米国同時多発テロで放送禁止になった音楽リスト

List of Banned Songs Complete list in the wake of the attacks


2001年9月20日にEonlineはU.S.radio stationが2001年9月11日にニューヨークの国際貿易センタやワシントンのペンタゴンで発生した同時多発テロの関係からジョン・レノン(John Lennon)のイマジン(Imagine)やレッド・ツェッペリン(Red Zeppelin)のStairway to Heaven、フランク・シナトラ(Frank Sinatra)のニューヨーク・ニューヨーク(New York, New York)をはじめとするList of Banned Song(禁止音楽のリスト)を公開した。また、禁止された音楽のリストはURL(http://www.eonline.com/News/More/clearsonglist.html)にある。人は聞けなくなると、よけいに聞きたくなるという衝動に駆られることから、このような禁止が発表されると、それらの音楽がラジオだけではなく、全世界で抹殺されたと誤解する人も多く、これらの音楽をなインターネットでの音楽データ交換の対象になる可能性が高くなり、さらに著作権問題で裁判が進行しているNapsterのよう問題に発展する可能性もでてきている。また、全局放送禁止になったRage Against The Machineの掲示板は、政府のシークレットサービスから扇動的な投稿があるという警告をたびたび受けて閉鎖に追い込まれた。詳細情報はURL(http://www.ratm.com/enter.html)で知ることができる。また、ジョージ・ワシントン大学では政治関連の米国国家安全アーカイブ「The National Security Archive」を公開している。詳細情報はURL(http://www.gwu.edu/~nsarchiv/)で知ることができる。外務省は2003年6月3日に、「テロと闘うための国際的な政治的意思及び能力の向上G8行動計画」「大量破壊兵器の不拡散G8宣言」「大量破壊兵器・物質の拡散に対するグローバル・パートナーシップG8行動計画」「交通保安及び携帯式地対空ミサイル(MANPADS)の管理強化G8行動計画」の仮訳骨子と全文仮訳と「腐敗との戦いと透明性の向上G8宣言」を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/summit/evian_paris03/terro_k.html)または、URL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/summit/evian_paris03/terro_z.html)または、URL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/summit/evian_paris03/fukausan_k.html)または、URL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/summit/evian_paris03/fukausan_z.html)または、URL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/summit/evian_paris03/gp_k.html)または、URL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/summit/evian_paris03/gp_z.html)で知ることができる。米国科学者連盟(Federation of American Scientists)に所属する国家のテロリズム対策センター(National Counterterrorism Center)は2005年4月29日に、「2004年重要国際テロ年表(A Chronology of Significant International Terrorism for 2004)」を公開した。詳細情報はURL(http://www.fas.org/irp/threat/nctc2004.pdf)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2008年6月13日に、テロに対する世界規模の戦争と、国防総省の義務に対するレポート「Global War on Terrorism: Reported Obligations for the Department of Defense. GAO-08-853R」を公開した。
少し読み始めたが、グラフが登場し、それを見ただけで米国が不景気になる要因は、これだとすぐに判りました。
さらに、その金を副大統領が、どんどん使っている。
それと同時に、この予算以外にも、イラクからの帰還兵がPTSDを癒すために、雑草や高山で生きるために育てられたゴミのような「麻薬」を高額で購入している。
これで、米国が不景気にならないわけがない。
それに世界中が付き合って、不景気になって、世界の資本主義が狂ってしまった。
このグラフだけで、ビン・ラーディンの勝利で、ブッシュ大統領の負けが明らかになる。
何も、解決していない。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-08-853R)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10056)で知ることができる。

●AC/DCの「Shot Down in Flames」「Shoot to Thrill」「Dirty Deeds」「Highway to Hell」「Safe in New York City」「TNT」「Hell's Bells」
●Ad Libsの「The Boy from New York City」
●Alice In Chainsの「Rooster,」「Sea of Sorrow」「Down in a Hole」「Them Bone」
●Alien Ant Farmの「Smooth Criminal」
