ペット・ロボット

Pet robot

たまごっちやPostPetが話題になったことから、多くの企業や研究所、プロバイダなどが開発しているロボット型ペットの総称。問題はユーザーが可愛く感じて、いつも一緒にいても気にならない存在になれるか、インターネットなどを利用した場合はウイルス対策は十分にされているか、操作は簡単かなどの点が上げられている。この分野ではソニーコミュニケーションネットワーク、バンダイや任天堂、オムロンなど、日本のメーカーが主導権を持っている。ただし、技術的にはそれほど大変ではないため、流行って儲かるとなればすぐにアジアの国々が参入してくることだろう。ソニーは1998年6月10日に脚部などのハードウェア・モジュールを交換することで機能や形態を変えたり、ソフトウェアモジュールを変更することにより行動や反応パターンなどを容易に変更できるエンタテインメント・ロボット用アーキテクチャーOPEN-R(オープン・アール)を開発した。エンタテインメント・ロボットは、産業用ロボットなどと異なり、趣味や娯楽などの用途を目的とした新しい分野のロボットで、この新しいロボット分野の実現を目的として開発され、ハードウェアおよびソフトウェアのモジュール化という従来の産業用ロボット分野にはない特長をもっている。詳細情報はURL(http://www.sony.co.jp/TechnoGarage/robot/index-j.html)で知ることができる。また、1998年11月16日から20日までラスベガスで開催されたCOMDEX Fall '98で大盛況を得て、問い合わせが多かったため、1998年12月2日にEntertainment Robot Home Pageで質問に対する回答や情報が公開された。詳細情報はURL(http://www.sony.co.jp/soj/robot/info4-j.html)で知ることができる。富士通パソコンシステムズと富士通研究所は、パソコンに接続して頭のスイッチを押すことでパソコンに意思を伝えることができ、マウスやキーボード操作にあわせて動作したり、スケジュール(指定時刻)やメールの 到着を動作で教え、スクリーンセーバーの画面とロボットがかけあうように動く「タッチおじさんロボット」を1998年11月21日 22日に開催された電脳ワールドに出展し、1999年2月22日に発売される。メディアヴィジョンは1998年12月18日に、好みのオーディオCD、WAVやMIDIファイルを使用し、音楽に合わせて画面上の3Dキャラクターをキーボード操作で自由自在に操り、ダンスアニメーションを作成することができる「dance studio」を発売した。また、付属ソフトウェア「The MixMan Mixing Studio」を使用してオリジナルの音楽を作成することもできる。松下電器産業は1999年3月24日に、(財)テクノエイド協会の研究助成により、高齢者用コミュニケーション支援器具ペット・ロボットとして、ペット・ロボットがユーザーの音声や、表皮に実装されたセンサへの接触に対して応答する高齢者の快適な生活に貢献できる高齢者用コミュニケーション支援器具を発表した。遠隔地からペットロボットの使用状況を間接的に把握することができるため、プライバシーを侵害しないで独居生活の安全性が確認できる。詳細情報はURL(http://www.panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn990324-2/jn990324-2.html)で知ることができる。また、オムロン技術本部IT研究所 ファジィ・ヒューマンメディア研究室では、人に優しい機械を実現するために、ヒューマン・インタフェース技術と機械の知能化技術の一連の研究成果から、機械が人間を理解し、機械自身の意図を表出する典型的な応用例ととらえて猫の形をしたペットロボットを開発した。この猫の形をしたペットロボットは独自のMAC(Mind and Conscious/心と意識)があり、なでてやると気持ち良く尻尾を振り、たたかれると怒ったり、急に大きな音がすると キョロキョロしたり、話しかけるとそちらを見たり、いかにも生きているかのように 振る舞うペットロボットで、飼い方によっては、怒りっぽい性格になったり、おと なしい性格になったり変化する。詳細情報はペットロボットの部屋のURL(http://www.petrobo.com/)で知ることができる。オムロンは2001年10月16日に、猫型ロボット「ネコロ EPA-R01」を発表した。詳細情報はURL(http://www.necoro.com/)で知ることができる。AIBOの登場で、米国のワシントン大学(University of Washington)には、ペット・ロボットに関して、心理的な影響などについて調査し、ディスカッションをする「Robotic Pets in Online Discussion」が登場している。