ベイズ理論

Bayes'theorem


神の存在を方程式で説明できると主張した、イギリスの数学者トーマス・ベイズ(Thomas Bayes/1702〜April 7,1761)が書き、死後の1763年に発表された論文「偶然の理論における1問題を解くための試み(Towards Solving a Problem in the Doctrine of Chances)」のことで、未来を推測するには過去を振り返らなければならない(To see the future, one must look at the past.)という考えを提唱し、その考えが統計学の進歩と共に認識され、アプリケーション開発の数学的基礎の主要な部分を占めるようになっている一種の確立論の名称。また、「ベイズ理論」は人工知能(AI/Artificial Intelligence)の開発にも大きな影響を与えるようになってきている。詳細情報はURL(http://www.wikipedia.org/wiki/Thomas_Bayes)で知ることができる。例えば「Google」と情報検索ツールを販売するAutonomy社は、「ベイズ理論」を採用し、高い確率で適当なデータを探し当てる検索サービスを提供している。Microsoft社も確率論に基づく考えNotification Platformに「ベイズ理論」を採用している。また、Intel社も「ベイズ理論」に基づいたベイズ型アプリケーション開発用のツールキットを開発している。米国のMicrosoft社はOffice XPの使い方についてユーザーをアシストするために用意されたポップアップ式のペーパークリップ型アニメキャラクター「クリッピー(Clippy)」の基になっている技術は、「ベイズ理論」に添って開発されたというが、ほとんどの場合は役に立たない場面で「クリッピー」が現れるだけだという悪評から、2001年4月にOffice XPから「クリッピー」は消えた。米国のIntel社は2003年12月8日に「ベイズ理論」をベースにした、コンピューターが「経験から学習(learn from their experience)」できるようにするソフトウェアを開発者向けにリリースして、NIPS(Neural Information Processing Systems) Conference 2003のオープニングで、オープンソースの開発者向けOpenML(オープンソース・マシン・ラーニング)のIntel's open-source PNL(Probabilistic Networks Library)に加えたことを発表した。詳細情報はURL(http://www.intel.com/pressroom/archive/releases/20031208tech.htm)または、URL(http://www.intel.com/research/mrl/pnl/)で知ることができる。ニフティは2004年1月14日に、「@nifty」の迷惑メール対策として「ベイズ理論」を応用した「学習型フィルター」機能の提供を開始したと発表した。詳細情報はURL(http://www.nifty.com/corp/release/20040114.htm)または、URL(https://www.nifty.com/mail/webmail/spam_folder.htm)で知ることができる。