虫の知らせ

telepathic impressiom>>dir Vorahnung>>praesagitio>>sixth sense

第六感

ことが起こる前に、何となくその現象が起こることを予感することの総称。日本では体の中に虫がいて、それがざわめくと災いが起こるということから「虫の知らせ」というが、海外では体の中に虫がいるといえば寄生虫などのことで、感覚的にとらえないことから、テレパシーで何となく感じると言うことで、「Telepathy and the Etheric Vehicle」「Three Types of Telepathy」などと表現される。詳細情報はURL(http://www.aquaac.org/dl/02nl4art1.html)で知ることができる。また、イギリスBBCは2004年12月31日に多くの死者が出たスリランカで、津波は最大3.5kmも内陸に波打ち寄せたが、Wildlife officials in Sri Lankaが調査した結果、動物たちは第六感(sixth sense)が働いたのか?一匹も死んだ動物を発見していないと報告した。また、スマトラ島で虎の飼育をしているDebbie Martyrも、虎の死骸を一匹も発見していない、「Wild animals in particular are extremely sensitive,(野生動物は非常に敏感)」と報告している。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/south_asia/4136485.stm)で知ることができる。