百科事典プロジェクトNupedia.com

new encyclopedia project, Nupedia.com


XMLを活用したオープン・ソースとして、オハイオ州の編集責任者ラリー・サンガー(Larry Sanger)が2000年5月16日に発表した、あらゆるニュースや百科事典、事典、エッセイなどから用語を抽出し、百科事典のように用語をアルファベット順に並べたり、サーチ・エンジンのように用語が検索できるようにして、ユーザーが知りたい言葉を解説したサイトの構築プロジェクトの名称。
登場する用語解説はオリジナルではなく、直接関連用語の解説があるページに飛べるように設計されている。ただし、発展途上ということからか、デザインもシンプルで、検索された用語のタイトルが複数であるにも係わらず、リンク先が同じであるなど、このまま用語が増えた場合、関連リンク先が増えて、これまでサーチ・エンジンが起こした問題と同様に、表示されるリンク先が多すぎて、ユーザーを混乱させる可能性がある。これを解決するには、人間が参加した編集作業をどこまで実施し、コンピュータに頼る部分との区分けを明確にする、基準作業が必要になる。コンピュータに区分けを頼りすぎると、これまでのサーチ・エンジンとの違いが明確でなくなり、ただ単にアルファベット順に並び替えただけの偽百科事典になりかねない。
nettimeで2000年5月16日にオハイオ州のラリー・サンガー(Larry Sanger)が編集責任者になって公開された、XMLを活用したGNU General Public License方式のドキュメント版であるGNU General Documentation Licenseの考え方に従ったオープン・ツールとしてWikiとは別に制作し、あらゆるニュースや百科事典、事典、エッセイなどから用語を抽出し、百科事典のように用語をアルファベット順に並べたり、サーチ・エンジンのように用語が検索できるようにして、ユーザーが知りたい言葉を検索できるfree encyclopediaサイトとして「Nupedia.com」を紹介した。
登場当初はかなり混乱していたが、どんどん整理され、登録された最新用語の案内も電子メールで発信するようになっていた。nettimeは営利目的でない場合は転載自由ということであるから、ここに全文を掲載する。ただし、データベース管理上問題になる文字は近い文字に変換し、URLはリンクするように設定した。また、「Nupedia.com」をフォローするようにデータ共有による百科事典構築プロジェクト「Wikipedia」も始まった。詳細情報はURL(http://www.wikipedia.com/)で知ることができる。
Online Journalismは2001年9月25日に、インタラクティブ・オンライン百科事典「Wikipedia」に関するレポートを初めて掲載した。OUP(Oxford University Press/オックスフォード大学出版局)と言えば、多くの辞書を提供してきたことで有名だが、それらを統合して、130,000,000用語という凄いWebリサーチ・サイトを構築し、2002年3月には登場するという情報を、イギリスのguardian.co.ukが2002年1月5日に報道した。
この事典は百科事典ブリタニカの公開より凄いことになる。詳細情報はURL(http://books.guardian.co.uk/news/articles/0,6109,628005,00.html)で知ることができる。
また、無料で翻訳事典、類字後、検索ツール「LookWAYup」が公開されている。詳細情報はURL(http://lookwayup.com/free/default.htm)で知ることができる。イギリスの大衆新聞「The Sun」は2004年7月22日に、Napster UKと提携して5万ポンド 相当の音楽関連賞品が当たる懸賞を紙上で発表し、1000万人にのぼる読者に対し、土曜版に掲載されたコードを入力することで、Napster サイトにある75万曲の中から好きな音楽をダウンロードできるサービスを2004年7月24日から8回にわたって開始した。詳細情報はURL(http://www.thesun.co.uk/article/0,,2004341274,00.html)で知ることができる。
イギリスの大衆新聞「The Sun」ではSun Online Shopで、バイクやMP3プレイヤー、旅行代理店、庭道具、健康道具、Tシャツから下着、おもちゃなどあらゆるモノを通販で販売を開始している。
新聞はあらゆる情報を提供していることから、日本でも広告だけではなく、オンライン・ショップの入り口としての代行業や直販ショップは十分ビジネスになる。今まで新聞社や出版社が、このような情報内容と商品販売を連携した徹底的にビジネス展開してこなかったことの方が不思議といえる。Sun Online Shopでは「iPod」も販売している。詳細情報はURL(http://www.edirectory.co.uk/thesun/pages/index.asp?cid=1214&afid=91214)で知ることができる。
1751年から1777年まで掛かってDenis DiderotとJean le Rond d'Alembertが編集し、フランスで刊行された全32巻の多くのエッチング・イラストで解説された科学大百科事典「The Encyclopedia of Diderot & d'Alembert」の全頁を Scholarly Publishing Office of the University of Michigan Library and DLXSが公開した。詳細情報はURL(http://www.hti.umich.edu/d/did/)で知ることができる。
イギリスのThe Independentは2008年2月20日に、フランス人が大好きな百科事典「Quid」が2008年度版の発行を中止したと報告した。
百科事典「Quid」は2,000ページ以上あり、1990年代半ばに
は40万部発行されていた。それが2007年には100,000部を切ってしまった。
百科事典「Quid」の出版社のロバートラフォン(Robert Laffont)は、印刷百科事典の全部の概念がインターネット上で自由に利用できるのでは、もはや争うことができないと言っている。
百科事典「Quid」ファミリーは、45年間に渡って制作されてきたが、フランス語版Wikipediaに苦しめられた!
「Quid」の創設者ドミニクフレミー(Dominique Fremy)は、もう一つの出版者の支援を受けて、次のクリスマスに間に合うように2009年度版で立ち直ると主張した。
しかし、他のフランスの大きな参考図書出版者は、インターネットによる「Quid」の終焉が、知識と学問の信頼できる筋を滅ぼしている警告標識であると言った。
Encyclopaedia Universalisのデニス・ファッセ(Denis Fasse)は、市民が「ピクニックと3つ星レストラン」の間で、自由な情報と信頼できる情報の違いがあるということを知らなければならないと言っている。
しかし、「3つ星レストラン」に行くのは成金で、知識ある人が「大衆食堂」で食事をしていることが一般的になっている。詳細情報はURL(http://www.independent.co.uk/news/europe/frances-favourite-encyclopaedia-falls-victim-to-wikipedia-784420.html)または、URL(http://www.quid.fr/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8848)で知ることができる。

