ブレインウェア

Brainwav

脳機能情報処理/脳型コンピュータ

記憶や学習、直感、連想などのシステムを脳の働きから学び、できる限り忠実に脳の働きを真似たコンピュータの総称。通産省(当時)は1995年から脳機能情報処理に取り組んでいる。脳の海馬と呼ばれる部分と記憶や学習の働きが密接に関係していると脳生理学で考えられている。そのメカニズムを解明し、メモリ技術に応用したり、人間の感覚器を真似た入出力装置をバイオ素子や分子素子などの応用で作ったり、従来から続いてきたシリコン半導体と違ったアプローチで、脳機能を解明してコンピュータの原点に戻った研究からハードウエアを開発しようという試み。過去には、人工知能とか、AI、人工生命、知識工学などという研究が盛んに実施されたが、本格的に人間の脳の働きを学び、過去の研究を進化させ、ソフトに限定しない研究として注目されている。ただし、研究のテーマによっては大変危険な要素を含んでいるという研究者も少なくない。NASAのJPL研究所(Jet Propulsion Laboratory)は、将来のためにBMDO(Ballistic Missile Defense Organization)とVIGILANTE projectが開発した3次元仮想ニューラル・ネットワークを構築できる3DANN(3-Dimensional Artificia Neural Network) Processor Deviceをすでに公開している。詳細情報はURL(http://www.jpl.nasa.gov/technology/images_videos/iv_pages/D2000_0906_B3.html)で知ることができる。その他、JPLが開発しているマイクロチップの画像はURL(http://www.jpl.nasa.gov/technology/images_videos/microchips/micro_index.html)にある。pbs.orgは赤ん坊から成長していく過程で変化する「思考の中の秘密(The Secret Life of the Brain)」という興味深い情報を公開している。詳細情報はURL(http://www.pbs.org/wnet/brain/)で知ることができる。また、インターネット上には脳について知ることができるBrain Explorerもある。詳細情報はURL(http://www.brainexplorer.org/)で知ることができる。また、インターネット上には製薬会社Pfizerが提供している「Brain games(頭脳ゲーム)」もある。詳細情報はURL(http://www.pfizer.com/brain/)で知ることができる。NASAは2003年5月6日に、「Explorers: Balancing Brains」として、人間がバランスを保持するための脳を分析し、宇宙で作業をする人の脳を研究し、無重力の宇宙で身体的バランスを保持するための研究成果「Liftoff to Space Exploration」を発表している。詳細情報はURL(http://liftoff.msfc.nasa.gov/news/2003/news-balance.asp?list22849-151)で知ることができる。理化学研究所は2004年2月27日に、理研ニュース別冊として、「なるほど!脳の中身が見えてきた!」のPDF版を公開した。詳細情報はURL(http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/news/special/pdf/0402.pdf)で知ることができる。ソニーは2004年7月28日に、脳科学を応用し、自分で考えて行動するロボットの開発など人工知能を研究し、ロボットを含むエレクトロニクス製品に応用可能な研究に取り組む「ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所」を設立した。詳細情報はURL(http://www.so-net.ne.jp/news/yomiuri2/economics/html/20040728ib02.html)で知ることができる。イギリスBBCは2004年12月31日に多くの死者が出たスリランカで、津波は最大3.5kmも内陸に波打ち寄せたが、Wildlife officials in Sri Lankaが調査した結果、動物たちは第六感が働いたのか?一匹も死んだ動物を発見していないと報告した。また、スマトラ島で虎の飼育をしているDebbie Martyrも、虎の死骸を一匹も発見していない、「Wild animals in particular are extremely sensitive,(野生動物は非常に敏感)」と報告している。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/south_asia/4136485.stm)で知ることができる。newscientistは2006年6月27日に、新しい研究によると、母国語が脳でどのように数学の難問を解決するかを決定するかもしれないと報告した。脳キャンは、数を比較して合計するとき、中国語を話す人が英語を話す人より視覚領域を当てにするのを明らかにした。研究者は、私たちの母国語が私たちの脳の問題解決サーキットが展開する方法に影響を及ぼすかもしれないことを提案した。しかし、彼らは、文化、または遺伝子によって異なった教授法や方程式が異なって解決するために中国人と英語を話す人の脳を比較してしまったかもしれないと言い足している。しかし、調査結果は、教育者が若い学生に数学を教える最も良い方法を特定することを助けることができるかもしれない。 ただし、北米の工業学校と技術会社のリーダーは、中国と日本の子供と比較してコンピュータ能力で遅れることを心配している。この研究は2001年に出版されたJournal of Experimental Psychology, vol 130, p 299で最初の研究を知ることができ、最新の研究では、中国の大連工業大学でYiyuan Tangの指導で、20代男女12人の中国語を母国語とする地元大学生と、米国、オーストラリア、カナダ、およびイギリスから英語を母国語とする20代男女12人を募集し、最初にアラビア数字2つを提示し、その合計が3番目のケタで提示された数字と同じかどうかを英語でテストし、その反応をMRI (Magnetic Resonance Imaging)でスキャンしてテストした結果を紹介し、アリゾナ州フェニックスのBanner Good Samaritan Medical Centerに所属するEric Reimanは、「英語を母国語とする人は単語の意味にかかわる追加脳の周辺をさらに当てにしているが、中国語を母国語として話す人は視覚外観と数の物理的な操作にかかわる追加脳の周辺をさらに当てにして答えていた」と報告している。明確に、中国語を話す人はvisuo-premotor協会ネットワークと呼ばれる視覚的、そして、空間的な脳のセンターにより多くの活動を持っていました。 英語を母国語とする人は脳の左の半分のperisylvian皮質として知られている言語ネットワークで、より多くの活動を示しました。明確に、中国語を話す人はvisuo-premotor association networkと呼ばれる視覚的、そして、空間的な脳の中央部より多くの活動をし、英語を母国語とする人は脳の左の半分のperisylvian皮質として知られている言語ネットワークで、より多くの活動を示していたと報告した。詳細情報はURL(http://www.newscientist.com/article/dn9422?DCMP=NLC-nletter&nsref=dn9422)で知ることができる。