●Animalsの「We Gotta Get Out of this Place」
●Louis Armstrongの「What a Wonderful World」
●Banglesの「Walk Like an Egyptian」
●Barenaked Ladiesの「Falling for the First Time」
●Fontella Bassの「Rescue Me」
●Beastie Boysの「Sure Shot,」「Sabotage」
●Beatlesの「A Day in the Life」「Lucy in fhe Sky with Diamonds」「Ticket to Ride」「Ob-La-Di, Ob-La-Da」
●Pat Benatarの「Hit Me with Your Best Shot」「Love Is a Battlefield」
●Black Sabbathの「War Pigs」「Sabbath Bloody Sabbath」「Suicide Solution」
●Blood, Sweat & Tearsの「And When I Die」
●Blue Oyster Cultの「Burnin' for You」
●Bostonの「Smokin'」
●Brooklyn Bridgeの「Worst that Could Happen」
●Arthur Brownの「Fire」
●Jackson Browneの「Doctor My Eyes」
●Bushの「Speed Kills」
●Chi-Litesの「Have You Seen Her」
●Dave Clark Fiveの「Bits and Pieces」
●Petula Clarkの「A Sign of the Times」
●The Clashの「Rock the Casbah」
●Phil Collinsの「In the Air Tonight」
●Sam Cookeの「Wonderful World」
●Creedence Clearwater Revivalの「Travelin' Band」
●Cultの「Fire Woman」
●Bobby Darinの「Mack the Knife」
●Skeeter Davisの「End of the World」
●Neil Diamondの「America」
●Dioの「Holy Diver」
●Doorsの「The End」
●Driftersの「On Broadway」
●Drowning Poolの「Bodies」
●Bob Dylanの「Knockin' on Heaven's Door」
●Everclearの「Santa Monica」
●Shelly Fabaresの「Johnny Angel」
●Filterの「Hey Man, Nice Shot」
●Foo Fightersの「Learn to Fly」
●Fuelの「Bad Day」
●Peter Gabrielの「When You're Falling」
●Gap Bandの「You Dropped a Bomb on Me」
●Godsmackの「Bad Religion」
●Norman Greenbaumの「Spirit in the Sky」
●Green Dayの「Brain Stew」
●Guns N' Rosesの「Knockin' on Heaven's Door」
●Happeningsの「See You in September」
●Jimi Hendrixの「Hey Joe」
●Herman's Hermitsの「Wonderful World」
●Holliesの「He Ain't Heavy, He's My Brother」
●Buddy Holly & the Cricketsの「That'll Be the Day」
●Jan & Deanの「Dead Man's Curve」
●Billy Joelの「Only the Good Die Young」
●Elton Johnの「Benny & The Jets」「Daniel」「Rocket Man」
●Judas Priestの「Some Heads Are Gonna Roll」
●Kansasの「Dust in the Wind」
●Carole Kingの「I Feel the Earth Move」
●Kornの「Falling Away From Me」
●Lenny Kravitzの「Fly Away」
●Led Zeppelinの「Stairway to Heaven」
●John Lennonの「Imagine」
●Jerry Lee Lewisの「Great Balls of Fire」
●Limp Bizkitの「Break Stuff」
●Local Hの「Bound for the Floor」
●Los Bravosの「Black Is Black」
●Lynyrd Skynyrdの「Tuesday's Gone」
●Dave Matthews Bandの「Crash into Me」
●Paul McCartney & Wingsの「Live and Let Die」
●Barry McGuireの「Eve Of Destruction」
●Don McLeanの「American Pie」
●Steve Millerの「Jet Airliner」
●Megadethの「Dread and the Fugitive」「Sweating Bullets」
●John Mellencampの「Crumbling Down」「I'm on Fire」
●Martha & the Vandellasの「Nowhere to Run」「Dancing in the Streets」
●Metallicaの「Seek and Destroy」「Harvester Or Sorrow」「Enter Sandman」「Fade to Black」
●Alanis Morissetteの「Ironic」
●Mudvayneの「Death Blooms」
●Rick Nelsonの「Travelin' Man」
●Nenaの「99 Luft Balloons/99 Red Balloons」
●Nine Inch Nailsの「Head Like a Hole」
