ビデオ配信2008


RSF(Reporters Without Borders/国境なき記者団)は2008年1月4日に、オンライン・ビデオと音楽を掲示する場合、中国のMII(Ministry of Information Industry/中国情報産業省)とSARFT(State Administration of Radio, Film and Television/中国国立ラジオ、映画、テレビ管理省)の両方によって2008年1月3日に発表され、2008年1月31日から許可を必要とする新しい規則を非難した。
報道の自由機構は「空前の検閲」と表現している。
「中国のメディア産業を発展させるという口実で、特に北京オリンピックへの準備期間中に当局は、オンライン内容の管理を拡大している。」
人々がビデオとオーディオファイルを共有することを防ぐことは中国国民の生活や文化を説明する能力を否定したことになる。 「現在、法的な規定としてどんな検閲が肯定できるのか。」とRSFは訴えている。
詳細情報はURL(http://www.rsf.org/article.php3?id_article=24946)または、URL(http://abcnews.go.com/Technology/wireStory?id=4078998)で知ることができる。中国のMII(Ministry of Information Industry/中国情報産業省)のURL(http://www.mii.gov.cn/)、SARFT(State Administration of Radio, Film and Television/中国国立ラジオ、映画、テレビ管理省)のURL(http://www.chinasarft.gov.cn/)、また、オンライン・ビデオと音楽の検閲規定についてはURL(http://www.mii.gov.cn/art/2007/12/29/art_521_35606.html)にある。
2008年1月8日にMarketingChartsは、Ipsos Mediaからの情報として、ヤングアダルトが広告で支持されたテレビ番組ダウンロードへ関心について調査した「Significant Interest in Ad-Supported TV Show Downloads among Young Adults」を紹介した。
このレポートから、より若い消費者がオンラインで時間を潰すとき、オンライン・ビデオ・サービスの今後の成長を占う貴重なストリーミング・モデル資料で、明らかに有料コンテンツより、無料コンテンツに魅力を感じていることが明らかになっている。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/television/significant-interest-in-ad-supported-tv-show-downloads-among-young-adults-2969/#more-2969)または、URL(http://www.ipsos-na.com/news/pressrelease.cfm?id=3781)で知ることができる。
The Guardianは2008年2月1日に、スウェーデンの検察官が世界で最も悪名高い著作権侵害ウェブサイトに対して、不法なダウンロードで利益を得ているとして、著作権侵害で告訴したと報告した。
れは南スウェーデンの都市Malmoeにある「The Pirate Bay」で、映画と音楽を見つけて、ダウンロードしたがっている人に提供する、インターネットでもっとも有名なサイトで、映画産業の悩みの種になっていた。
世界中の何百万人もの人々のコンピュータで成立して、Webサイトでは、全てのコンテンツ自体の主催行為はしてこないで、検索エンジンでそれらのサイトに誘い、ダウンロードできるようにしていた。詳細情報はURL(http://www.guardian.co.uk/technology/2008/feb/01/piracy.digitalmusic)で知ることができる。
ロイターは2008年2月12日に、CNNが2006年8月にiReportイニシアチブの着手で、市民ジャーナリスト運動を迎え入れて以来、視聴者から約10万のニュース関連写真とビデオを受け取っていると報告した。
しかし、それらの写真とビデオはCNN.comかケーブルチャンネルで、10%以下しか使われなかった。
これをCNNが変更しようとしている。
今週のCNNはiReport.comで、完全にユーザーによって生産されたニュースで造られた新しいサイトでYouTubeの領域に参入する。
CNNは、編集者によって精選され、精度をチェックされたiReport差出だけの写真とビデオがオンラインか放送されるようになる。場所はCNN本体と異なって、新しいサイト「iReport.com」はオープンに開放され、ユーザーが選ぶどんなコンテンツも掲示することを許容します、と言っている。
