海のマルチメディアに関する調査研究会


郵政省(当時)が1995年10月に、通信手段が船舶無線などに限られている海上無線分野に、電波の中継に人工衛星を使う衛星携帯電話や位置を測定するGPSなどを導入し、地上のようなマルチメディア化を推進するために、通信関係者のほか水産、海洋レジャー関係者もメンバーに加えて新設された、海上無線分野のマルチメディア対応に関する調査研究会です。

>> さらに詳細な情報はこちら