迷惑URL

Jank URL

ジャンクURL>>スパム・サイト

まだブロードバンドが普及していなかった、一般にインターネットの回線スピードが遅く、接続もダイヤルアップで利用されていた頃、ホームページに巨大なGIF.やJPEG、アニメーション・データ、音声データ、Javaなどを使いすぎ、見るだけで5〜10分以上インターネットに接続しつづけ、情報はホームページの制作者の自己満足的なデータが多く、観覧者に役に立たないホームページ・アドレスの総称。迷惑URLは、とくにインターネット上で、自分の作品を展示している作家のURLに多く、ホームページ制作者とプロバイダ、NTTだけに利益があると非難されていた。また、最近は文字データだけで十分なホームページにやたらGIF.やJPEG、アニメーション・データ、音声データを張り込むホームページが多くなってきている。これも一種の迷惑URLといえる。また、ホームページを開いたら、バナー広告のインプレッション数を増やす目的で、膨大な数の関係ないブラウザウィンドウが開きまくり、その1つを消そうとするとまた別のブラウザウィンドウを開くという迷惑なサイトや、ウイルスでも配布しているのではないかと疑いたくなる怪しい.exeファイルや.docファイルなどを勝手にダウンロードするサイトも登場している。また、乗っ取り広告ツールで、目的のサイトに来たユーザーをスポンサー付きのサイトに呼び込むことも多くなっている。Googleでは、隠しテキスト、不正なクローキングや誘導ページなどを使ったサイトを「スパム・サイト」として通告することができるURL(http://www.google.co.jp/webmasters/spamreport.html)を公開している。


SPAMの缶詰
SPAMの調理法
このSPAMの賞味期限2001年11月12日
CATSの投票用紙-1
CATSの投票用紙-2
インターネットユーザーのオンライン金融の利用率
Webショップのプライバシーに対する情報掲載
A Brief History of the InternetのTimeline
2000年7月18日に発表したUCE Act 2000のリリース
2000年5月〜6月のオンライン・ショップの数と売り上げの伸び
オンライン・ショップ・リピーターの意識
イギリスのNCCが発表したオンライン・ショップの拒否原因
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
世界における1999年と2000年年末のオンライン小売り予測
米国の年齢別インターネットユーザーの利用時間
インターネット広告のカテゴリーとタイプ、歴史
米国の18歳以上で、1998年と2000年にオンライン・ショップ利用経験者
米国のインターネット広告掲載タイプ要求と提供タイプの比較
各国のカテゴリー別オンライン・ショップの分布
2000年6〜10月のオンライン・セールス推移と業種
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
1999年と2000年の10月、11月、12月のウイルス比較とその種類
IMT Strategies調査による米国ユーザーのスパム・メールに対する対応
カナダ人が感じる迷惑なメール
GAOによる2001年10月16日のバックボーン・マーケットの調査報告