CNNの幹部社員は、精度と編集の判断を誇っている報道機関のために、iReport.comの風通しの良さが、ある種の出発になると認めた。詳細情報はURL(http://uk.reuters.com/article/technologyNews/idUKN1117056620080212?sp=true)または、URL(http://www.mediaweek.com/mw/news/interactive/article_display.jsp?vnu_content_id=1003708936)で知ることができる。従来のiReportはURL(http://edition.cnn.com/exchange/)にあり、iReportの送信方法の解説はURL(http://edition.cnn.com/exchange/ireports/toolkit/index.html)にある。
MarketingChartsは2008年3月14日に、comScoreのVideo Metrixからの情報として、驚異的な記録を2007年12月に樹立したオンライン・ビデオ視聴者は、2008年1月に少し下がったと報告した。
2007年12月に合計で101億以上という驚異的な数字を作ったが、2008年1月は98億に下落した。
その背景には、年末という特異な時期と、作家協会のストが影響していたことが想像できる。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/television/online-video-viewing-down-in-january-after-record-breaking-december-3847/)または、URL(http://www.comscore.com/press/release.asp?press=2111)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9103)で知ることができる。
2008年3月13日にCenter for Media Researchは、LRG(Leichtman Research Group)からの最新消費者調査を紹介し、2007年の25%と比較して、ビデオ・オンライン日刊誌を見る10%を含んで、家庭のオンライン大人達の 31%は、少なくとも毎週オンライン・ビデオを見る。
しかし、頻繁にオンライン・ビデオを見るグループとして、他と比較すると、主としてより若い個人が2007年のオンライン・ビデオ利用で増加したと報告した。
*すべての世代の中で18歳-34歳は、2007年に家庭でオンライン・ビデオを少なくとも毎週見ると報告したのは28%であったが、42%に拡大した。
*すべての世代の中で35歳以上では、2007年に家庭でオンライン・ビデオを少なくとも毎週見ると報告したのは13%であったが、15%に拡大した。
*オンライン加入者サンプルとして、毎日オンライン・ビデオを見ると答えた17%を包括して調査した結果、40%の男性が、18-34歳であった。
この調査は、LRGが「Emerging Video Services II」として全米から1,250の家庭を調査した結果である。
*9%のオンライン・ビデオで強くを監視する人は、現在テレビを見なくなったと答えた。
*52%のオンライン・ビデオ・ユーザーは、家庭でオンライン・ビデオを見るのは10分以内であると答えた。
*9%のオンライン・ビデオ・ユーザーは、過去のオンライン・テレビ番組エピソードのすべてをオンラインで見ると答えている。
*すべてのオンライン・ビデオ・ユーザーの中で強くを監視する人の4%は、ビデオを見るだけであるため、テレビ・サービスが不要であることに同意した。
Leichtman Research Groupの社長で主要アナリストのブルース・ライヒトマン(Bruce Leichtman)は、「オンライン・ビデオは、伝統的なテレビ鑑賞への代替手段独立メディアとして現れています。」と言った。
ほとんど同時に発表されたBlinkxとHarris Interactiveによるテレビ鑑賞とオンライン活動の交錯を見た新しい研究調査では、テレビ鑑賞のことになるとビューアーがテレビを捨てて、必ずWebを選んでいるというわけではないことを示した。
78%の米国の大人達は、テレビを見ている間に、3分の1人以上はオンラインへ行っていた。
62%の米国の大人達は、テレビを見ている間に、インターネット・サーフィンを楽しみ、彼らが見ていた番組で、話されていない内容を、サーフィンして探していた。
テレビの興味のある内容で、実態の少なさにガッカリして、インターネット・サーフィンして話されない内容を探すことが多くなりました。
テレビの内容が薄っぺらく、調査もいい加減だと感じることが多くなっている。
これは、将来の大きなテレビ局のテーマになるかもしれない。
そして25%は、見ている番組に関する特定の情報を探しにオンラインで行く。
最も一般的なことは、関連する内容のためにWebをサーフィンする人々は、俳優のプロフィールが51%、それが製品/サービスであったなら、さらに詳しい情報か色を探していた人が40%、広告に出た、または近くで行われるイベント情報を39%が探した。
テレビを見て、Webを使用する大人達の調査から、他のハイライトは、
*35%が、しばしば、またはいつもWebでテレビを見ると報告した。
*40%が、テレビに広告が出ると、製品とサービス内容を見ていた。
*39%が、関連する出来事を探していた。
