マペット・エフェクト

mappet effect


映画やテレビで使われるアナログ方式のSFX技法の1つ。マリオネット(marionette/操り人形)とパペット(papet/ぬいぐるみ)のユニークなコンビネーションから作られた造語。この造語はジム・ヘンソン(Jim Henson)によって考案された。人形をピアノ線や棒で操って、いかにも生きているように演出する技法で、ときには指人形の場合も含まれる。日本の文楽も1つのマペット・エフェクトの頂点といえる。人間的な感情を持ったぬいぐるみ人形が本物の人間と互角に演技する非現実的なところが笑いを提供している。米国では、有名人の人形を使った風刺劇が放送され、その特徴の捉え方や動きが話題になり、長期のシリーズが今も続いている。