ミニ携帯ゲーム


携帯ゲーム機のゲームボーイより小型で、キーホルダーなどにして、ポケットなどに入る小型の専用ゲーム機の総称。一般的にはゲーム内容の書き換えや差し替えはできない。以前から古くなったCPUなどを利用して、台湾や香港、中国などから輸入されていたが、最近ではバンダイの「たまごっち」や任天堂の「ポケットピカチュウ」などの爆発的なヒット商品の登場で全世界的に需要が拡大し、専用のCPUまで開発されるようになっている。飽きたら捨てるゲーム機として登場したことから、電池が無くなるとそのほとんどは捨てられてきている。また、ゲーム業界の裏事情があからさまに公開されているPowertodayの「ゲーム業界残酷物語」では、内部告発から、現在開発中のゲームの未来予測の「エルザルダマスの大予言」の解読版までが掲載されていた。経済産業省は204年10月30日に、テレビ・ゲームなど映像メディア産業が進展する一方、映像の生体に及ぼす影響が懸念されており、総合的な映像の生体安全性評価法のISO(国際標準化機構)ガイドライン制定を目指し、日本工業標準調査会(JISC)と(独)産業技術総合研究所の共催で、2004年12月7 9日に東京国際交流館(東京お台場)で国際ワークショップを開催すると発表した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20041129003/20041129003.html)で知ることができる。ナムコとバンダイは2005年5月2日に、2005年9月29日に持株会社「バンダイナムコホールディングス」を設立し、経営統合すると正式に発表した。詳細情報はURL(http://www.namco.co.jp/pr/release/51/51-050502.pdf)または、URL(http://www.namco.co.jp/pr/release/51/51-050502refer.pdf)または、URL(http://www.bandai.co.jp/releases/images/3/21567.pdf)で知ることができる。経済産業省製造産業局日用品室は2005年9月22日に、バンダイおよびナムコから2005年9月20日付けで提出された「事業再構築計画」について、産業活力再生特別措置法第3条第6項の規定に基づき審査した結果、同法第2条第2項第1号に規定する事業の構造の変更及び同項第2号に規定する事業革新を行う者として同法で定める認定要件を満たすと認められたため、2005年9月22日付けで事業再構築計画の認定を行ったと報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20050922003/20050922003.html)で知ることができる。申請から2日で認定されたことになる。経済産業省は2006年2月23日に、バンダイナムコホールディングス、バンダイおよびナムコから2006年2月20日付けで提出された「事業再構築計画」について、産業活力再生特別措置法第3条第6項の規定に基づき審査した結果、同法第2条第2項第1号に規定する事業の構造の変更及び同項第2号に規定する事業革新を行う者として、同法で定める認定要件を満たすと認められ、事業再構築計画の認定をしたと報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20060223003/20060223003.html)で知ることができる。