詳細情報はURL(http://www.ischool.washington.edu/robotpets/onlinediscussion/index.html)で知ることができる。ナムコとバンダイは2005年5月2日に、2005年9月29日に持株会社「バンダイナムコホールディングス」を設立し、経営統合すると正式に発表した。詳細情報はURL(http://www.namco.co.jp/pr/release/51/51-050502.pdf)または、URL(http://www.namco.co.jp/pr/release/51/51-050502refer.pdf)または、URL(http://www.bandai.co.jp/releases/images/3/21567.pdf)で知ることができる。経済産業省製造産業局日用品室は2005年9月22日に、バンダイおよびナムコから2005年9月20日付けで提出された「事業再構築計画」について、産業活力再生特別措置法第3条第6項の規定に基づき審査した結果、同法第2条第2項第1号に規定する事業の構造の変更及び同項第2号に規定する事業革新を行う者として同法で定める認定要件を満たすと認められたため、2005年9月22日付けで事業再構築計画の認定を行ったと報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20050922003/20050922003.html)で知ることができる。申請から2日で認定されたことになる。Canada.Comは2005年12月5日に、カナダのモントリオールに住むデザイナーであるヘザー・ケリー(Heather Kelley)がプロトタイプを作り、受賞したニンテンドーDSのためのテレビゲームは、オルガスム秘密を解き放ち、若い女性を幸せにするかのしれないと報告した。ゲームのキャラクターはウサちゃんの「Lapis」で、プレーヤーがニンテンドーDSのタッチスクリーンを使っているウサちゃんの「Lapis」をくすぐったり、さわったり、軽くたたいたり、なで回すことで、快い感覚の感情をシミュレートすることになり、どうオルガスムスに達するかという方法を教えてくれるそうで、また「Lapis」は、話すことができ、歌うこともできて、装置のンマイクを使って、ウサちゃんの柔らかい毛に息を吹きかけることができる。よりウサちゃんの「Lapis」を刺激することで、より幸せになり、そして空気中を飛び始める。しかし、ウサちゃんの「Lapis」は、いろいろな感覚を必要とする予測できない生きもので、刺激の量のわりには思った通りに反応してくれないこともある。まるでどこかのわがままな女の子そっくりなゲームのようである。詳細情報はURL(http://www.canada.com/topics/bodyandhealth/sexualhealth/story.html?id=2ba1d73f-c78e-4869-963b-24dc3b06772b&k=63631?31)または、URL(http://www.moboid.com/lapis/LapisPres.htm)または、URL(http://www.igda.org/sex/archives/2005/11/heath_kelley_wa.html)または、URL(http://www.moboid.com/lapis/LapisPres.htm)で知ることができる。2005年10月26日と27日テキサス州オースティンで「Womed's Game Conference(ウーマンズ・ゲーム・コンファレンス)」が開催され、セックスとユーモアを散りばめたアダルト・ゲームの「Leisure Suit Larry」や、プレイヤーがさまざまな人と出会い、仮想デートをして、サイバーセックスができる場所を提供する「Spend The Night」が注目され、女性向けのエロチックなコンテンツが、アダルト市場では最も急成長していると報告した。詳細情報はURL(http://www.womensgameconference.com/)で知ることができる。経済産業省は2006年2月23日に、バンダイナムコホールディングス、バンダイおよびナムコから2006年2月20日付けで提出された「事業再構築計画」について、産業活力再生特別措置法第3条第6項の規定に基づき審査した結果、同法第2条第2項第1号に規定する事業の構造の変更及び同項第2号に規定する事業革新を行う者として、同法で定める認定要件を満たすと認められ、事業再構築計画の認定をしたと報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20060223003/20060223003.html)で知ることができる。