1986年のノーベル物理学賞受賞者紹介のページ
世界で初めてナノの世界を視覚化したエルンスト・ルスカと電子顕微鏡
ブレインウェアの概念図
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-1
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-2
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-3
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-4
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-5
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-6
Polaroido社のDigital Microscope Camera
Polaroido社のDigital Microscope Cameraで撮影された画像GIFアニメーション
日立が開発した透過電子顕微鏡と高感度TVカメラシステム
日立が開発した走査電子顕微鏡S-3500N
半導体が支えるマルチメディアの世界
マイクロプロセッサーの発達史
1950年に出版されたWhittaker's Almanackの1023にあるMechanical Brain
1470年にニュールンベルグで制作された「知識の塔」
1548年にベルリンで制作された「法則の塔」
1500年頃に制作された鞭を持つ先生と8人の生徒
1592年に制作されたW.L.Schreiber Potsdamの教育現場
ロバに例えられた17世紀の教育
BMDOとVIGILANTE projectが開発した3DANNプロセッサ
David BennerのMeditation and the Brain
James H. Austin, M.D.のZen and the Brain
フンボルト(Alexander von Humboldt)が解説した頭蓋骨の宇宙
フンボルト(Alexander von Humboldt)が解説した頭脳の宇宙
GAOが2001年11月27日に公開したNASAのアーカイブ構築プラン
Walter Benjamin著The Work of Art in the Age of Mechanical Reproduction, 1935
ロボットマーケット市場報告書「2003 World Robotics survey」
Illustrirte Zeitung1846年1月17日号に掲載されたフランスの捨て子をする親と私生児育児院
パリに向かう私生児護送車
私生児育児係の服装
私生児のタグ
私生児育児室
Illustrirte Zeitung1849年5月26日に掲載された腕白小僧のしつけ風景
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室

ニューラル・ネットワーク
ニューロ・コンピューティング
バイオ・コンピュータ
カオス・ニューラル・ネットワーク
連想メモリ
脳機能計測
人工知能
ニューロラブ計画
セル・オートマトン型人工脳
人工網膜チップ
プロテイン・スイッチ
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
テラマック
自己回復テクノロジー
SRL(Survival Research Laboratories)
バボット
知的車椅子
完全自律搬送車
進化するエビ型歩行ロボット
MiMIC
Khepera
EMRoS
早稲田大学ヒューマノイドプロジェクト
電子顕微鏡
ロボット関連のURL
インターネット・ロボット関連のURL
SYNWORLD
バイオニクス
バイオテクノロジー
日常活動型ロボットコンソーシアム
利己的な遺伝子
eLiza
Aaron
HBT(Heterojunction Bipolar Transistor)
バーチャル・ブレイン・ヘッド
JPL(Jet Propulsion Laboratory)
ハプティックス
BUI(Bio-adaptive User Interface)
MEMS(MicroElectroMechanical Systems)
ペタ・コンピューティング
bionic eye
RWC(Robotic Work Crew)
MEG(Magneto Encephalo Graphy)
MSR(Magnetically Shielded Room)
シンギュラー・ポイント
組織培養と芸術
スーパーコンピュータ
ER1
バイオテクノロジー戦略会議
GETA(Generic Engine for Transposable Association)
知識鉱脈
エントロピー
情報エントロピー
Infanoid
BCI(Brain Computer Interface)
NueROMA
ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所
SiC(Silicon Carbide)チップ
fMRI
虫の知らせ
CSAIL(Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory)
ブレインゲート・ニューラル・インタフェース・システム
Robot Hall of Fame