*そして、ユーザーが発生しているコンテンツと比較して、13%対25%で、オンライン大人達はオンラインでビデオ、テレビを見ている間に、等身大のテレビ番組、映画、またはスポーツ競技を見ていた。
最終的に、新しいNielsen Onlineのオンライン・ビデオ測定ツール「VideoCensus 」は、ビューアー、カテゴリ、ブランド、および時間帯を含んで、流れるオンライン・テレビに関する特定測量情報を提供した。
*総合的なオンラインビデオ消費(米国、ホーム、および仕事)
ユニーク・ビジター:116,745,000
ストリーミング合計:5,987,475,000
1ビューアーあたりのストリーミング:51.3
1ビューアーあたりのストリーミング時間(分):124.4分
Source: Nielsen Online, VideoCensus
詳細情報はURL(http://blogs.mediapost.com/research_brief/?p=1660)または、URL(http://www.leichtmanresearch.com/research.html#studies)または、URL(http://www.leichtmanresearch.com/research/strat_advisory_brochure.pdf)または、URL(http://www.leichtmanresearch.com/research/notes12_2007.pdf)または、URL(http://www.leichtmanresearch.com/research/notes09_2007.pdf)または、URL(http://www.leichtmanresearch.com/research/notes06_2007.pdf)または、URL(http://www.leichtmanresearch.com/research/notes03_2007.pdf)または、URL(http://www.leichtmanresearch.com/press/021908release.html)または、URL(http://www.leichtmanresearch.com/press/021908release.pdf)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9011)または、URL(http://www.blinkx.com/article/blinkx-survey-tv-online-video-habits-reveals-surprising~605)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8926)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3104)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=941)で知ることができる。
インターネットは過去に、ネットワークのパイオニアであるロバートM.メトカルフェ(Robert M. Metcalfe)が1995年の雑誌コラムで1996年のインターネット「壊滅的な崩壊(catastrophic collapse)」を警告し、大騒ぎになったことがある。
しかし、メトカルフェの予測されたようなことは起こらず、1997年の会議でメトカルフェ、「インターネットは素晴らしく、弾力があると立証した」と言い、同時に「しかし、インターネットは今日、傷つきやすいです。」 「崩れませんが、機会が失われるということです。」と言った。
そして現在、オンライン・ビデオと共に、インターネットに飛び交うデータ量の急増に対し、ニューヨークタイムズ(New York Times)が2008年3月13日に、Steve Lohrのコラム「Video Road Hogs Stir Fear of Internet Traffic Jam」をグラフとともに公開した。
動画というデジタル・ビットの重い川がインターネットのパイプとゲートウェイを横断するとき、例えばGoogle社によって所有されていたビデオサイト「YouTube」は、2000年に全体のインターネットで利用したデータ転送量と同じくらい多くの帯域幅を消費したと報告した。
しかし、アナリストと研究者が指摘する、インターネット・トラフィックの大波は、主にオンライン・コミュニケーションとエンターテインメントで増加する視覚豊な-ビデオクリップ、映画、社会的なネットワーク、およびマルチプレーヤーゲームに由来し、差し迫っているカタストロフィー(悲劇)に向かって、不気味に差し迫っている挑戦を表した。
これでもかと挑戦し続けるコンテンツで、クラッシュによるインターネットの消灯を予測する。
つまり、インターネットでなくなることを最も心配している。
彼らは、個々のユーザーが、楽しくなくなる重いデータ・サービスがあるのろいをかけ、ダウンロード速度とフラストレーションのフォームで、はるかに役に立たない妨げられたインターネットを経験すると言っている。
インターネット開発者の誰一人、今のようなことになると予測していなかった。
ましてや携帯電話の爆発的拡大と、さらにその携帯電話のインターネット接続を考えた人はいなかった。
それにも増して、「YouTube」の登場と、大爆発を誰が想像できたというのか?
