弁護士広告規定


弁護士の広告は、1955年に日本弁護士連合会が定めた「弁護士倫理」として、弁護士同士の「顧客獲得競争」を防止する趣旨でこれまで原則禁止を維持し、「弁護士の業務の広告に関する規定」と「弁護士の業務の広告に関する規則」で定められてきていましたが、。1987年に名刺、新聞・雑誌、電話帳、同窓会報など7種類の媒体に限り、氏名、弁護士登録年月日など、12項目を広告掲載できるように改正され、日弁連は2000年3月24日に臨時総会を開催し、弁護士の広告について、テレビCMや電車内広告、チラシなど原則自由化することを盛り込んだ、46年ぶりの会則改正を決定しました。

>> さらに詳細な情報はこちら