Date: Tue, 16 May 2000 09:18:22 -0700
Subject: (nettime) Seeking Contributors For Open Content Encyclopedia
From: ''Peter Lunenfeld'' (peterl@artcenter.edu)
To: nettime (nettime-l@bbs.thing.net)
Sender: owner-nettime-l@bbs.thing.net

A major new encyclopedia project, Nupedia.com, is looking for informed and enthusiastic people to help direct and construct an ''open content'' encyclopedia, planned to become the largest general encyclopedia in history. Articles will be peer-reviewed and carefully copyedited by means of a growing network of mailing lists. The project has significant financial support, and its leaders and owners are committed to a years-long, intensive effort. Among the project's leaders, the excitement level is high.

In constructing this encyclopedia, we intend use the special opportunities of the internet and hyperlinks to include articles written at varying levels of generality and specialization. (Programmers may be interested to know that the articles will be encoded in XML format.)

We are in need of well-qualified writers, editors, and peer reviewers in all areas, and will be doing searches for subject area editors. At present, we have about three dozen Ph.D.'s, M.D.'s, and other highly-trained professionals who have generously volunteered their time as Nupedia editors and peer reviewers. Most of these people are also advisory board members who help shape Nupedia policy and procedure. We are all committed to creating an open, public, academically-respectable institution.

What does it mean to say the encyclopedia is ''open content''? This means that anyone can use content taken from Nupedia articles for almost any purpose, both for-profit or non-profit, so long as Nupedia is credited as the source and so long as the distributor of the information does not attempt to restrict others from distributing the same information. Nupedia will be ''open content'' in the same way that Linux and the Open Directory Project (dmoz.com) are ''open source.'' As has been the case with those projects, we plan to attract a huge body of talented contributors.

Indeed, since making our initial press release in March, over 1500 people from around the world have signed up as Nupedia members.

Because Nupedia will be open content, it will be in a freely-distributable public resource created by an international public effort. It is not an exaggeration to say that your contributions would help to provide an international public a free education. We believe Nupedia is, thus, a project worthy of your attention.

If you want to join us or stay apprised of the progress of Nupedia, please take a minute to go to the Nupedia website and become a member. (Becoming a member is quick, easy, and free.) Please consult for details about steering committee positions and consult for a draft statement of Nupedia editorial policy.

Best regards,
Larry Sanger, Ph.D. expected May 2000 Philosophy, Ohio State
Editor-in-Chief, Nupedia.com
San Diego, California

P.S. If you wish to help promote this project -- something we would greatly appreciate -- please do forward this announcement to any *appropriate* forums and to colleagues you think may be interested (including your local/departmental mailing lists and newsgroups). Or, if you would rather that Nupedia make the announcement on a forum you frequent, please just give us a pointer to the forum and we can take it from there.

# distributed via (nettime): no commercial use without permission
# (nettime) is a moderated mailing list for net criticism,
# collaborative text filtering and cultural politics of the nets
# more info: majordomo@bbs.thing.net and ''info nettime-l'' in the msg body
# archive: URL(http://www.nettime.org) contact: nettime@bbs.thing.net