ただし、電話の歴史を調べていくと、それらの大爆発に似た現象をなんとか乗り切ってきているのも事実である。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2008/03/13/technology/13net.html?ref=todayspaper)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9116)で知ることができる。
ノキア(Nokia)社は2008年3月20日に、年次報告「Form 20-F for 2007」を米国証券取引委員会(US Securities and Exchange Commission)に提出したと報告した。
ノキア(Nokia)社のネット売上高は、341億9,100万から411億2,100万ユーロに20%上昇したと報告している。
内訳としては、
携帯電話の販売が、208億1,100万から247億6,900万ユーロに19%上昇した。
マルチメディアの販売では、59億8,100万から78億7,700万ユーロに32%上昇した。
エンタープライズ・ソリューションの販売は、8億6,100万から10億3,100万に20%上昇した。
ネットワークの販売は、65億5,700万から74億5,300万に14%上昇した。
マルチメディア部門が急激に伸びている。
これは「Ovi」の効果が着実に実績を伸ばしていると言うことかもしれない。
細情報はURL(http://www.nokia.com/financials)または、URL(http://nds1.nokia.com/NOKIA_COM_1/About_Nokia/Financials/form20-f_07.pdf)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9161)で知ることができる。
Research and Marketsは2008年4月22日に、2003年から2008年までの5年間でストリーミング・メディアとダウンロード購読がどのように拡大したかをまとめたレポート「Streaming Subscription and Download Media 2003 - 2008」を発表したと報告してきた。
この詳細な調査レポートは、2003年から2008年の期間で、音楽、ニュース、スポーツ、エンターテインメント、および集合サービスでオーディオ、ビデオ購読量と、ダウンロード・メディアの収益を調査し、とくに音楽と映画は、購読量でさらに分析されて、ブランドとサイトのダウンロード収入を調査している。
2003年から2008年までの5年間は歴史的に見ても、非常に重要な時期であり、現在から将来に向けた予測もしている。
-音楽、スポーツ、エンターテインメント、映画、テレビ、およびニュースを含んだ購読量とダウンロード・メディア部門は、前年比率で2006年にUS$19億まで40%の成長であった。
-2003年と比較して、2004年はUS$6億3000万拡大し、131.9%の成長で、市場は前年比率で2005年も三桁成長を記録し、US$14億拡大した。
-市場は、前年比率で2007年に39%の成長で、US$26億拡大する予測した。
-市場は、さらに前年比率で2008年に37.3%の成長で、US$37億拡大する予測した。
-前年比率で2008年に敏感なオーディオ・ダウンロードとストリーミング購読の成長の強さから、音楽の総収入は約85%の拡大を予測した。
-前年比率で2008年にスポーツは5.4%の拡大を予測した。
-前年比率で2008年に映画は2.2%の拡大を予測した。
-前年比率で2008年にニュースは1.2%の拡大を予測した。
-前年比率で2008年に交差したプラットホームショーを含んで、エンターテインメントは3.4%の拡大を予測した。
-前年比率で2008年にリアルネットワークスの「SuperPassビデオサービス」は4.1%の拡大を予測した。
-平均した音楽ファイルは約4Mバイトであった。
-移された1GバイトあたりUS$0.25で、それはUS$0.01の1/10と等しい。
-VHSかDVD品質のテレビ番組は平均サイズで約500Mバイトであった。
-1ショーあたりの平均したダウンロード費用はUS$0.13で、または料金を認可した後、および費用を操作する前の純収入の約12.6%と見積もられた。
-DVD品質の映画を提供する平均した費用はUS$0.75で、または純収入は37.6%であった。 HD映画のための高いコストは、配送代替手段すなわち、P2Pが牽引を獲得することを示した。