●Oingo Boingoの「Dead Man's Party」
●Paper Laceの「The Night Chicago Died」
●John Parrの「St. Elmo's Fire」
●Peter & Gordonの「I Go To Pieces」「A World Without Love」
●Peter, Paul, & Maryの「Blowin' in the Wind」「Leavin' on a Jet Plane」
●Tom Pettyの「Free Fallin'」
●Pink Floydの「Run Like Hell」「Mother」
●P.O.D.の「Boom」
●Elvis Presleyの「(You're the) Devil in Disguise」
●Pretendersの「My City Was Gone」
●Queenの「Another One Bites the Dust」「Killer Queen」
●Rage Against the Machineの全曲
●Red Hot Chili Peppersの「Aeroplane」「Under the Bridge」
●R.E.M.の「It's the End of the World as We Know It」
●Rolling Stonesの「Ruby Tuesday」
●Mitch Ryder & the Detroit Wheelsの「Devil with the Blue Dress」
●Salivaの「Click Click Boom」
●Santanaの「Evil Ways」
●Savage Gardenの「Crash and Burn」
●Simon & Garfunkelの「Bridge Over Troubled Water」
●Frank Sinatraの「New York, New York」
●Slipknotの「Left Behind」「Wait and Bleed」
●Smashing Pumpkinsの「Bullet with Butterfly Wings」
●Soundgardenの「Blow Up the Outside World」「Fell on Black Days」「Black Hole Sun」
●Bruce Springsteenの「I'm on Fire」「Goin' Down」「War」
●Edwin Starrの「War」
●Steamの「Na Na Na Na Hey Hey」
●Cat Stevensの「Peace Train」「Morning Has Broken」
●Stone Temple Pilotsの「Big Bang Baby」「Dead and Bloated」
●Sugar Rayの「Fly」
●Surfarisの「Wipeout」
●System of a Downの「Chop Suey!」
●Talking Headsの「Burning Down the House」
●James Taylorの「Fire and Rain」
●Temple of the Dogの「Say Hello to Heaven」
●Third Eye Blindの「Jumper」
●Three Degreesの「When Will I See You Again」
●3 Doors Downの「Duck and Run」
●311の「Down」
●Toolの「Intolerance」
●Trampsの「Disco Inferno」
●U2の「Sunday Bloody Sunday」
●Van Halenの「Jump」「Dancing in the Streets」
●J. Frank Wilsonの「Last Kiss」
●Yager & Evansの「In the Year 2525」
●Youngbloodsの「Get Together」
●The Zombiesの「She's Not There」


Rage Against The Machineの掲示板閉鎖報告
Bio-Terry & MASCAPが公開したバイオケミカル・テロの歴史
GAOが公開した生物化学兵器テロ情報
GAOが公開した化学及び生物化学兵器の状況
同時多発テロ以降のオンラインショップ意識と2001年年末商戦
Googleが公開した2001年9月11日の同時多発テロ関連アクセス・ログ
外務省が2001年11月16日に公開したテロ対策特別措置法日米書簡
米国のPatriot Actと図書館
米国のPatriot Actの発効前と発行後の変化
American Library Associationが発表したPatriot Actガイド
米国のPatriot Actのリソース集
Libraries and the USA PATRIOT Act:Access, Openness and Confidentiality
1973年に米国で施行された戦争パワー法
2001年9月11日〜2002年9月11日に起こったインターネットの試練
外務省が2003年2月6日に公開した2004年度米国予算教書概要
米国の2002年国勢調査
Justice Department's Projectの同時多発テロ以降インタビュー
KaZaAが2003年5月26日に報告した、ダウンロード回数230,309,616
国際テロ事件の分析グラフ
GAOが2003年5月27日に公開した国際テロ・レポート
テロと闘うための国際的な政治的意思及び能力の向上G8行動計画
大量破壊兵器の不拡散G8宣言
大量破壊兵器・物質の拡散に対するグローバル・パートナーシップG8行動計画
交通保安及び携帯式地対空ミサイル(MANPADS)の管理強化G8行動計画
腐敗との戦いと透明性の向上G8宣言
最終版THE 9/11 COMMISSION REPORT
最終版THE 9/11 COMMISSION REPORT前にEPICがした証言
THE 9/11 COMMISSION REPORT関連サイト
Tim Kane, Ph.D.による米国の地球規模外交の歴史1950-2003
米国国家テロリズム対策センターが公開した「2004年重要国際テロ年表」
GAOが2008年6月13日に公開した、テロに対する世界規模の戦争と、国防総省の義務に対するレポート