宇宙発電システム


宇宙空間に大きな太陽電池を浮かべ、太陽光を利用して発電、マイクロ波で地球に送電するシステムです。NASAが検討している計画では、縦10km、横5kmの超大型の太陽電池を静止軌道に配置し、固定した直径1kmの送電アンテナから電力を地球に送るシステムが考えられています。

>> さらに詳細な情報はこちら


最近の国内の原発事故
人体と放射能
チェルノブイリ原発事故衛星写真(提供/リモート・センシング技術センター)
新エネルギーの種類と利用
世界の原子力発電所
産業革命当時、太陽の熱で蒸気機関を動かし、印刷する実験風景
SunTower
SolarDisk
SolarClipper
火星で活躍することを目的にNASAが制作しているSolerRobots
衛星画像から制作されたサンフランシスコの鳥瞰映像
GAOが2001年11月27日に公開したNASAのアーカイブ構築プラン
2002年12月17日に報告された米国の電力関連資料
経済産業省の2001(平成13)年度におけるエネルギー需給実績(速報)について
平成15年度事業:起業家育成プログラム等導入促進事業に係る選定結果
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジンを開発したJohann Criessen
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン図
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン室
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン船
Illustrirte Zeitung1853年6月25日に掲載された米国で開発されたミシン
Illustrirte Zeitung1853年6月25日に掲載されたミシンの糸巻き器
Illustrirte Zeitung1853年11月19日に掲載されたファラディーの機器
GAO2004年9月13日に公開した、電気市場での消費者動向レポート
Illustrirte Zeitung1856年2月2日に掲載されたDavidRichterの天球儀
Illustrirte Zeitung1856年7月5日に掲載された携帯天球儀