と報告している。
つまり、P2Pが存在しなければ、現在の市場はなく、弱体のままであり、それを否定することは不可能な状況で、それをどのように管理し、ビジネスにするかと言うことであり、それに失敗した組織は苦しい立場のままであり、成功した組織は巨大ビジネスとして成長し続けている。
だからといって、失敗した組織が「P2P」を否定することは、さらに窮地に追い込まれることになるが、ときにはそのような行動を取ることも多く、市場を俯瞰して作戦を組み立てているとは考えにくいと言える。詳細情報はURL(http://www.researchandmarkets.com/product/364688/streaming_subscription_and_download_media_200)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9503)で知ることができる。
IHT(International Herald Tribune)は2008年5月13日に、米国政府が聴覚障害の視聴者に対して、テレビ・ネットワークですでに20年間提供されてきている、テキストでの解説規格をインターネット・テレビにも適用するように進行中であると報告した。
この法案は、マサチューセッツの民主党エド・マーキー(Ed Markey)代表がサインすることで、盲目の人のために、スクリーン上の動作について説明するビデオ解説サウンドトラックとして、プロデューサーにインターネット・ビデオへ要求することにもなる。
また、テレビと電話機のデザインにおける変化で、デバイスを身体障害者に、よりアクセスしやすくすることも要求される。
米国のTVネットワークは、画面にあわせた解説を提供する必要も出てくる。
そして、ビデオ解説がいつインターネットで流されるかについても追跡される。
さらに、ビデオ解説は、従来からのテレビ放送に義務化される。詳細情報はURL(http://www.iht.com/articles/2008/05/13/technology/captions.php?WT.mc_id=techalert%22%22)で知ることができる。
Pew Internet and American Life Projectの調査によれば、米国のインターネット・ユーザーの約半分は、オンラインのビデオを見ている。
しかし、これらのビデオ放送のわずかしか解説が無いとして、今回の法案改定になったと報告している。
今では、テレビとインターネットの垣根が明確ではなくなっているので、これまでテレビなどに要求されてきたアクセシビリティは、そのままインターネットに要求されるようになるのでしょう。
さらに、携帯電話ビデオにも適用されることになる。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9741)で知ることができる。
PaidContentは2008年7月17日に、雑誌「ヴォーグ(Vogue)」は安物の偽物を表示する場所ではない。
高価で、リッチな世界を提供するため、雑誌「ヴォーグ(Vogue)」のビデオ・サイト「Vogue.TV 」は「Model.Live」と呼ばれるUS$300万のリアリティーな12シリーズを準備していると報告した。さすが凄いことを雑誌「ヴォーグ(Vogue)」は開始する!
WSJは、その1ショーあたり8分で、それぞれ1分がUS$3万1000であると計算した。詳細情報はURL(http://online.wsj.com/article/SB121625707631660529.html?mod=2_1567_middlebox)で知ることができる。
一般のビデオは、フォレスター(Forrester)からの情報では平均制作費がUS$4,500である。
そして、ほとんどのオンライン・ビデオ・シリーズは、小売業者Express LLCを着るようなマーケターなど、「Model.Live」のリードスポンサーとして「7桁の数字」を支払うのに同意したと言われている。
「Model.Live」は、インターネット広告、とくにビデオ広告の金額的な革命になるかもしれない。
ぜひ、成功して欲しい!
高額の広告費を支払うExpress LLCに対し、Bebo.comは、そのビデオで3ヶ月間に、8,340万回のインプレッションが約束されている。
腰を抜かしそうな数字を約束している!
みんなが協力して、見に行かなくては、インターネット広告、とくにビデオ広告の未来に陰を落とすことになる。
また、その数は測定しにくいが、Expressでは、ギャンブルでも構わないと考えている。
広告はギャンブル!
