米国のデジタル・デバイドとマイノリティ政治囚


デジタル・デバイドという言葉で、米国内のデジタル化を推進してきたクリントン大統領(当時)、アル・ゴア副大統領(当時)でしたが、FBIによって収監され、すでに四半世紀に渡って終身刑をつとめている政治囚レナード・ペルティアは、クリントンが辞任直前に大統領特赦を出すという観測が流れたが、メディアとのコンタクトを制限され、電話の制限も強化し、デジタル・デバイドは政治的な方便であることが表面化しました。

>> さらに詳細な情報はこちら