パリのアカデミー・プロジェクトで1733年に考えられたアヒルのロボット
1588年に考えられ、1726年に描かれた百科事典マシン
Pierre Jaquet-DrozとLeschotが1771年に作った文字を書くロボット
Pierre Jaquet-DrozとLeschotが1771年に作ったロボットが書いた文字
タッチおじさんロボット
ソニー・ワンダー・テクノロジー・ラボのロゴ
ソニー・ワンダーの入り口とロボット
ソニー・ワンダーのロボットのGIFアニメ
医療ロボットZeusの操作風景
Nadrian C.Seeman Lab.がDNAで開発したナノ・ロボットoctahedron
Ken Edwardが作ったDNAで開発したナノ・ロボットoctahedronの活躍想像図
高齢者用コミュニケーション支援器具ペット・ロボット-1
高齢者用コミュニケーション支援器具ペット・ロボット-2
知能ロボットコンテスト・フェスティバルの風景
「OPEN-R」に基づくエンタテインメント・ロボット試作機
ハローキティズのマスコットロボット
1880年に描かれた植字ロボット
Boris Artybasheffが1966年に描いた自動人間
19世紀に作られた自動人形
Poyetが19世紀に考えた万能コンピュータThe Forget-Me-Not Computer
オムロンの猫の形をしたペットロボット-1
オムロンの猫の形をしたペットロボット-2
産業革命に影響された1890年にLouis Poyetが描いた「発明する頭」
1908年にLouis Poyetが描いた「Dr.Marageの写真と声」
1900年にCaptain Chevalierが作った「電器の標的」
1919年にRaoul Hausmannが作った「時間のスピリット」
Webショップのプライバシーに対する情報掲載
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
アジアのインターネット利用環境
アジアのインターネット・ジャンキー
2000年9月のアジアe-commerce環境
NCLのプライバシー問題報告
CSLRが公表した日本人のオンライン・プライバシー楽観主義
NetValueが2000年12月15日に発表したアジアのインターネット状況
1999年と2000年の10月、11月、12月のウイルス比較とその種類
米国の1999年と2000年のテレビ・ゲームとインタラクティブ・メディア
Metropolisのロボット全身
Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
高年齢層が多いカナダのインターネット・ユーザー
ネコロ EPA-R01の喜怒哀楽動作センサー
Walter Benjamin著The Work of Art in the Age of Mechanical Reproduction, 1935
「高齢者のIT利用特性データベースの構築等基盤設備整備事業について」
2002年9月27日に経済産業省が発表した高齢者のIT利用特性実験概要
2002年9月27日に経済産業省が発表した高齢者のIT利用特性研究
高齢者のIT利用特性-1
高齢者のIT利用特性-2
ロボットマーケット市場報告書「2003 World Robotics survey」
Illustrirte Zeitung1846年11月21日に掲載されたJacquet Drozが開発した自動式文字書き機械
Illustrirte Zeitung1846年11月21日に掲載されたFaber教授が開発した言葉をしゃべる機械
Illustrirte Zeitung1845年11月8日に掲載された自動演奏機
Illustrirte Zeitung1850年3月2日に掲載されたAufustBayerの自動ギター
Illustrirte Zeitung1850年5月11日に掲載されたM.Schsterのクラリネット
Illustrirte Zeitung1850年5月11日に掲載された調整機能付きトランペット
Illustrirte Zeitung1849年4月28日に掲載されたG.Sanberのオルガン自動演奏機
Illustrirte Zeitung1851年1月2日に掲載されたEnharmonische Guitar
Illustrirte Zeitung1851年1月2日に掲載されたEnharmonische Guitarの音プログラム
Illustrirte Zeitung1851年1月2日に掲載されたEnharmonische Guitarの弦構造
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載された卓上ボーリング.ゲーム器
Illustrirte Zeitung1852年11月13日に掲載された当時のエンターテイメント