Expressは2007年に、Ford Modelsとはるかに小さいビデオ・シリーズを取り組んだ後に、モデル代理店がそれ自身のサイトでビデオを動かした後に200万ヒットを集めて、すごくすがすがしく、気持ちが良かったといっている。
米国ではすでに、テレビ広告から、Webビデオ広告へと動かし始めている。
それで「Vogue.TV」で何人のユーザーが広告を見るかの保証を実現できるか否かに関係なく、ExpressはModelとして、より大きい露出をよりすばらしく実現できる。
また、ライブは、Hulu、Veoh、およびスター・ビューアーに接することを目指しているAOLのコミュニティBebo.comでも見ることが可能になっている。詳細情報はURL(http://paidcontent.org/entry/419-the-devil-wears-online-video-vogue-brings-big-budget-reality-series-to-/)または、Vogue.tv のURL(http://www.vogue.tv/)または、Model.LiveのURL(http://www.vogue.tv/#Watch/Video_Player/8/173)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10420)で知ることができる。
paidcontentは2008年8月12日に、イギリスではWebビデオが伝統的なテレビ鑑賞の障害になっていないと報告した。
イギリスの公式テレビ視聴者測定機関「Broadcasters' Audience Research Board」が、2007年の同時期と比較して、2008年の前半に広告を見るテレビの数が6%増加したと報告した。詳細情報はURL(http://www.barb.co.uk/about.cfm?flag=about)で知ることができる。
そのうえ、1〜6月に見られた平均したテレビ観戦者量が2007年から4%増え、2.34時間になった。
テレビ市場調査会社Thinkboxは、ITV.comなどの放送局からのWebキャッチアップ・サービス「Sky Player」「BBC iPlayer」「4OD」が減少しないで、総合的なテレビ鑑賞であったという証拠として増加をしていた。詳細情報はURL(http://www.thinkbox.tv/server/show/ConWebDoc.1331)で知ることができる。
そして、Thinkboxは、
「視聴者の異なった必要性を実現させている。」
今まで以上に、「彼らは共存して、互いを上昇させている。」と結論づけました。
しかし、エンダーズ(Enders)のアナリストToby Syfretは、それを確信していない。
Toby SyfretはFT.comに、「視聴率の増加がアナログからデジタル・マルチチャンネルTVの切り替えから来て、0.5%の増加は2月の飛躍日(leap day)から来た。」と言っている。
ThinkboxのCEOであるTess Alpsは、「どんな経済の沈滞も深く切り開き、非常に明るい光のシャフト」として調査を展開させようとして、「価値を増して、立証された効果を提供している、増加しているメディアの利点」を受け入れるように広告主に促したが、Toby Syfretは、さらに疑いを深めていた。
Toby Syfretは、「供給の増加は必ず広告主によって使われたお金の増加を意味するというわけではありません。」と指摘した。詳細情報はURL(http://www.endersanalysis.com/)で知ることができる。
また、Toby Syfretはサービスへの衝撃として、インターネット・キャッチのどのくらいかということで、エンダーズの数字が主張するように、現在オンライン総合的 TVの消費は、1%〜2%と小さいので、そのような結果であるのかもしれなくて、「劇的にクライミング(limbing dramatically)」で、成長目標数字によって混乱させるべきではないと質問を投げかけている。
Toby Syfretは、ITV.comのために見解として、毎月の総視聴者数は1000万であり、それとほぼ同じくらいの聴衆は、一晩で「Coronation Street」が確保する数字であり、それを入れることは問題であると注意している。詳細情報はURL(http://www.ft.com/cms/s/0/975715c2-67bb-11dd-8d3b-0000779fd18c.html)または、URL(http://www.paidcontent.org/entry/419-internet-video-increasing-traditional-tv-viewing-in-the-uk/)で知ることができる。
アンケートの数字は、ときどき販売計画の一環であり、アンケートの取り方でとんでもない数字だけを一人歩きさせる情報操作の技法で利用されることも多い。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10706)で知ることができる。
自由に物言える「ブログ」の世界が、さらに進化し始めた。
言いっぱなしの「ブログ」から、「ブログ」同士が意見交換し、大きなエネルギーとしての活動を開始している。
Editor & Publisherは2008年9月9日に、Fitz & JenとThe E&P Pub Blogs! がジョイントし、その様子をPodCastで配信すると報告してきた。詳細情報はURL(http://nielsenpodcasts.com/podcast/index.php?d1=fj)で知ることができる。
つまり、「ブログ」から進化し、PodCastやビデオ配信と組み合わせ、意見交換を生中継して、全世界に情報配信を開始した。
これまでのようなテレビとラジオの役割を「ブログ」から形成しようとしている。
これは、今までのテレビやラジオのコメンテーターの素性が明らかではなく、それまで、どのような考えをしていたのかを調べることができなかったという不満が、「ブログ」から派生した意見交換ということで、それまでに公開された「ブログ」で調べて知ることができるようになった。
さらにテレビやラジオのコメンテーターの意見は、その場限りで無責任であったが、そのままPodCastやビデオ配信のデータが保存され、過去にさかのぼっていつでも再確認できるようになった。
それぞれにスポンサーが参加し、強力なメディアとして成長する可能性が出てきている。
もしかすると、新世代のデジタルTVになる可能性もある。
未だ実験段階であるが、面白くなってきた。
また、それらがすべてビデオ会議とチャットで行われる時代が来ることだろう。
まさに「ブログ」がマルチタスク・メディア化をし始めた!
