マルチホップ型無線LAN


メッシュ状に配置した無線の基地局がデータをバケツ・リレー伝送し、近隣の住居の無線アクセス・ポイントとしても機能する無線通信方式の総称。よく知られた「マルチホップ型無線LAN」として、ホット・スポットがある。NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2005年3月9日に、ADSL設備の設置や光ファイバの敷設が困難な場所でも通信環境が構築できる無線の通信規格にはIEEE 802.11b/gを採用し、基地局同士は500〜600m離しても通信できる「マルチホップ型無線LAN」を採用して、山口県岩国市の米海兵隊岩国航空基地に駐留する住民に対するインターネット・サービスを10年間提供する契約を海兵隊コミュニティサービス部門(MCCS)から受注したと報告した。詳細情報はURL(http://www.ntt.com/release/2005NEWS/0003/0309.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2005年5月17日に、ワイヤレス・ネットワークのセキュリティに関する改良レポート「Information Security: Federal Agencies Need to Improve Controls over Wireless Networks. GAO-05-383」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-05-383)で知ることができる。米国のハイテク市場調査会社In-Stat.は2005年7月5日に、これから数年は携帯電話会社の苦しい状態が続くが、携帯電話基地局は2004年の180万から2009年には350万へと倍増すると報告した。今後大きな問題になるのは、必要な容量の新技術、基地局アップグレード、増加、どの技術を基地局に持たせるかといった競争時代が到来し、大きな携帯電話市場の揺れが起こり、さらにインフラ設備の価格は低下し続け、設備の効率が増加し、より少ない設備で多くの加入者を扱うことができるかも大きな問題になり、基地局効率の増加は加入者の絶えず増加する数について行くことができなくなると予測している。ただし、これは現状のようなそれぞれの技術によって基地局を構築するという旧来の無線基地局構築思想のままであり、基地局の複数技術共有という考え方が登場することで大きく変わってくるはずである。詳細情報はURL(http://www.instat.com/press.asp?ID=1388&sku=IN0502119GW)で知ることができる。米国のMAP(Media Access Project)は2006年1月30日に「MAP Files Comments in Massport/Continental Airlines OTARD Proceeding」を公開し、「ラストワンマイル」の権利を空港が取得するのか、それとも航空会社が管理するのかという巨大空港とコンチネンタル航空(Continental Airlines)の攻防がつばぜり合いを開始したと報告した。航空機内でインターネット接続ができるようになり、空港に降り立ったとき、設定を変えるなどという面倒なことがないようにシームレスな環境を提供してくれるなら、ユーザーとしてはどこが管理しても問題はないといえる。詳細情報はURL(http://www.mediaaccess.org/)で知ることができる。Center for Media Researchは2006年11月3日に、Telephiaからの情報として米国の家庭では地上通信線を止めて、完全に無線環境に移動を開始し、第2四半期の調査では米国で最も大きい20の都市で無線への代替が最も高い速度で変化し、デトロイトとミネアポリスの家庭でそれが明確にあらわれていると報告した。TelephiaのNew ProductsのVPであるKanishka Agarwalは、「所得水準、民族のミックス、および平均年齢を含んだ、いくつかの要素が大都市の市場で異なって、無線の代替の速度に影響を及ぼしています。」と分析している。デトロイトとミネアポリスでは、それぞれ19と15.2%の家庭で無線電信代替率を掲示した。タンパ都市エリアは、約17万7000の家庭を代表して、15.1%トのレートを保証した。アトランタの約21万9000の家庭とワシントンDCの22万の家庭が有線を止めた。サンフランシスコはリストの下部で、レポートによると、サンフランシスコの都市エリアは5.5%(約10万5000の家庭)が無線の代替率を掲示した。Kanishka Agarwalは、「サンフランシスコ市民は伝統的に先進技術の初期採用者です。トポロジーと帯状になる理由で、サンフランシスコのモバイル・ネットワークは他の先頭を行く都市と比べるほど信頼できません。そして、それはそれほど魅力的でない代用品です。」と言い足しました。米国など、有線を確保するには土地が広すぎる場所では急速にWi-Fiへ移動している。1年前には、こんな馬鹿げたことで悩んでいたのかと思うほど、時代は急速に変化している。このスピードに対応できない企業や政治家は、早く引退すべきで、多くの携帯電話事業者は、まだ携帯電話にこだわっていることから、ソフトバンクは、良いタイミングで無線環境に参入したのかもしれない。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=061103)で知ることができる。ロイターとニューヨークタイムズ(New York Times)は2007年7月19日に、米国政府は州と地方の非常時における公共安全無線技術確保のためにUS$9億6800万を要求したと報告した。計画では、50州すべてで、警察、消防署、および他の非常時の活動に備えて、より信頼できて、共同利用できるコミュニケーションを目指している。この交付金のための基金は、2008年にFCCが計画している700MHz帯域オークションの売り上げから来ると予測されている。交付金は、音声通信を含む、無線インターネット・プロトコル、放送用ビデオ・アプリケーション、公共安全ネットワーク、マルチ・バンド無線環境、衛星通信システムが考えられている。700MHz帯域での無線ブロードバンドだけが大騒ぎしているように見受けられるが、現実にはオークションでUS$9億6800万以上を確保する必要になる。