ビネット

Vignette


画面一杯に絵を描くのではなく、主題として重要な形だけを関連付けて不定形に組み合わせ、全体を変化のある形にするイラストレーションなどでレイアウトをする考える場合の効果的な手法の名称。講談社フェーマルスクールズが開発した独自の定義で、本来Vignetteには、書物に使われる唐草模様、輪郭をぼかした絵、写真、画像、スケッチ風短文、映画、演劇の中で起こる短い事件などという意味があり、その絵を見たユーザーの視点が目的の主題に注視し、散乱しないように描く手法ということで命名された。(資料提供:講談社フェーマススクールズ)