ミニチュア・エフェクト

miniature effect


映画やテレビで使われるアナログ方式のSFX技法の1つで、フル・スケールを製作することが物理的、経済的に不可能な場合に、縮尺を小さくした模型を作り、その動きをコントロールして実物のように見せる映画の特殊効果の総称。ただし、模型を動かす場合、地球上の運動原理からいって物体の運動は大きさと質量によって重力、引力、摩擦力、浮力が異なるため、模型の加速や進行、減速、停止などのときに神経を使わないと、すぐに観客にオモチャだと感じさせ、迫力ある場面なのに、白けた子供だましの映像になりかねない。ミクロの決死圏(Fantastic Voyage/1966年)は、ミニチュア・エフェクトでアカデミー賞を受賞した数少ない例といえる。船の場合、いくら精巧なミニチュアを作ってもそれを浮かべる水の作る波の形が大きな問題になることが多い。圧縮空気を吹き付けたり、水にミルクを混ぜて臨場感を出したり、浸潤剤を混ぜて表面張力を減らすなど、それぞれのスタジオで技術が競われている。


Nadrian C.Seeman Lab.がDNAで開発したナノ・ロボットoctahedron
Ken Edwardが作ったDNAで開発したナノ・ロボットoctahedronの活躍想像図
1665年、世界で最初にミクロの世界を紹介したMicrographiaの扉
産業革命に影響された1890年にLouis Poyetが描いた「発明する頭」
1908年にLouis Poyetが描いた「Dr.Marageの写真と声」
1900年にCaptain Chevalierが作った「電器の標的」
1919年にRaoul Hausmannが作った「時間のスピリット」
米国のインターネットを使う子供と、使わない子供の比較
子供達がよく使うソフト
米国における8〜12歳の子供とインターネット
2001年5月にCSISが発表したマイクロチップとスーパーコンピュータ
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1997
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1998
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2001
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2002
平成15年度「医科分野の情報システム構築事業」の公募の結果について
平成15年度「歯科分野の情報システム構築事業」の公募の結果について
平成15年度「薬科分野の情報システム構築事業」の公募の結果について

SFX
エフェクタ
メカニカル・エフェクト
フルスケール・ビジュアル・エフェクト
スペシャル・プロップ・エフェクト
リア・プロジェクション・エフェクト
フロント・プロジェクション・エフェクト
ステーショナリー・マット・エフェクト
オプティカル・プリンタを使ったエフェクト
トラベリング・マット・エフェクト
モーション・コントロール・カメラ・エフェクト
ハンド・オン・アニメーション・エフェクト
コンピュータ・グラフィック・エフェクト
スペシャル・メーキャップ・エフェクト
マペット・エフェクト
モデル・アニメーション・エフェクト
スタント・エフェクト
映画関連のホームページ
建設省水分水質データベース
光造形システム
インナースペース
ナノ・テクノロジー
コンピュータ外科
Six Step Lesson Plan
シミュレーション法
ファービー
ニャームコ
マッピー
DC06
Robot-ism 1950-2000
PONG
マイクロマイクロ
米国映画芸術科学アカデミーの新規約
Machinima
利己的な遺伝子
Palm Pilot Robot
hopper
リアルタイムLinux協議会
アクアロイド
経団連が発表したナノテクが創る未来社会
Strained Silicon
Robo-roach
レスキューロボットコンテスト
ペタ・コンピューティング
シンギュラー・ポイント
スーパーコンピュータ
映画ダウンロードサービス
情報システム安全対策指針
プライバシー情報管理システム
昆虫サイボーグ