ミニマル・アート

Minimal Art


フランク・ステラが先駆になり、ソル・ルウィット、ドナルド・ジャッド、カール・アンドレ、リチャード・セラなどが参画し、絵画や彫刻の構成要素である素材を多く使わず、色彩や形態も最小限に抑え、個人感情や主観性など、制作者の痕跡も極力残さないで、要素そのものをきわだせるようとする1960〜1970年代に米国を中心として展開した芸術運動です。

>> さらに詳細な情報はこちら