技術の進化が、メディアの進化につながり始めた。
クロス・プラットフォーム時代が本格化する可能性が出てきた。
日本には未だ存在していないが、世界中で常識化し始めている「ニュース専門チャンネル」には不可欠な技術進化といえる。
もう、馬鹿馬鹿しいお笑い番組だけを配信している金太郎飴テレビ時代の終焉が見え始めている。
もちろん「馬鹿馬鹿しいお笑い番組」だけのチャンネルもあっても良い!
さらに、この進化に付いてきていない新聞の新しい世界もうっすらとではあるが見え始めている。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10936)で知ることができる。
CNET Newsは2008年9月8日に、YouTubeがピューリツァ・センター(Pulitzer Center)とパートナーを組んで、最も良いニュース・ビデオを掘り起こす目的で、ジャーナリズム・コンテスト「YouTube PROJECT:REPORT in partnership with the Pulitzer Center --- Telling Untold Stories」を開始すると報告した。
締め切りは2008年10月5日で、ビデオの長さは最長3分、内容はニュースクリップか伝統的なメディアによって主に見落とされたか、または無視された話に焦点を合わせなければならない。詳細情報はURL(http://news.cnet.com/8301-1023_3-10034941-93.html)または、URL(http://pulitzercenter.org/open.cfm?id=637)または、URL(http://jp.youtube.com/projectreport)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10948)で知ることができる。
ロイターは2008年9月15日に、Amazon.comが月曜日に世界最大の映画データベース子会社「IMDb(Internet Movie Database)」で、ユーザーに料金を請求しない映画とテレビを見ることができるようにすると言ったと報告した。詳細情報はURL(http://www.imdb.com/)で知ることができる。
そこでは6,000以上のタイトルが収録されると言っている。
例えば、「24」「Heroes」「Some Like It Hot(お熱いのがお好き)」などが公開される。
また、大衆向けテレビ・ショーの最新版「Lipstick Jungle」「30 Rock」なども無料で見ることができるようになる。
主要なハリウッドスタジオとテレビ放送網はすでにオリジナルWebサイトで、ダウンロードして見ることができる映画、テレビ番組としてすでに提供している。詳細情報はURL(http://www.imdb.com/title/tt0813715/news#ni0567599)または、URL(http://uk.reuters.com/article/internetNews/idUKN1531826820080915)で知ることができる。
問題は、「IMDB's Free Movies Feature」「Watch Free Movies Online at IMDB Right Now」といっても使いやすいかどうかでしょう。
どれだけフリーだと言っても、有料と混在させ、ユーザーを騙そうとすれば---
大手はいつも、このようなユーザー心理を誤解し、失敗してきている。
さらに、Amazon.comが提供するのであれば、端末の「Amazon Kindle」でも見ることができるようにならなければ、開発思想に一貫性がないと言うことになる。
ただし、端末の「Amazon Kindle」はモノクロだけであり、新しい「Amazon Kindle」の開発が必要になる。
cellular-newsは2008年11月6日に、ABI Research研究による情報として、4つのクラスでワイヤレス・オーディオの出荷とホーム・ビデオ接続性製品は2008年に1億5000万に達し、 2013年には世界で7億まで増加すると予想したと報告した。
問題の技術は、ブルートゥース(Bluetooth)、Wi-Fi、UWB(Ultra-WideBan/超広帯域)と、ハイデフィニッション・ビデオのワイヤレス配信で起こりそうな旗手「60GHz」になる。
ABI Researchは長い間、ワイヤレス・ホームエレクトロニクス市場が発展するのに応じて、これらの技術が共存し、それらの強さと専門に従って密接に統合するようになると主張している。
先任アナリストのDouglas McEuenは、「ホームの中のワイヤレス・ビデオとオーディオの接続性は初期採用者の市場です。」
「ホームのマスメディア・ネットワークの問題で、同じくらい一般的なことになり、それはワイヤレスの接続性がホームにあるよりさらに小さい。」「しかし、これらのシステムが消費者のホームに現れ始めるのに従って、承認レベルを上げて、利益を拡大するでしょう。」と言っている。
