マルチメディア会議

Multimedia Conference


会議中に発表される論文やプレゼンテーションに使用されているプログラム、アプリケーションまでリアル・タイムで見たり、共有できたり、会話ができる環境が整った会議の総称。NECは、カメラ、マイクを接続したNTワークステーションExpress5800シリーズを利用して、最大800地点間でリアルタイムな動画、音声、データなどの交換が可能で、さらにブラウザ・ソフトとの連携もできるマルチメディア会議システム「VIRTUALFORUM(バーチャルフォーラム)」の販売を1997年11月から開始した。詳細情報はURL(http://www.nec.co.jp/japanese/today/newsrel/9711/1801.html)で知ることができる。風邪に似た病原菌不明、感染源不明、治療法不明のミステリアスな病気SARS(Severe Acute Respiratory Syndrome/重症急性呼吸器症候群)が発生し、米国のIntel社は2003年4月1日に、SARSの危険性を回避する目的で北京と台北で予定していた4月のIDF(Intel Developer Forum/開発者会議)を中止し、最高経営責任者(CEO)のCraig Barrettの中国訪問も取りやめた。また、SEMI(Semiconductor Equipment and Materials International/国際半導体製造装置材料協会)も2003年4月9日に5月に予定していた半導体製造技術展示会「SEMICONシンガポール2003」を8月まで延期すると発表した。詳細情報はURL(http://www.semi.org/web/wpress.nsf/33fa5c225257afa5882565e3006d9c77/f29dfa4276e5e3e388256d0300640fdc!OpenDocument)で知ることができる。そこで、Apple社のスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)が2003年1月8日に始まったMWSF(Macworld Conference & Expo/SF) 2003にテレビ会議システムを利用して参加したように、テロや伝染病などから回避することを目的に、肉体移動ではなく、テレビ会議システムを利用した開発者会議などが浮上した、これからは肉体を海外に移動させるのではなく、インターネットなどを利用したテレビ会議システムが多くなることを予測させた。WHO(World Health Organization)は2003年4月16日に、SARSはコロナウイルス(coronavirus)の新種であることを正式に発表した。詳細情報はURL(http://www.who.int/entity/mediacentre/releases/2003/pr31/en/)で知ることができる。通信業界の標準策定を進める国連傘下の国際標準化団体ITU(International Telecommunication Union)は2003年9月3日に、ノースカロライナ大学(University of North Carolina)のシステムアナリストであるテイラー・ジョンソン(Tyler Johnson)などの協力により、Internet2 Working Groupが開発した「VoIP」を使ったビデオ会議用新標準を「H.350標準」として承認した。詳細情報はURL(http://biz.yahoo.com/prnews/030903/dcw005_1.html)または、URL(http://www.prnewswire.com/cgi-bin/stories.pl?ACCT=SVBIZINK1.story&STORY=/www/story/09-03-2003/0002010344&EDATE=WED+Sep+03+2003,+09:30+AM)または、URL(http://www.itu.int/itu-t/studygroups/com16/aap/table-sg16aap.html)または、URL(http://www.itu.int/itu-t/studygroups/com16/results.html)または、URL(http://middleware.internet2.edu/video/docs/H.350)で知ることができる。日本経済団体連合会は 2004年1月20日に、「戦略的な国際標準化の推進に関する提言」を公開した。詳細情報はURL(http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2004/007.html)で知ることができる。