メディア界のダーク・エンジェル

Dark Angel of Media

メディア界の暗い天使

米国のFoxテレビが野球のプレーオフを放送しなくなり、国営放送NBCがすべての野球のプレーオフを放送することになったことから使われた代名詞。民主的な立場から、完全にクリアではない援助の天使ということになり、日本ではNHKということになる。メディアの民主主義を訴える「MediaChannel.org」は2004年9月10日に、ABC、CBS、 Fox、NBCのオーナーに向けて、野球のプレーオフを総合的に放送する環境を確保するように、嘆願書を起草して公開した。詳細情報はURL(http://www.ourairwaves.org/press/release.php?ReleaseID=60)で知ることができる。イギリスのindependentは2004年10月1日に、イギリスのメディア調整機関Ofcomが2004年9月30日に、イギリスのBBCに対抗できる革新的な内容で、広帯域インターネットを利用して、できるだけ広く配信する要求されるPVRs、携帯電話ネットワーク及びケーブル、衛星及びデジタルTVを利用した新しいPSB(Public Service Broadcaster/公共事業放送会社)の創設するために提案した「News release: A new framework for Public Service Broadcasting」を公開し、30億ポンドの予算を請求した。この新しいサービスは、BBCを除く現在の放送会社、メディア会社、独立した生産者、下部組織オペレータによる競争入札によって実施されると報告した。日本でも、このところのNHKの不祥事を見た場合、NHKの独占的公共放送ということが大きな問題であり、NHKに対抗し、NHKのおごった行為に真っ向から対決できる、全く別のインターネットを利用した公共放送局が必要なのかもしれない。詳細情報はURL(http://news.independent.co.uk/uk/media/story.jsp?story=567652)または、URL(http://www.ofcom.org.uk/media_office/latest_news/20040930_nr)で知ることができる。経済産業省は2004年12月28日に、「エンジェル税制におけるハンズオン型投資事業有限責任組合認定制度の認定について」を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20041227007/20041227007.html)で知ることができる。米国のMediaChannel.orgが2005年5月23日に、デニー・シェクター(Danny Schechter)がThe National Conference for Media Reformで講演した「Why We Need A Media And Democracy Act(なぜメディアと民主法が必要か)」を公開し、デニー・シェクターの考えによれば、メディアと民主法に求められる条例として、「マスメディア独占禁止法がメディア独占を許さない一括法案で、メディアと民主法が確保できる」「公共放送のための基金戦略と、独立生産共同体の実現(税金が広告の状態で、恐らく融資される)」「公正の原則の復権」「電波領域の許可に政治的圧力から解放する」「広告における正直と精度の限界をモニターする」「公益におけるメディア自由のための保証」「学校でのメディアリテラシー教育」「自由な無線電信のための条項」「メディアトレーニングとアクセスセンター」「メディア・アートなど、より多くのサポート」が必要であり、これらの条例の目的は、最初に外に行き渡ると予想するのではなく、本当に、公益を図ることができて、知らせるメディアシステムをの民主的にするように必要であって、それが可能であるか、そして、政府の政策がどのように規定の枠組みを形成するか、そして、どのように国家のプライオリティと基金を使用することができたかを示すべきであると説明した。つまり、これらが守られなくなると、民衆のためのメディアの必要性は無くなり、民主主義が存在できなくなるということになるが、現実的に日本ではマスメディア集中排除の原則が緩和される方向であり、公共性は少なくなり、政府にゴマをすって補助金を得て、電波領域を得るために、番組内容を変更している。詳細情報はURL(http://www.mediachannel.org/views/dissector/affalert380.shtml)で知ることができる。Editor & Publisherは2006年7月29日に「3 Local Billionaires Bid for 'Los Angeles Times」を公開し、まだだれもロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)を売るといっていないのに、地元の億万長者3人がまったく別々に買いたいと親会社のトリビューン(Tribune Co.)社に手紙を書いてきたと報告した。トリビューン(Tribune Co.)社では、それらの手紙を見て、2006年7月19日に役員会議でそれらを見直すことになったと報告している。買いたいと申し出たのは、慈善家のEli Broad、芸能界の成功者でハリウッド・べービートの呼ばれているDavid Geffen、それに元スーパーマーケット男爵と呼ばれているRon Burkleであった。詳細情報はURL(http://www.editorandpublisher.com/eandp/news/article_display.jsp?vnu_content_id=1002914832)で知ることができる。