先取りが非常に難しい市場で、早すぎると通信環境がネックになり、遅すぎると乗り遅れることになる。
ブルートゥースとWi-Fi市場は、既に大きく、安定しているが、UWBと60GHz、特に後者はまだ揺かご期で眠っている。
「60GHz」は、60GHz帯の電波は、大気中の酸素分子に吸収されやすく、長距離伝送に不向きであるが、逆に、他システムとの干渉が抑えられるメリットがあり、短距離通信には有望といわれ、ホワイトスペース周波数帯(white space spectrum/white space airwave/空白周波数帯)で注目されている。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/34519.php?source=newsletter)で知ることができる。
FCCは2008年11月4日に、未使用テレビ周波数帯「余白(ホワイトスペース周波数帯/空白周波数帯/white spaces)」の開放を決定 した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-286566A1.pdf)または、URL(http://www.jiten.com/(http://googleblog.blogspot.com/2008/11/vote-for-broadband-in-white-spaces.html)で知ることができる。
eSchool Newsは2008年11月5日に、ブロードバンド・インターネット・サービスの普及を全国的に進め流目的で、FCC(連邦通信委員会/Federal Communications Commission)が2008年11月4日に「余白(white spaces)」として知られているテレビ電波未使用部分を無免許でオープン使用できる投票を実施したと報告した。
投票結果は、Google社やMicrosoft社が要求していた通り、公共利益団体のための大勝利で、ブロードバンド・インターネット・サービスとして「余白(ホワイトスペース周波数帯/white spaces)」を使用できることに投票された。
委員会の2人の民主党員のひとりJonathan Adelsteinは、「余白は私たちが望んでいるブロードバンドの未来を書く印刷していないページです。」と言い、「余白が今日のブロードバンド市場でのプライマリ競争を表す電話とケーブルネットワークを超えて消費者に届くように「3番目のチャンネル」にできる。」と言い足した。
4人の委員の中で共和党員デボラ・テイト(Deborah Tate)だけが、潜在的干渉問題がどう扱われるかに関する疑問を挙げたが、プランを承認するのに投票した。
FCCの決定に対し、NAB(National Association of Broadcasters/全米放送協会)が訴訟に出るかもしれないが、即座のコメントはなかったと報告している。詳細情報はURL(http://www.eschoolnews.com/news/top-news/index.cfm?i=55900)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年12月10日に、comScoreのVideo Metrix serviceによる「米国の2008年10月オンライン・ビデオ・トップ10」を紹介し、米国のオンライン・ビデオ視聴者数は1年前から45%の増加で、記録的な135億のオンライン・ビデオを見たと報告した。
GoogleのYouTubeは全体の40%を占め、54億のオンライン・ビデオを見た。
次がFox Interactive Mediaで3.8%を占め、5億2000万のオンライン・ビデオを見た。
Yahoo Sitesは2.7%を占め、3億6300万のオンライン・ビデオを見た。
Viacom Digitalは2.3%を占め、3億500万のオンライン・ビデオを見た。
NBCとFoxの合弁事業Huluは1.7%を占め、2億3500万のオンライン・ビデオを見た。
これだけを見ただけで、YouTubeのもの凄さが明らかになっている。
それに、コンテンツの画質やテレビとの関係を指摘する評論家も知るが、まったく意に介していない。
最大の問題は、いかにして金にするか!それはソーシャル・ネットワーキングも同じである。
Webの最も大きなテーマになっている。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/television/top-10-online-video-sites-youtube-dominates-hulu-on-ascent-7123/)または、URL(http://www.comscore.com/press/release.asp?press=2616)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11862)で知ることができる。