詳細情報はURL(http://www.reuters.com/article/technologyNews/idUSN1833586420070718)または、URL(http://www.nytimes.com/2007/07/19/nyregion/19radios.html)または、URL(http://www.ntia.doc.gov/ntiahome/press/2007/PSIC_071707.pdf)で知ることができる。webpronews.comは2007年7月27日に、FCC長官のケビン・マーチン(Kevin Martin)が2008の帯域オークションに向けて最終判断をする時期に来たと報告した。Google社は入札に向けて、ある額の付け値を約束すると共に、4つの要求を出した。時間と共に、最終段階に向かうとき、AT&TはGoogle社が出した4つの要求に対して新しい反対意見を提出し、FCC長官ケビン・マーチンは半分それに同意し、その考えにベライゾンも了承した。FCC長官ケビン・マーチンの新しい方法は、2007年7月31日に投票され、そして2008年の前半にオークションが実施される。FCC長官ケビン・マーチンは、2007年7月31日の投票前に、ある程度歩み寄っても構わないと考えていることも明らかにしているとも報告している。詳細情報はURL(http://www.webpronews.com/topnews/2007/07/26/martin-rejects-googles-proposal-what-next)で知ることができる。FCC委員長ケビン・マーチンの700MHzオークションに対する考え方として2007年7月27日に、The Hillではケビン・マーチンとのQ&Aも公開されている。詳細情報はURL(http://thehill.com/the-executive/wireless-spectrum-auction-presents-unique-opportunity-says-fccs-martin-2007-07-27.html)で知ることができる。
The Huffington Postは2008年1月30日に、Tim Karrのコラム「Why the Airwaves Auction Matters to Progressives」を紹介し、誰が信じようと信じまいと、すでに21世紀は8年目に入った。
にもかかわらず、米国人の半分以上は家にインターネット・アクセスを全く持っていないか、またはダイヤルアップである。
アジアとヨーロッパの国々は米国よりはるかに安い価格で、より速い接続と共にしのいでいる。
この状況は容認できないが、米国がインターネット・サービスの世界リーダーとしてスポットを取り戻すことができることを望む理由がまだある。
その多くが、1週間満前に始まった複雑な電波オークションの結果にかかっていると言っている。
つまり、米国にとって、最大で最後のきっかけになる可能性が高い。
実は、多くの無線帯域を米軍が独占使用し、一般で使用できる帯域は非常に限られている。
このオークションが終わることで、米国では一気に無線LANの時代が来る。
それは同時に、世界中で携帯電話が古めかしいオールド技術に転落するということである。
詳細情報はURL(http://www.huffingtonpost.com/timothy-karr/why-the-airwaves-auction-_b_83979.html)で知ることができる。
cellular-newsは2008年3月11日に、iPassが年2度報告する企業用3Gを含んだWi-Fi Hotspot Indexをアップデートしたと報告し、最新の報告は、グローバルなWi-Fi Hotspotに2007年後半までが含まれ、米国の2.5Gと3Gのモバイル・データ通信の活用で新情報を加えたと報告した。
iPassによって集められた内部データをまとめて、iPassのモバイル・ブロードバンド・インデックスが、フォーブズGlobal2000の400を含んで、3,000以上の法人顧客ベースで調査実施された。
レポートでは、先導している米国のWi-Fiに対し、ヨーロッパがすでに追いつく準備段階に来たと報告している。
2007年の後半は、産業使用者によるWi-Fi Hotspotで2006年より89%の増加を示し、強い伸びを示したと報告している。
その期間は、200万以上のセッションから集められたデータに基づいて、ヨーロッパで再び急速に米国をしのぐ成長を示した、ヨーロッパのWi-Fi Hotspot使用は31%から、40%に広げ、米国は59%から51%まで低下した。
また、2007年の同じ期間で、ロンドンはWi-Fiの世界首都として156%上昇し、他の都市と差を広げた。
ラテンアメリカはWi-Fiでの例外的な成長を示す最新の領域で、Wi-Fiの利用が3倍にした後に、都市トップ10リストでデビューしたブラジルは、2006年から133%急騰した。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/29844.php?source=newsletter)または、URL(http://www.ipass.com/pressroom/pressroom_wifi.html)または、URL(http://www.ipass.com/pdfs/2H07_WiFiHotspot_Index.pdf)で知ることができる。
都市トップ10リスト
1 London
2 Singapore
3 Tokyo
4 New York
5 Chicago
6 Houston
7 San Francisco
8 Dallas
9 Munich
10 San Jose
* Excludes airport and hotel usage

国別のトップ10
1 United States
2 United Kingdom
3 Germany
4 Switzerland
5 Netherlands
6 France
7 Japan
8 Australia
9 Belgium
10 Brazil

空港トップ20
1 O'Hare (Chicago)
2 Dallas-Fort Worth
3 Hartsfield (Atlanta)
4 Heathrow (London)
5 San Francisco
6 Frankfurt
7 Schiphol (Amsterdam)
8 Newark
9 Charles de Gaulle (Paris)
10 Detroit Metro
11 Minneapolis-St.Paul
12 Munich
13 Los Angeles
14 Zurich
15 Denver
16 Logan (Boston)
17 Philadelphia
18 San Jose
19 Seattle-Tacoma
20 Copenhagen