Illustrirte Zeitung1854年4月29日に掲載された中国人の短剣投げ
Illustrirte Zeitung1855年5月12日に掲載されたCharlesとキング・タイガー
ナムコが2005年5月2日公開したリリース
バンダイが2005年5月2日公開したリリース
バンダイナムコグループの経営戦略について
バンダイおよびナムコの産業活力再生特別措置法に基づく事業再構築計画の認定について
Lapis
バンダイナムコホールディングス、バンダイ、ナムコの事業再構築計画の認定報告

PostPet
すくすくカウンタ
ポケモン
ピカチュウ
なんでもバトラー
テレ・ガーデン
株式学習ゲーム
fin fin
Whizzkids Club
人工生命
たまごっち
ポケモン
TEO
なんでもバトラー
画面の中のペット
BioPunX
Dancing Baby
きゃらぷっしゅ
VIRTUAL WORLDS 98
Dreamcast
BioPunX
Digital Biota
分身ロボット
ラッキー
フィンフィン・エージェント
PowerPointウイルス
Officeアプリケーション感染型ウイルス
Interactive Toy
RGB Gallery
the Future of the Web
てくてくエンジェル
InterPot
SRL(Survival Research Laboratories)
バボット
知的車椅子
完全自律搬送車
進化するエビ型歩行ロボット
MiMIC
Khepera
EMRoS
早稲田大学ヒューマノイドプロジェクト
シルバー世代向け家電
シルバー・チャンネル
シルバー・ホットライン
インターネット家電
インターネット家電サービスにおけるテレビ番組情報の標準規格
家電メーカーの新製品情報URL
PersonalJava
「コロンバス」計画
Digital Living Room
通産省の高齢者・障害者支援情報システム開発開始
「高齢者・障害者支援型情報システム開発事業」
電子協の支援対象プロジェクト一覧
大川センター
JiJiBaBaPet
マルチメディア・コンテンツにおけるムーアの法則
OSG
パーベイシブ・コンピューティング
パソコンの時代は終わった
A.T.E.プロジェクト
onedotzero
ASCI(Art & Science Collaborations, Inc.)
the Boston Cyberarts Festival
X-99
Art Futura
AIBO
ソニー・ワンダー・テクノロジー・ラボ
Effective Web Design Considerations for Older Adults
ファービー
OPEN-R
高齢新人類
ジャマー
The HONDA HUMANOID ROBOT
ロボット関連のURL
インターネット・ロボット関連のURL
SYNWORLD
モジュール
PSA
Web Design World
徘徊者保護システム
Cye
パーソナルロボットR100
バイオニクス
バイオテクノロジー
RESFEST
Moccasin
ワクチン君
ニャームコ
マッピー
DC06
Robot-ism 1950-2000
PONG
人間DOG
アクア・エクスプローラ
Communication Robot BN-1
NALC-KYOWA生活研究アドバイザー制度
ワンダーボーグ
日常活動型ロボットコンソーシアム
Sagevision
シルバー世代のためのアクセス環境
Palm Pilot Robot
Audrey
Life 3.0
RapidIOインターコネクト・アーキテクチャ
hopper
リアルタイムLinux協議会
アクアロイド
高齢社会NGO連携協議会
ROBODEX
Flo
CES
インターネットに対応した家具
ウェルエイジ
BARt-UH
MediaCloQ
PINO
合体変形ロボット
isamu
Robo-roach
レスキューロボットコンテスト
歪シリコン・トランジスタ
ガイド71
RWC(Robotic Work Crew)
Japan: Gateway to the Future
Art of Extreme Robotics
OpenHRP(Open Architecture Humanoid Robotics Platform)
シンギュラー・ポイント
バイオテクノロジー戦略会議
トリロバイト
高齢者向けTV/FM/AMラジオ「RA-BF1」
パロ
spider-bot
Lucy
ムッシュII-P
ウイルス作成罪
MAGIX music studio
インターネット隔離
Infanoid
NueROMA
iReady
ユビキタス・オープン・プラットフォーム・フォーラム
ファジィ
YUV
エレキット
Little Computer People
Cube World
昆虫サイボーグ
ネットKADEN大賞
次世代ロボット安全性確保ガイドライン
Robot Hall of Fame