non-rural carriers (in general, large local telephone companies) should receive for serving high cost areas. The Joint Board's Recommended Decision, and the FCC's pending proceeding, are intended to carry out Congress's directive that universal service be preserved and advanced in a manner compatible with competition. Highlights include: 1) no state should receive less support from the new high cost mechanism for non-rural carriers than it receives from current explicit federal support mechanisms, 2) the 25/75 jurisdictional division of responsibility for high cost areas will be replaced by a new methodology, 3) the Joint Board reaffirmed that support should be based on forward-looking costs, 4) the FCC should work with carriers to prevent them from over-recovering their contribution amounts, and 5) the Commission should take decisive action to ensure that consumers are not misled as to the nature of charges on bills associated with recovering universal service contributions. 詳細情報はURL(http://www.fcc.gov/Bureaus/Common_Carrier/News_Releases/1998/nrcc8085.html)で知ることができる。