本、文字、印刷などに関する貴重な情報/2006年


トルコはヨーロッパの入り口であり、16世紀初めに宗教改革のきっかけになり、黒死病の死の恐怖からボッカチオ(G. Boccaccio)が書いた7人の美しい女性と、3人の青年が毎日代わる代わるに話をした「デカメロン(Decameron)」が500年後に再来したようで、新年早々このニュースが全ヨーロッパを駆けめぐり、一気にヨーロッパ全体を恐怖に陥れています。また、openDemocracy.netのDavid Shariatmadariが書いた「THE WORLD THROUGH A LOOKING GLASS」を公開し、David Shariatmadariが鏡をした新しい世界ということで、80年間の歴史がある新聞「mirror」の古新聞を読んで、その新鮮さに感激していると報告しています。

>> さらに詳細な情報はこちら