マイクロソフト・アドバタイジング

Microsoft Advertising


Microsoft社が2008年7月1日からオンライン広告事業を強化し、展開するため、2008年6月30日に発表したブランドの名称。
「ソフトウエア+サービス」戦略の下で、「メディア×テクノロジー」をキーワードに、「MSN」や「Office Online」などのメディアと、「Sliverlight」や「Windows Live」「Virtual Earth 3D」といったテクノロジーを融合させ、広告主や媒体主に、さらに強化したソリューションを提案すると報告している。
Microsoft社は、ーム内広告配信のMassive、モバイル広告配信のScreenTonic、そして昨年広告配信テクノロジーのAtlas、広告ネットワークのDRIVEpm、インタラクティブエージェンシーのA|Razorfishなどを傘下に持つaQuantive社を買収し、Facebook、Digg、Viacom、Wall Street Journal Network、CNBCとPiczoなどのデジタルメディアとも提携し、オンライン広告事業拡大・強化を図ってきている。
マイクロソフトアドバタイジングでは、これら戦略的な取り組みをいかし、マイクロソフトの「ソフトウエア+サービス」戦略の下、「メディア×テクノロジー」をキーワードに、MSN(R)、Windows Live、Microsoft Office Online、Windows Media.comに加え、Facebookなどのデジタルメディアと、aQuantive社やマイクロソフトの技術であるSilverlightや Virtual Earth 3D、ソフトウエアとしてのWindows Liveのテクノロジーなどを融合して、広告主に対してだけでなく、パブリッシャー向けもさらに強化したソリューション提案を実現していくと言っている。
例えば、広告主へはコンシューマー(生活者)の変化に対応した広告ソリューションを提供し、パブリッシャーへはアドネットワーク、広告配信プラットフォームを提供することで、より強固な関係を構築することが可能となると報告している。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3479)で知ることができる。